師走

12月になりましたね。

私も二頭も頑張って生きております。


クリスマスデコレーションも本格的になってきました。

このお宅は犬が好きなんだろうなぁ。
IMG_1357

今朝のお散歩
IMG_1365

すごい霧でした。
IMG_1366

心身ともに現状は何も変わらず辛いです。

相変わらず日々、ゼーゼー言いながら生きています。

IMG_1316

何故こんなに大変なのかと言えば、長くなるので要約しますが、

夫はノルウェーから駐在員として派遣されてきたのですが、生活の基盤はアメリカで、手続き諸々全て両国で行わなければならず、それが本当に複雑怪奇なのです。

夫の会社は本当に良くやってくれています。感謝しかありません。弁護士さんもフィナンシャルアドバイザーも、全力で助けてくれていますが、結局最後はこの私、唯一の遺族がやらなければならないのです。

でも、ヘトヘトになった日の夜、「今日はこんな事があったよ。本当に大変だった」と言う相手が私にはもういない。

IMG_1315

毎日、仕事して色々大変だっただろうなぁ。

もっとちゃんと話を聞いてあげれば良かった。

もっと労ってあげれば良かった。

IMG_1314

もう何を言っても手遅れですが、後悔は尽きません。

そして人は、涙も尽きないのだと言うことを知りました。


もっと二頭をかまってやりたいのですが、
IMG_1358
なかなか時間が取れなくて可哀想です。

いまだ夫の帰りを待つ二頭を見ていると、本当に切ないです。


生存報告

大変時間が空いてしまいました。

ブログを書く気力が全く湧きませんでした。

というか、何を書いていいのかわかりません。



私は、毎日ゼーゼー言いながら生きています。

でも、ちゃんと生きていますよ!


二頭も元気です。
IMG_1051
私があまり構ってやれないので、可哀想です。

4月の画像
IMG_0183
父ちゃんの足が写っている。

あの頃に戻りたい。
IMG_0182




クラウン

長らく放置してしまいました。

生きる気力を保持するだけで精一杯で、ブログを書く余力がありませんでした。

日々の生活は、アキさんが本当に色々助けてくれて、なんとかやっています。

おかげさまで二頭はとても元気です。
IMG_8350のコピー

ハロウィンが近づいてきましたね。
IMG_1011

今年はこの大きな骸骨が流行りみたいです。
IMG_1050

サンクスギビングにクリスマス、アメリカはこれからホリデーシーズンです。

1人は寂しいなぁ。

広い家で、普段同じ部屋にいることは少なかったのですが、近所に新しいお店ができたとか、ドッグフードの値段が上がったとか、明日は歯医者に行くとか、そんな些細な会話をする相手がいた日常が、どれほど幸せだったのかということを、今私は噛み締めています。

一人暮らしに慣れなければ、一人で二頭ちゃんと面倒見ていかなければ、しなければならない事は山積みで、たまに絶望するけれど、これが私の運命だったのだから、受け入れていかねばなりません。

生きていくって本当に大変ですね。


ナマケモノだ。可愛い。
IMG_1213


一昨日、歯医者さんに夫のクラウンを取りに行ってきました。

入院中に出来上がったと連絡があったのです。

思い出に欲しいと伝えたら、
IMG_1214
カードもいただきました。

優しさが身に染みます。

夫は仮歯のまま逝ってしまいました。

これは大切に持っておきます。とても奇妙で、お高い思い出の品になりました。



3週間と少し

時間が経ってしまいました。

ブログを書く気力が全く出ませんでした。


毎日辛いです。

悲しさ、寂しさ、後悔に疑問、悔しさ、そして不安、全てが混ざって、ただただ辛いの一語に尽きます。

そして、追い討ちをかけるような事ばかり起こります。

タスの具合がまた悪くなりました。

また獣医さんに行って同じことを言われ、同じ薬を今度は倍量処方されました。

ストームの具合も少々悪くなりました。

幸い現在、二頭は回復しつつあります。

タスの3度目がないことを切に願います。



私は、圧倒的に難しいアメリカの事務手続きに頭が爆発寸前です。

家の不具合勃発、その上、火アリに刺されたり、背中を痛めたり、もう踏んだり蹴ったりです。

人間って、こういう経験をして、うつ病になったり、自殺を考えたり、宗教にはまったりするんだな、と言うことがよくわかりました。


2週目の週末、もう耐えられないと思い、友人に連絡しました。

夫が亡くなってすぐ、「クミさん、行きますよ!」と言ってくれた、ちばわんのアキさんにです。

犬が4頭いるし、お仕事もあるし、当初は遠慮していたのですが、もう限界で一生に一度のお願いをしてしまいました。


昨日(9日)に到着して、ひと月近く滞在してくれます。

アキさんは、日本時間に合わせて(こちらの夜7時から明け方4時まで!)リモートワークをこなしつつ、二頭の世話と私の食事を作ってくださると言う超人的な働きっぷりです。

