お客様

ハリケーン・ベリルはたかだか半日足らずで去って行きましたが、甚大な被害を残して行きました。

ヒューストンは月曜日、220万 世帯が停電しました。

現在金曜日、いまだ100万世帯弱が停電しています。

ハリケーンの後、気温が上がるのはデフォルトですよね。

エアコンが無いと生死に関わります。

落ちている屋根板を眺める二頭
IMG_2197

そんなわけで、火曜日から日本人友人とお嬢さんが、我が家に避難しています。

旦那様は日本出張で、状況を相談したら

「皆んなもそうしているなら(エアコンの無い家で)大丈夫じゃないの?」

と宣われたらしい。

無理ですよ。暑さを舐めてはいけません。


二頭は可愛がってもらって大喜びです。
IMG_2203

背中に引っ付くと安心
IMG_2206

デイケアのお迎えも一緒に行ったりしています。
IMG_2205

友人がご飯を作ってくれて、夜は一緒に飲んで、私としてはかなり楽しいのですが、彼女たちは落ち着かないと思います。

土曜日は娘さんのお誕生会を開く予定なので、それまでに(明日だけど)復旧してお家からパーティー会場に行けるといいなぁ。

でも、いなくなっちゃったら寂しくなるね。
 IMG_2097

最後は一緒にお仕事に行く犬特集
IMG_1743

姿勢良い。
IMG_1671

みんな頑張れ!


 

ハリケーン・ベリル

今朝早く、ハリケーン「ベリル」がテキサス州に上陸しました。

カリブ諸国を破壊し尽くして、満を時してテキサスにやってきた感じです。

最初、ヒューストンはルートに入っていない予報だったのですが、友人曰く

「天気予報が来ないと言ったら、絶対来る!」

・・・その通りになりました。

雨も結構降ったけれど、
IMG_2188 2
今回は暴風ハリケーンです。

明け方から家が揺れるほどの風が吹き出しました。

朝、一瞬雨が止んだので外を見たら、目を疑う光景が!

隣のお家とその向かいのお宅です。
IMG_2194 2
風って恐ろしい。

その後、さらに風速が増して、玄関ドアが沈没船のような音を出し始めるではありませんか。

ドアが壊れたら、一人では簡易修理もできません。でも、すぐ誰か来てくれません。
 
なので家具を移動して、支えにしてみました。
IMG_2191 2
それでも風でこの家具が動きましたよ。本当に怖かったです。

停電もしましたが、我が家には発電機があるのと、ここはNASAのそばだからか、ありがたいことに復旧がとても早いのです。

今はもう夜中ですが、多くの友人宅は未だ電気が復活していません。

早くても明後日と言われたという話も聞きました。事態の深刻さがわかります。 

ハリケーンのせいで、少し気温が下がったけれど、湿度は高いし、エアコンがなければ死活問題です。

明日、救急車の出動が多くなるのではないだろうか・・・


二頭はとても怖がって、半パニック状態でしたが、午後は復活しました。ホッ
IMG_1701

一人で本当に本当に怖かったけれど、今の私は「きゃーこわい!」などと言っている場合ではありません。

二頭とこの家を守っていかなければならないのです。
IMG_1773
結構辛い。でも頑張る。


 

グラウンド・ゼロ

今日は独立記念日です。

IMG_2171

相変わらずのスィーツ類
IMG_2170


一週間経ってしまいましたが、先週の金曜日から日曜日までNYに行ってきました。

ホテルからの眺め。
IMG_2116
正面の高いビル群が現在のワールドトレードセンター。

右側にポツンと見えるのが自由の女神です。

拡大
IMG_2131

夜景
IMG_2128
6月はプライド月間出したからね。

ビルのトップがレインボーカラーです。

ラジオシティ
IMG_2164

先月亡くなった従姉の旦那さんと娘の一人がNYに来て会ってきました。

彼らも深く悲しみ傷ついていました。

離れているから実感が湧かなかったけれど、二人に会って話して、本当に従姉は亡くなってしまったのだと言うことを理解しました。

なんでこんな事になってしまったのだろう。

でも、二人とも元気そうで、安心しました。

ブロードウエイ駅
IMG_2163

美味しいお食事とお酒を沢山飲みました。

取り立てて観光はしませんでしたが、1箇所だけ行ってみたかった場所へGO.