本当にありがたいです。感謝してもしきれません。


ただね、辛いのはやはり変わりませんでした。

それとこれは別なんだと言うことがよくわかりました。

この辛さは、私が、自分1人で乗り越えていかなければならないのだと言うことなんですね。


今、前向きなことは書けません。

でも、私は生きています。

夫の遺志を継いで、残された者の務めを全うして行きます。

アキさんと、ここで助けてくれる友人・知人、夫の会社の人たち、そして日本で心配してくださる皆さんの助けを借りて、今はそのチカラを蓄えたいと思います。

IMG_1060


二週間

二週間経ちました。

27日に遺灰がやっと家に戻ってきました。

火葬の日付を見たら21日でしたよ。1週間も火葬場に置いておかれたんだなぁ。

同時に死亡診断書も届きました。こちらは2週間以上かかると言われたので、早い方でしょうか。 

とにかく日本とはシステムが違います。


沢山の方に心配していただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

食事はしています。睡眠も以前より取っています。体は大丈夫です。

メンタルは、ちょっと厳しいかも。


二頭は元気です。タスは完全に回復しました。
 IMG_1036

死亡届が届いたので、事務手続きを始めなければなりません。

これからやらなければならない事を考えると気が遠くなりますが、やっていかねばなりません。

今は、本当に沢山の人に助けてもらっています。


たまに全て投げ出して、どこかに行ってしまいたいとも思いますが、夫のためにもしっかりせねばです。

日本にはいつ帰れるのかなぁ。落ち着いたらすぐ帰りたいと思う今日この頃です。


 

一週間

一週間経ちました。

日本の友人からお花をたくさんいただきました。
IMG_1021
ありがとうございます!

なのですが・・・

本人がまだ帰ってきていません。

火葬してもらうことにしたのですが、日本とは全くシステムが違うのです。

遺灰が戻ってくるのは最短で三日、一週間ぐらい平気でかかると言われました。

今はただひたすら、夫が帰ってくるのを待っています。


いまだに全てを現実として受け入れられません。

側から見たら、多分おかしな人になっていると思います。

ですが、現実は容赦無しです。

しなければなら無いことが沢山あって、自分で自分の背中を一生懸命押しています。


ここには、あまり友人も知り合いもいないのですが、みんな本当に優しくてとても助けられています。

以前も書きましたが、アメリカ人ぐいぐいきます。

親しい人はもちろんですが、一年以上会っていなかった人や、数回しか会ったことがない人でも、

「今から行くから!」と、ガンガン訪ねてきてくれたり、ほぼ無理矢理外に連れ出されたりしています。

でも今の私には、本当にそれが有難い。

アメリカ人の愚痴ばかり言って、本当に申し訳なかったと思う日々です。


二頭は元気です、

と言いたいところなのですが、タスが体調を崩しました。

今は回復しつつあるようなので、もう少し様子を見ようと思います。
IMG_0181

今もデイケアに預けていますが、

「二頭は私たちがちゃんと見ているから、大丈夫だから、安心して自分のことに集中して」と言ってもらい、少し気が楽になりました。

IMG_0186
これから、どうやって生きていったらいいのだろう。

夕方、夫の帰りを待つ二頭の姿が本当に切ないです。

IMG_9687


9月16日

昨晩(9月16日)午前1時20分過ぎ、夫は天国へ旅立ちました。

徐々に回復していて、来週は長期リハビリ病院に移る予定でした。

なのに夜9時過ぎ容態が急変し、できることは全てやってもらいましたが、帰らぬ人となりました。


何度も危機がありましたが、毎回持ち直していました。

落ちた時の怖い記憶や病院での痛い記憶のまま逝かせたくない、楽しい記憶をまた作って行きたいという思いで私はずっと頑張ってきましたが、運命は私が思うよりずっと残酷でした。

ずっと家に帰ってきたがっていたのに。

一緒に戻って来たかったです。


私は1人になってしまいました。

今は本当にどうしていいかわかりません。

これからの事を思うと不安でいっぱいです。


夫の回復を願ってくださった皆さん、本当にありがとうございました。

悔しいです。本当に無念です。

でも、今は恐怖や痛みから解放されている、と思いたいです。








 

心拍数

ついに、ICU滞在が1ヶ月超えました!

夫は相変わらず頑張っています。

実は二日前の夜、 突然心拍数がゼロになって、大変な思いをしました。

看護師さんが薬の準備をしていて、私がチャートを見ていたら、いきなり心電図の数値がゼロになったのす。

絶叫して名前を呼んで、看護師さんが気づいて脈をとって、緊急のボタンを押して、心臓マッサージが始まりました。

フロアにいた看護師さんが一斉に集まってきました。

今回は本当にダメだと思いました。

でも、すぐ心拍数がパカーンと元に戻ったのです。 そしてスヤスヤと寝ていました。

看護師さんたちは、あっけなく解散。あれは一体何だったんでしょう。



心臓が止まったのか聞いたのですが、看護師さん曰く「止まっていない。止まったら、あんなにすぐ元に戻らない」と言うのです。

「眠りが深すぎて動きがスローになり、チャートに反映されなかったのだと思う。」と。

その後、レントゲンと血液検査をしましたが、血中酸素が少し落ちていただけで取り立てて悪いところは見つかりませんでした。

いや、本当に何だったんだ。


先生も「回復途中にああ言うことはある。」と言いますが、

本当にそうなんですか?私は、何時間も震えが止まりませんでしたよ。



翌朝も深く寝ていましたが、遅めの朝、突然パッと目を開け、私を認識してニマッと笑いました。

それ以降、覚醒度が増して、血圧や心拍数が安定してきました。

ただ、脳がクリアになってきた分、不安に襲われることも多くなったようで、パニックというか不安障害に襲われる回数が増えました。

先生曰く、「回復している証拠だ」と。

何でも回復の証にされてしまう今日このごろ。


二頭は元気です。
IMG_0988

日本人の友人がアンパンとクリームパンを買ってきてくれました。
IMG_0986
美味しかったぁ。

家と病院、一日4回往復してます。往復で十数分。近くてホント良かった。

魔改造車発見
IMG_0987

椅子に座る訓練をしているのですが、大男なので移動させるのに、これだけの人数が必要。
IMG_0990
手前が椅子になるベッド、赤と白のユニフォームは看護学生さんです。

 

噛まれた

アッという間に9月も8日過ぎてしまいました〜。

まだICUにいますが、夫は相変わらず頑張っています。

まだまだ問題は山積みですが、もう少し回復したら ICUから出られそうです。 

一つレベルが下がる集中治療室というのでしょうか、現在そこへ移動することを目指しています。

アメリカは日本とシステムが違って、ICUから出たら他の長期療養病院に移されてしまいます。

医療保険のシステムが違うので、まぁしょうがない。

「次にどこ行くか決めて」とコーディネーターにうるさく言われて、勧められた病院を見にいったらどこも嫌で、この病院に残りたいとお願いしたら、先生からOKを貰えました。 

まだ出られない状態なのでしょうがないですが、なんとか早くICUから出たい。

コロナの患者さんも増えてきたし、本当に毎日、ICUでは色々なことが起こるのです。


なんとなく秋めいてきたけれど、
IMG_0973
気温はまだ37〜38度。暑いです。

二頭は今日、ペットホテルから引き取ってきました。
IMG_0975
三週間以上預けていて、流石に可哀想で・・・

日中はデイケアに預けます。

私の泊まり込みはまだ続くので、夜は二頭だけでお留守番です。
IMG_0980
早朝から寝る前のトイレの時間まで、何度か帰って面倒を見ることになります。

私はさらに忙しくなりました。本当にできるのだろうか・・・



でも、なんとかします!