グラウンドゼロ

旧ワールドトレードセンター跡地です。
IMG_2138

周りに亡くなった人たちの名前が彫られています。
IMG_2159

そして、新しいワールドトレードセンタービル群
IMG_2144
この対比はとてもインパクトが強くて、なんとも言えない気持ちになりました。

IMG_2135


家に戻ったら、友人から赤坂の日枝神社のお守りが届いていたのですが、
IMG_2166
カードのワインボトルの名前に笑った。

次の大統領選どうなるんでしょうね。

二頭は元気です。
IMG_2169


補修

先日の虫刺されですが、悪化してお医者さんに診てもらいました。

完全に炎症を起こしていると言うことで、 ステロイドと抗生物質を処方されました。

服用した次の日から膿が止まって、傷も治ってきました。

処方薬の効果、恐るべし!



さて、ある日、家の窓枠のコーキングが剥がれている箇所を発見したのです。

色々な人に聞いたら、皆んなすぐ直した方が良いと言います。

やってくれる人を見つけるまでに、ひとつ話がかけるぐらい結構な困難があったのですが、最終的には良い人が見つかって、家中の窓のコーキングを新しくしてもらいました。

ボロボロ
IMG_3704のコピー

こうなった
IMG_3723 2のコピー

家の窓は33個もありましたわ。
IMG_3725のコピー
見積もり金額を聞いた時、失神しそうになりましたが、水漏れしたら修理には、楽勝で見積もりの十倍の金額がかかります。

なので先行投資(?)と思うことに・・・


で、窓屋さんが、玄関ドアの上の作業をしている時、「ちょっと来て」と言うので行ってみると、

こんなギャップがありました。
IMG_3708のコピー
覗くと壁の中がよく見えましたよ。ありえないわぁ。

これは明らかに、この家を施行した大工さん達のミスです。

地上レベルからだと見えないので、この8年間、全く気が付きませんでした。

今までよく水漏れしなかったよなぁ。

この玄関のすぐ上の窓。
IMG_2107

「屋根がついているのであまり水が入らなかったこと、西陽が当たるので雨水が入ってもすぐ乾いたことが幸いして、今まで無事であっただろう」と窓屋さんは言っていました。

すぐ修理してくれました。ホッ。
IMG_3711のコピー

相続手続きが終わって、やっと少し休めるかと思いましたが、今度は家のメンテ問題が多発しています。

今は、この家を補修するためだけに生きている気がする・・・


二頭は元気です。
IMG_2100

ストームが情けない顔になっておる。
IMG_2101

先月亡くなった従姉の旦那さんがニューヨークに来ているので、週末会いに行くことにしました。

会うのは1年ぶりです。

次に会う時、お互い伴侶を亡くしているだろうと、誰が想像できたでしょう。

運命とは本当に残酷で不思議なものです。


最後は、ちょっと可愛い落とし物。

ライトの上になんか乗ってる。
IMG_2055

カーボーイでした。
IMG_2056
そりゃ、テキサスですからね!

でも、拳銃じゃなくてニワトリ。
IMG_2057




虫刺され

父の日ですね。

久々にスィーツ。
IMG_2079
アメリカの父たちよ、お祝いのケーキがこれでいいのか??

なんで鹿の角??
IMG_2080
 
普通の(?)ケーキもあります。
IMG_2081

 ヒューストンはガッツリ夏になりました。

日向に出たくないストームと、
IMG_2076

ギリギリのところを攻めるタス。
IMG_2077

 先週、親しい友人が二人、交通事故に遭いました。

一人は後ろから追突されて前の車とサンドイッチに、もう一人は横から突っ込まれて2回転したそうです。

どちらも車は大破して廃車だそうですが、幸いどちらの友人も無傷でした。

私の小さな知り合いのサークルの中で、一週間以内に親友二人が交通事故に遭う確率ってどれほどですかね?ちょっと恐ろしいですよ。

でも原因は共通してました。

事故の原因を作ったドライバーがスマホを見ていたのです。

スマホがある限り、こういう事故って絶対無くならないのだろうなぁ。


話題変わって、先日友人宅のプールサイドで飲んでいたら、両足先を蚊でない何かに刺されました。

汚い画像ですみませんが、右足だけ載せます。
IMG_2084

痒くて寝られない。そして膿が止まらないんですが、これ何の虫なんだろう?