今の私にできないことはありません。(キッパリ)



しかしながら、お迎え時、他の犬に噛まれると言う災難がありました。
IMG_0974
ペットホテルの人が犬を飼い主に渡した後、2メートルぐらい離れていた私にいきなり噛み付いてきたのです。

飼い主さんは「ごめんなさ〜い」と言って、私の傷も見ずに帰ってしまった。

ありえませんわぁ。

小型犬で、私はスウェットパンツを履いていたからまだ良かったけど、素足だったら流血ものです。

家に帰ってから、ペットホテルに飼い主に苦情を言うよう連絡しました。

すぐペットホテルのマネージャーから電話があって、謝罪と飼い主に出禁も有りの抗議をするとのことでした。

ペットホテルも犬も悪くないです。悪いのは飼い主のみ。

あんな飼い主に飼われている子は可哀想だわ。


最後は、夫のベッド脇で毎日運動してます。
 IMG_0962
日本じゃ考えられないですよね。

でも、アメリカでは何でもありだ!

 

三週間

9月になりましたね。

ICUに住み始めて三週間経ちました。

夫は頑張っています。

相変わらず、一歩進んで半歩下がるような状態で、その一歩も赤ちゃんの歩幅です。

ですが、先生たちも色々試して、前に進めるよう頑張ってくださっています。

現代の医学の凄さを目の当たりにしています。



三週間もICUに居ると、とんでもない事態の経験値がどんどん上がっていきます。

それは、いつかチャンスが合ったら書きたいと思いますが、ちょっとだけ。


友人が来て、看護師さんに「この人、全然食事してないんです!」と言ったら、フルーツの盛り合わせを持ってきてくれたのですが、

えっ、何人前?
IMG_0950
患者さんにこの量、食べさせるんだ。凄い。

病室からの眺め
IMG_0956
先日のスーパームーンの翌朝です。

まだ暑いんだけど
IMG_0949

病院内極寒で、夜はダウン来て寝てます。
IMG_0955

私のベッド
IMG_0944

駐車場の一部がヘリポートになってます。
IMG_0960
患者さんが運ばれてきたり、どこかへ運んで行ったり、

今回は運ばれていきました。
IMG_0961
週に3〜4回はヘリの発着見ます。

最後はレントゲンの機械
IMG_0930
技師さんが毎晩、新幹線の車内販売みたいにこれを押してやってきます。




 

その後

大変日が空いてしまいました。

なかなかブログを書く気力が出なかったのです。 

あのまま上向きになるのかと思ったのですが、21日の夜中、容態が急変して危篤状態になりました。

お医者さんの尽力と夫の生命力とでなんとか持ち直し、翌日からまた色々な数値が回復しはじめました。

でも、アップダウンが激しく、まだ安心とは言えない状態で、現在もまだ ICUに居ます。

お医者さんは、「赤ちゃんの歩幅でも回復している。いい日もあれば悪い日もある。」と楽観的ですが、私は毎日心臓がバクバクです。

どのみち、長い戦いになりそうです。

預けっぱなしの犬たちが心配。来週は引き出して、少しでも家で休ませたい。

私は、痩せました。今日体重測ったら、6キロ減っていた。最悪のダイエット法ですね。

メンタルもボロボロですが、私には今、夫の回復を見守ると言う選択肢しかない。

自分の人生の中で多分、今が1番の頑張りどころなのではないかと思うので、淡々と頑張ります。

さいわい夫の会社の人たちや友人、私の友人がサポートしてくれるので助かっています。


追記です。

あと、遠慮せず連絡ください!

返信できない時もあるとは思いますが、1人で頑張っているので、連絡もらうととても嬉しいです!




集中治療室2

前回の記事に、たくさんの方からご連絡ただきました。ありがとうございます。

やっと、色々書く余裕ができたので、なるべく記録しておこうと思います。



腕の手術は成功して、呼吸器もやっと取れたのですが、自力呼吸でも酸素が上手く吸収できず、今度は酸素吸入器をつけることになりました。

怪我や手術や長時間寝ていたせいで、肺と気管が固まってしまい、通常より膨らまないのです。

これを薬やセラビーで治していきます。

結構厄介なのですが、これができるようになって、他に問題がなければICUから通常病棟に移れると言われ、本人はやる気がでてきたようです。

こういう、条件付けって大切だよな、としみじみ感じましたわ。


あと、飲み込む力も弱く、むせてしまうので、鼻からチューブを入れて栄養補給することになりました。

胃に直接栄養補給できるようになると、体力が格段に回復するそうです。



フィジカルセラピーも始まって、一瞬ですが昨日はベッドに座らされました。

それが出来た時は、流石に驚いた。

そして、この状態でここまでやるんかい!と、アメリカのスパルタにまた驚きです。

案の定、夜になって体が痛い、痛い、と雄叫びをあげていました。

おかげで私は一睡もできませんでしたよ。



あと、せん妄が凄かった。天井を見つめ、手をあげてなんかブツブツ言っておりました。

せん妄といえば、今は収まりましたが、よく腕をクロスして頭の方にあげるアクションを取っていました。

止めるのにはかなりの力が必要で、複雑骨折の腕でここまで力が出せるんだと驚愕です。

多分ですが、落ちる瞬間頭を守ろうとしたのではないか。

それをフラッシュバックしているのではないかと思うのです。

それだけ恐怖だったのかと思うと、胸が痛みます。


最後はよもやま画像です。

誰もいない日曜日の病院
IMG_0928

このスターバックスが私のお友達
IMG_0929

15日は私のお誕生日だったのです。

友人がケーキとワインを持ってきてくれました。
IMG_0913
ICUの待合室で乾杯しました。

病院で初めてお酒飲んだよ!アメリカの病院は寛大です。


相変わらず暑いです。
IMG_0935のコピー
病院の中は寒くて厚手のフリースを着ているので、外に出ると驚きます。

最後に肝心なことを書き忘れていました。

二頭はいつものデイケアに預けています。

ビデオで様子が見られるので、助かります。二頭とも元気です。

早く迎えに行ってあげたい!





 

集中治療室

少々日が空きました。

実は、先週の日曜日、夫が家で大怪我をしました。

2階の高さの窓を洗っていて、梯子ごと5メートル下のテラスに叩きつけられたのです。

私は現場にいなかったのですが、凄い音がして行ってみたら、倒れた夫のそばには血の海ができていました。

救急車を呼んで病院に行き、怪我の具合を調べていると急激に血圧が下がって、緊急手術になりました。

内臓を激しく損傷していたようです。

出血元がなかなかわからず、大量の輸血とともに長時間の手術になりました。

結局、脾臓を摘出し、膵臓と小腸の一部を切除したそうです。

これが最初の命の危機で、手術途中出てきた看護師さんに、「ご家族に連絡した方がいいです。」と言われてしまいました。

でも、夫は持ち堪えました。その日から私は夫の付き添いで集中治療室暮らしです。



次の手術のために傷は開けたままにして、24~48時間後に再手術の予定でしたが、その日の晩2回危機がありました。

まだ完全に再手術ができる状態ではなかったのですが、傷と内臓をこのまま長時間放って置けないので、72時間後に再手術が行われました。

術中また1回、三途の川近くまで出向いたようですが、戻ってきました。

ちなみに2回目の手術では、壊死していた小腸の一部と、同様の状態の大動脈を切除したそうです。



手術は成功でしたが、これでやっと少し前向きになったかな?と言うぐらい、今後の課題は山積みです。

手術された先生が、これからの二大脅威は、感染症と血栓で、「感染症はなると思っていた方がいい」と恐ろしいことを言われました。



その後、薬抜きです。

痛み止め、鎮静剤、血圧調整剤、あれもこれも、たくさん使ってなんとか持ち堪えてきたわけですが、これを抜いていかないと、通常の病室に移れません。

薬抜きと機械抜きの修行が始まりました。

アメリカは医療スパルタの国、ガンガン行きます。

術後二日目の夜には、ほぼ薬抜きが完了、最後の手術への準備ができました。

ところが、鎮静剤が抜けて覚醒、血圧等のバイタルも上昇した結果、コミュニケーションが取りやすくはなったのですが、動くようになりました。

6日間も同じポジションで、口にはなんか変なもの突っ込まれていて、体には色々なチューブがついていて、うろ覚えの記憶しかなくてパニックです。

昨日の夜は、ICUの看護師さんが少なくて、なかなか来てくれず、私が大きな体を必死で抑えなければなりませんでした。


そして今日、両手首複雑骨折の手術でした。

これが最後の(であることを願う!)手術で、無事に終わりました。

まだお腹の中は治っていなし、骨折はもちろん、手術の傷も完治するまでに莫大な時間がかかります。

長い戦いは始まったばかり、でも、これでやっと生存率の方が上がったと言えそうです。


日曜日から今日まで、人生で一番長い6日間でした。

今日からの流れと、これまでの詳細については後日また書こうと思います。

私は今、とにかく早いICUから出たい!