そして、他の人は大丈夫だったのになぜ私だけ刺されたのか?

もう本当にこの世界から虫が消えてほしいと思う。


最後は、久々に薔薇
IMG_2082
今日16日は夫の月命日なのです。

9か月経ちました。

私は相変わらず明日のことを考えるので精一杯の日々ですが、二頭はこの状況をどう考えているのだろう?とたまに思う・・・
IMG_0074
いや、何も考えてないかな?



一人

夏がやってきました。
IMG_2033

先日、日本人の友人から「冷やし中華始めました」と言う連絡が来て、ご馳走してくれました。
IMG_2028
何年ぶりだろう、冷やし中華。おいしかったです。ホームシックになりました。

デザート付き。
IMG_2029
Mちゃん、ありがとう!

友人のワンちゃん。
IMG_2026


さて、 

先日、大腸カメラの検査を受けました。

アメリカでは、必ず鎮静剤を打つので、帰りの車の運転はご法度。誰かの(家族、親族、友人)送迎が必須です。

ここには電車とかバスとか無いのです。車以外の選択肢はありません。

IMG_9641

テキサスでは、送迎が法律で決まっているので、「誰もいない!」とゴネてもダメ。

送迎が無いと検査自体をしてくれません。

タクシーもダメ。

完全に覚醒していない場合、強盗にあったり誘拐されたりする可能性があるから、と言われました。怖っ。


今回、私はスケジュールの都合で、家から遠い病院で検査を受けることになりました。

往復2時間です。そして、朝早い。

私には友達しかいないのです。近くだったらともかく、こんな面倒なこと、一体誰に頼めと言うのか。

色々な人の顔を思い浮かべて、ひとりにお願いしました。

心よく引き受けてくれました。本当に有り難かった。

IMG_9240

これから、こう言う事が増えるんだろうなぁ。

何かをするのに、誰かに頼まなければならない生活は辛いです。

ちなみに、検査の結果は問題無しでした。ホッ。



検査の前、準備室に入って、着替えてベッドに横になって、点滴のチューブを入れられます。

他の部屋から、ピーピーと医療機器の音が聞こえてきました。

私が五週間、夫の隣で毎日毎日聞いていた音。

数値が下がって警告音が鳴ると同時に、自分の心臓の鼓動も聞こえました。

「上がって、上がって」とひたすら祈っていた、あの日々の記憶が呼び起こされて嫌だなあと思いつつ、病室の天井を見上げて思ったのです。

ICUに入った日から、言葉も発せられず動くこともままならず、ひたすらベッドに横たわって、夫はずっとこの天井を見上げていたんだ、と。

どんな思いで見つめていたのか。

辛かっただろう、悲しかっただろう、不安だったろう。

そう思ったら、涙が溢れ出てきました。

IMG_1983

そんな私を見た看護師さん、検査が怖くて私が泣き出したのだと思い、非常に焦っていました。申し訳なかったです。


フラッシュバックも、突然悲しみに襲われることも、私が前進するために辿らなければならない過程なのだと理解しています。

でも不安。そして一人はやはり辛い。

一人暮らしの自由を満喫することが出来るようになるには、まだまだ時間が必要なようです。

IMG_1942

最後は、お間抜けストームさん
IMG_1684
なんで、こうなる!!