ほぼ毎日、ほぼ夜、救急から生死の境を彷徨う患者さんが運ばれてきて、結果は良かったり悪かったり。

普通の状態でないところに、さらにメンタルを削がれます。 

そして最後に、医療関係者の方々全てに私は感謝を捧げたいと思います。

この仕事は、本当に過酷で辛いことも多いと思います。

それに従事される方々を心から尊敬します。

 

体感温度

暑いです。
IMG_0897のコピー
もっと恐ろしいのは、通常体感温度はプラス3度ぐらいなのですが、今年はプラス5〜7度です。

昨日はピーク時、46度だった。恐ろしや。


さて、日本は三連休だったのですね。

その上、お盆だ。長いお休みの方が多いのでしょうか?

私は昨日、庭に通じるドアに隙間があることを発見しました。

どれだけ安っぽいのだ、この家は。

なので今日、埋める材料を買いに行きましたよ。

LOWE'S(ロウズと読みます)
IMG_0892
ホームセンター見たいなものですが、もうちょっとプロ向け。

ネジとかBBQとかお掃除道具とかもありますけれど、主に家を建てる資材などを売っています。

ちなみに、Lowe'sは全米2位で、1位はHome Dept(ホームデポ)

この二店舗が、うちの近所にほぼ隣接して建っている。

競合店が近くに存在するのは良くあることですが、いつもどちらに行くか迷う・・・

暑くて実感湧かないけど、もうこれが出てくる時期なのだなぁ。
IMG_0893
一番大きい骸骨は4メートル以上あるのではないでしょうか。

右側の骸骨は人の動きに合わせて動くのです。

何も知らずに夜見たら、心臓止まる。

誰が買うんだろう?値段をチェックするのを忘れました、無念!


二頭はなかなか外に出られませんが、元気です。
IMG_0891

最後は・・・

日本からバースデーカードが届きました。

ありがと〜〜〜〜〜
IMG_0896


 

Alligator

朝のお散歩に行った父ちゃんから、画像が届きました。

家の近所の沼、午前7時ごろ
IMG_1230のコピー
何だかわかりますか?

ワニです。2頭います。

(ちなみに、ワニは頭なのか匹なのか悩んで検索しましたが、どちらも使うそうです。)

私たちが引っ越してきた2016年はワニは一頭でした。

何度かブログに載せましたが、そのワニはサイズが大きくなって(4メートルぐらい)、2年ぐらい前、他の沼(?)に移動させられたそうです。

代わりに、この2頭の親子がこの場所に引っ越してきました。

てっきり、自然に生息してるのだと思っていたけれど、動物管理局みたいなところが面倒見てたんですね。

ワニは日の出と日没に水面上に出没することが多いのです。

7時ごろはもう30度ぐらいに達している今日この頃、ワニも暑いでしょうねぇ。

IMG_0087

実は、画像が来てすぐ、私も見に行ったのです。

お散歩組とは入れ違いでしたが、一頭だけ見ることができました。

そして・・・

ワニのすぐそばの水際で、黒い大型犬がノーリードで走り回っていたのです。

飼い主がいるのかと思って見回しましたが、誰もいない。

近寄ったら逃げてしまったのですが、どうやら脱走犬のようです。

お散歩組が遭遇した時は、ワニの前でおすわりして眺めていたとのこと。

通勤の車が多くなる時間に脱走だけでもダメダメなのに、ワニのそばに寄るなんて、もう食べてくれと行っているようなもの。

この暑さだし、飼い主さん、ホントなにやってるんだよっ!!!(怒)

あの子が無事に家に帰れたことを切に願う。



話題変わって、カイロプラクティックの先生にもらいました。
IMG_0886
何だかわかりますか、アゲイン?

ドラゴンフルーツです。

おうちで育てているそうです。

とても熟していたので、一晩冷やして、切ったらこんな。
IMG_0888
白いのしか見たことがなかったので、ちょっと驚きました。

この果肉の赤色は、染料に使われるそうなので、布に着くと落ちません。

お味はと言いますと、美味しいと無味の間の微妙なラインでありました。

だが!

スーパーフードと言われるほど、栄養は豊富だそうです。特に女性に良いらしい
IMG_0847



洗濯ビーズ

今週も暑いらしい・・・

IMG_0881のコピー
湿度が高くて無風なので、体感温度はプラス3〜4度です。

まっ、8月は毎年こんな感じですけどね。

でも、流石に暑いの飽きました。今年は早くから暑くなったし。

どこか涼しい場所に行きたいなぁ。

「ボクも行きたい・・・」
IMG_0697

さて、突然ですが、皆さん、洗濯ビーズを使っていますか?

洗濯ビーズとは?

私は、今まで使ったことがなかったのですが、最近気がついたのです。

アメリカで使っていない家庭は無い!(←極端)

なので、買ってみました。

Sam's Clubでセールだったので。37.5 オンス(約1キロ)で14.08ドルです。

安いのか高いのかもわからん・・・

Downy Unstoppable
IMG_0882

英語では「Scent Booster」(芳香加速剤?)と言うのですが、まぁすごい香りがします。

中身はこんな感じ。
IMG_0884
これをキャップ一杯ぐらい、洗濯槽に直接ぶち込みます(笑)

洗濯終わってどんな香りがするのかなぁ?と思ったのですが、別に何の香りもしなかった。

なぜだぁぁぁぁぁ???

父ちゃんにも嗅がせたけれど、「???」と言う顔をしておりました。

IMG_0761

いや、最初から思っていたのですが、これの必要性って何なんですか?

今は洗剤や柔軟剤、ドライヤーシートにも香りはついているし、全く必要なくない?

香りがつかないのなら、余計必要ないですよぉ。

アメリカ人は、洗剤会社に騙されているぞ!!


ちなみに洗剤は、今はこれを使っております。

Mrs. Mayer's Clean Day
IMG_0842
洗剤もしょっちゅう変えるので、別に自然派と言うわけではないです。

これもごく普通だと思います。

ちなみに、こちらも毎回入れているけれど、効果あるのかどうかわからない・・・
IMG_0793

どうでもいいですが、一部の友人の間で私は、「アライグマ」と呼ばれています。

理由は、何でもすぐ、容赦無く洗ってしまうから。(笑)


 

August

いつの間にか8月になっております。

ヒューストンは相変わらず暑いですが、みんな元気です。

久々のスィーツ
IMG_0850

値札で隠れていますが、グリーンのケーキが可愛い。あと、キリンさんも!
IMG_0851
今の暑さではケーキ類、お店の外に持ち出した時点ですぐ溶けてしまいそうです。

このスィーツはスーパーで売っているのですが
IMG_0852

たまには他の部分も撮ってみる。
IMG_0853
多分、日本の人が見たら「コストコ?」と思うようなサイズのお店ですが、アメリカのスーパーはこれが普通です。

だから良く知らないスーパーに行くと、目当ての物を見つけるのがとても大変!


さて、話題変わって、

最近、二頭が朝ごはんを食べません。
IMG_0081

お散歩から戻ってすぐご飯なのですが、ちょっと食べたり、全く食べなかったり、たまに完食したりと、ムラがあります。

歴代の犬たちは、たとえ一頭が食べなくても、他の子達は爆食!みたいな感じだったので、二頭揃って食欲不振(?)は初めてです。

今年の暑さのせいなのかなぁ?

でも、お互い相手が食べなかったら、自分も食べない、みたいな雰囲気なので、ちょっと驚き。

好き合っているのはわかるけど、
IMG_0217

そこまで合わせなくても良いのだよ〜。
IMG_0863


猛暑

先週の土曜日ですが、貰ってくださる方がアメリカに戻ってきて、ついにソファーを取りに来てくれました。

このソファーです。
IMG_0759
 
新しいお宅では、こうなりました〜。
71175334470__68DFA6C8-F266-423F-860E-364CB3C06937
ワンちゃんに気に入ってもらえて良かった!

お土産に 茅乃舎の出汁と、このお塩をいただいたのですが、

ろく助塩
IMG_0835
なんか有名なお塩らしいですね。まだ開封していませんが、楽しみだ。


さて、日本は猛暑のようですが、みなさん大丈夫ですか?