5月末

今日で5月も終わりです。

本当に時間の経つのが早い。

私も二頭もとりあえず元気です。

何人かの方から、日本でもニュースになったようで、ハリケーンは大丈夫か?と言うご連絡をいただいたのですが、私の住むエリアは全く無事です。

ご心配いただきありがとうございます。

先日、雹が降りました。ヒューストンで初めての経験。
IMG_2036

これは今朝。恐ろしい勢いで雨樋から水が噴き出してます。
IMG_2040

雷もすごかった。

怖くて涎ダラダラ、クローゼットに籠るストーム
IMG_2041
可哀想ですが、雷は私もどうにもできない・・・


本当に毎日、色々なことが起こります。

外国で一人で、犬二頭居るってこんなに大変なんだな、と思う日々です。

何かちゃんとしたことを書こうと思っても、なかなか気力と時間がありません。

なので、画像だけ乗せていこうと思います。


一段階昇進しました。
image000001 3
新しい帯の授与式。左でお辞儀しているのが私です。

先生たちと記念撮影。
image000000 5
私のズボン、絶対短いわ。


帰国に向けて、ペットホテルではなく個人宅で預かってもらいたいので、ペットシッターをしている日本人の友人宅にお試しのお泊まりをさせてもらいました。
S__176201732_0

二頭ともパパさんと仲良しになったそうで良かった!
S__176201733_0
やっぱり男性との接触に飢えているのだと実感。切ないです。

こちらは、預かりボランティアをやっている友人宅の預かり子犬ちゃんたち。
IMG_1951

ひっさびさの子犬に癒されました。
IMG_1956

良いご縁がありますように!
IMG_1957

 
おまけ
IMG_1945
そこはトイレじゃないのよ〜





試練

また間が空いてしまいました。

本当に日々色々なことが起こります。

まずは、ペットホテルでストームが噛まれました。
IMG_1937
私が一泊出かけたときに預けたのですが、帰ったらこうなってました。

傷は大したことないです。

足を引きずっていたので、獣医さんに連れて行ったのですが、それは噛まれたのとは無関係で、前回同様首の神経か、歳による関節炎だろうということで、炎症止めが処方されました。

服用して次の日には治っていたので、薬が効いたのだと思います。

これから、この頻度が上がっていくのだろうなぁ。

タスは元気です。
IMG_1635

そして、クレジットカードのスキミング被害にあいました。

その一泊旅行、ダラスに車で一人で行ったのですが、途中寄ったガソリンスタンドでやれました。

一週間後に700通以上のサブスクメール爆弾が届き、一体何事と驚いて検索したら、

「大量のメールの中に必ず犯罪に関わるものがあるから見落とすな」とあり、

全部のメールに目を通したのですが、ありました。

Amazonのアカウントが乗っ取られて、私の名前で最新のiPadがオーダーしてありました。

IMG_1692

幸いAmazonが、「怪しいオーダー」と見破って、オーダーはキャンセルして私のアカウントはブロックしてくれたので、実害はありませんでした。

でも、個人情報は完全に流出したと思います。

カードはキャンセルして、新しいのをすぐ発行してもらいましたが、またいつ起こるかわからない。

これだけでも、本当に疲れたと思っていたのですが、先週の土曜日のお昼すぎ、日本から電話が来ました。

IMG_1909

私の唯一の女性の従姉で私のことを妹のように可愛がってくれた人、母亡き後は母代わりに色々と面倒を見てくれた人が急逝したという知らせでした。

夫がいなくなって、私の家族と思える人は彼女だけだったのに。

今までお世話になった分、これから恩返ししたいと思っていたのに、なぜこんな事が起きるのだろう?



私は、たった8ヶ月で最も愛する人を二人、突然亡くしてしまいました。

帰国するたび、「お帰りなさい。疲れたでしょう。」と迎えてくれた、あの笑顔がもう見られないのだと思うと信じられないほど悲しいです。

IMG_1973

最近やっと少し前向きに考えられるようになってきたのに、また崖から突き落とされた気分です。

運命はいつまで私に過酷な試練を与え続けるのでしょう?