ヒューストンも相変わらず暑いです。

ジリジリ
IMG_0844

マウントをとる訳ではありませんが、今の東京の暑さが4〜5ヶ月続くのですよ。

外に出ると息が苦しい。

給油だって命懸け(笑)
IMG_0818
なので、ますます引きこもりになります。

「暑っ!」
IMG_0848

ストームは悟りの境地、仙人になってます。
IMG_0849

母ちゃんは、日光アレルギーで発疹に苦しんでおります。(泣)

自分は、この地に全く向いていない人間だと思う・・・


最後は、ソファーにめり込むタスと、
IMG_0846

近所のスーパーで売っていたOpusOne
IMG_0795
2018年ものですね。

値段を撮ったつもりだったのに、全く映ってない。バカなのか、私は。

確か370ドルぐらいだったと思います。


忘れもしない、アメリカに来た2016年の8月、2012年ものが220ドルでした。

値段上がったなぁ。

「それが時の流れというものじゃ」(byストーム仙人)
IMG_9738


Nesting

シャンプーした後、すぐソファーに乗るのです。

濡れるので、バスタオルを引くのですが、

タオルの意味・・・ 
IMG_0833

タスは巣作り(?)本能が強いタイプのようです。

「快適
IMG_1218のコピー


と言うわけで、タスの巣作り特集
IMG_0057

とにかく寄せる。
IMG_7891
タスが寄せる、私が広げる、を日に何回か繰り返します。

カバーを敷く意味あるのか?と思ったりもするのですが、

こういうのを見ると、やめられ無いよなぁ。
IMG_8593

爆睡
IMG_8896

たまに潜る。
IMG_9805
安心して寝られるのなら、まぁいいか。

狭いところに入るのも好き。
IMG_0832

だが、この体勢はちょっと厳しかったようで、
IMG_0791

こうなった・・・
IMG_0787

最後は、キリン寝ストームです。
IMG_0829

本物
giffaf

苦しそうだけど、快適らしい。
IMG_0830


BTS

また放置してしまいました。

みんな元気です。

朝忙しい時間、TVのニュースショーを聞きながしつつ用事を片付けているのですが、

二日前、なんか英語圏の人ではない歌声が聞こえてきて、珍しいなぁと思ってTVの前に行くと、この人だった。
IMG_0816
アジア人だわ!

誰だかわかりますか?

私は全然わかりませんでしたよ。(笑)

この方、とても有名人です。

ファンの皆様、お待たせしました!

Jung Kookさんです。
IMG_0814

実は、多分左脇に出ているのが名前だろうと予想してググったのです。あはは

そうしたら、BTSの人だということがわかりました。

すごい人気
IMG_0810
流石の私もBTSは知っています。

これは、初のソロシングルを出した記念コンサートらしいです。


遡ること6年前、2017年にBTSがアメリカのTV番組に出たのを偶然見たのです。

その時は、1人をのぞいて全員英語が話せませんでした。

そんな彼らがアメリカの音楽業界を引っ張る大スターになったんですからねぇ。

素晴らしいの一語に尽きます。これからも頑張れ!


最後は、仲良し二頭。
IMG_0100のコピー
もっとまめにブログ更新しないとなぁ・・・

と思うのですが、ブログもSNS系も本当に面倒くさくて書くのも見るのも怠りがちです。

でも、

続けます、この子達がいる限り。

タスはちばわんの子だし、救ってくれた方々に元気な姿をお見せしたいので!

「ボクは元気だよ〜」
IMG_0781







 
このブログは、転勤族で数年ごとに海外を転々としている(アメリカ、サウジアラビア、シンガポール、日本、ドイツ、ノルウェー、アメリカ!)我が家の各国の生活と、一緒に移動している犬達の記録です。 現在登場するのは、ちばわんのHPで犬の募集掲載を担当している私、ちばわんから引き取った「タス」、テネシー州の保護団体から引き取った「ストーム」そしてノルウェー人の夫。二人と二頭が、アメリカ・ヒューストン郊外で暮らす日常を綴っています。 ヒューストン以前は、オーストラリア出身のラブラトールのテディ(2009年7月6日没)、シンガポールのとある道路の穴で5匹の子犬を産み、子犬共々保護したマリア(2014年8月15日没)、ちばわんの預かり犬からドイツ・ハンブルクへの引っ越しを機に家族になったマット(2015年10月21日没)、やはりちばわん出身で元麻薬捜査犬候補、はるばる日本からドイツへやってきた元気(2015年12月22日没)たちの記録です。 私がボランティア活動をしている「ちばわん」にはまだまだ沢山の犬猫が本当の家族を待っています。リンク集の「ちばわん」をぜひご覧ください!日本での預かりボランティア時代の日々は「旧ドイツ犬日記」に綴っています。 募集犬とたまにうちの犬を載せているインスタはこちらです。 https://www.instagram.com/kuminaess/
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