今はもう悲しみを通り越して、怒りしか感じられません。
 

生存報告2

またまた日が空いてしまいました。

二頭は元気です。
IMG_1889


4月18日は夫の誕生日でした。

生きていれば、家でまったり少し良いワインでも飲んでいたかなぁ。

いつも特別なことはしなかったけれど、無事に誕生日を迎えられて良かった、これからの一年も元気で過ごせるようにと、毎年思っていました。

残念ながら、今年からもうその願いはは叶いません。

IMG_1635

相続手続きの第一段階は終わりが見えてきました。

来月からは次の段階に進めそうですが、同時に一時帰国の計画も立てていきたいと思っています。

時間には多少余裕が出てきたけれど、私の辛さは一向に変わりません。

IMG_8647

むしろ悪化していると思う。

弱音を吐ける友人もいるし、気にかけてくださる人もたくさんいます。カウンセリングも受けてます。

でも、この辛さは夫に対する想いや30年の歴史、最期の日々の苦闘や痛みと悔しさ悲しさ、そういった私が経験したことから生み出される辛さであって、私が自分で解決していくしかないのです。

この過程を通らなければ、先には進めません。

ただ「乗り越える」と言う表現は使いたくないです。

そんなパワーは出ないから、ただ淡々と耐えるだけ。

でも正直、なんで?と思う。

なんでこんな思いをしなければならないのかと。

IMG_1238

少しは明るい話題も書きましょう!

夫が亡くなってから、本当にたくさんの人に会いました。

お誘いはほぼ断らなかったので、新しい友人がたくさん出来ました。

Kuk Sool Wonと言う韓国武道も始めました。

胴着は黒です。そしてまだ白帯!
IMG_1800

なぜに韓国?!と、日本の友人には驚かれましたが、この武道は日本では無名ですけれど、欧米では結構人気があるのです。

ちなみに私は韓流には1ミリも興味がないですが、友人の子供たちがやっていて、見に行ったらとても面白そうだったので始めた次第です。

技の名前とカウントが韓国語なのでなかなか覚えられません。先は長い・・・



最後は、バイカーとワンちゃんです。

ワンちゃん、愛されてるわぁ。
IMG_1797

 

生存報告

大変間が空いてしまいました。

私も二頭も元気です。

IMG_1831


私は先週末から風邪を引いて咳き込んでいましたが、今は治りました。

一人で具合が悪くなると、非常に辛いです。

メンタルも激しく動揺して、毎日泣き暮らしていました。



ストームは、至って元気です。

タスは、二日間ご飯を拒否していましたが、今晩は食べました。

空腹は最上のスパイスですね。

ちなみに病気ではありません。父ちゃんが存命の頃から、こういう感じでした。

最初は、悩んで試行錯誤しましたが、今はもう食べるまで放っておきます。

具合が悪くて食べない時と、イヤイヤ期の違いは認識しているので大丈夫です。

IMG_1232


あっという間に4月になってしまいました。

私は相変わらず相続手続きや事務手続き、夫の後片付けに追われる日々です。

半年過ぎた今でも、まだ半分ぐらいしか進んでいません。

本当に何もかも一筋縄ではいかない。

どれだけ、私のメンタルを削れば気が済むのか?と叫びたい。

それだけでも手一杯なのに、日常の生活は続きます。

毎日毎日、何かしらが起きて、あっという間に時間が経ってしまいます。

楽しいことはひとつもないし、未来の希望もひとつもない。

でも、私はちゃんと生きています。

IMG_1755

時間と気力がないので、ブログやSNSは今ほとんど見られません。

なので、友人の動向すら今ひとつわかりません。

よく、「何て言葉をかけたらいいのかわからない」と言われるのですが、こういう状況では自分から連絡するのは本当に大変なのです。

自分が経験して初めてわかりました。

もし、何かあったら遠慮なく連絡をくださいませ〜。


最後は先日遭遇した痛車
IMG_1817

バスターマンって何?











 

マネキン

あっという間に一週間経ってしまった。

私は相変わらずです。精神的にも物理的にも全く進展なしです。

ただ、淡々と辛さに耐えて生きてます。

ストームは、先週獣医さんに再診に行きました。
IMG_1757

彼が見ているのはこの子
IMG_1756

この二週間、全く症状がなかったこと。薬のせいで大人しくなると言われていたのですが、それも全く無かったことを伝えました。

先生が恐れていたのは、他の悪い病気で薬が効かず、症状が悪化することだったのですが、ひとまずその可能性は無くなりました。

でも、また症状が出るだろうから、その際は対処法を考えていこうと言うことになりました。


やっぱり頸椎の神経の問題だったのでしょうか?

こんな風に捩れて寝るから、悪くなるんじゃないの??
IMG_1761

絶対首にいい寝方しとらんよな、君は。
IMG_1745

首が長いから、持て余してるのかな?
IMG_1697

「まあね」
IMG_1702

「ボクは大丈夫だよ」
 IMG_1763

タスは首は短いけれど、胴が長い!
IMG_1414

最後は、前を走っていたトラック
 IMG_1748
冷蔵庫買ったんですかね?

それをマネキンが支えてる(?)ってどういう状況 ???
IMG_1749
 怖いよ!


 

メメンとモリ

気づかないうちに3月になっていました。

二頭は元気です。

ストームはあれ以降、全く症状が出ず、至って元気にしています。

IMG_1747

獣医さんに、行動制限と言われたけれど、問題なく遊んでます。

薬が効いているのかな?

でも、立ち上がれなくなった前と全く変わらない。

あの症状は突然起きたので、絶対どこかに問題があるとは思うのですが、獣医さんの見立てとなんか違うような気がするのですよねぇ。

来週月曜日にまた病院に行くので、じっくり話し合って来ようと思います。


タスさん、保護色だわ
IMG_1628

元気です
IMG_1627

気温はどんどん上がってきました。やがて、芝生も緑に変わるでしょう。
IMG_1660

少し前ですが、ベルママさんが送ってくださいました。
IMG_1723

メメンとモリ

「人は何のために生きるのか?」を問わない絵本(?)ですかね。

何度も何度も見返しました。


大体、絵と文章があっているのですが、

誰かのために自分の命を使ってもいいし、

と言うページの絵、男性二人が歩いている後ろ姿なのですが、

なぜかとても心に残ったというか、引っかかったというか、

あれはどういう意味があるのだろう?


最後は、デイケアで見かけた子犬ちゃん。
IMG_1652
見事なオッドアイです。





 

お散歩友達

数日前の朝、近所の住宅街をお散歩していたら、綺麗な老婦人が道の反対側の家から出てきて、道路を渡って私に近づいてきました。

まさか私に用があるとは思わなかったので、挨拶してそのまま歩いて行こうとすると、二頭を指差し、

「この子達を連れていた男性、あなたの旦那様?」

IMG_1307

あぁ、ついに来たか。

私が知っているお散歩で会う人たちには夫の話をしましたが、夫が単独で知り合った人たちを私は知らないのです。

多分、この数ヶ月毎日私が二頭を連れているのを見て、不思議に思っているだろうなとは思っていましたが、向こうから声をかけてくれない限りわかりません。

IMG_1645


「そうです。夫は、昨年の9月に亡くなったんです。」

正直いまだに、このセリフを言うのが辛い。そして、聞いた人のリアクションを見るのがもっと辛い。


「えっ!!!あんなに元気そうだったのに???」

「事故なんです。」

「交通事故?」

「いえ、家で梯子から落ちたんです。」

絶句されていました。

IMG_1055

「ウチの子はすぐ吠えちゃんだけど、旦那様と沢山お話ししたのよ。二頭をとても可愛がっていらっしゃたわよねぇ。本当にショックだわ。旦那様とあなたのためにお祈りするわね。」

暖かいお言葉をいただきました。

お散歩友達だったんですね。

IMG_1688

辛いなぁ。

でもこれからは、お散歩もお散歩友達も全て私は引き受けたから、頑張っていかないと。


最後は、ご近所の恐竜です。
IMG_1708
元はブルーだったのだろうか?

可愛いお顔してます。
IMG_1709

 

あっという間に2月も中旬です。

さて、何から書いたものか。

私は元気です。現状は変わらず、日々相続手続きや、家のメンテや(こう言う時に限って色々不具合が起きる)、日常の雑務や二頭の世話に追われています。

タスは元気です。

ストームは、日曜の夜、突然後ろ足が動かず、立ち上がれなくなってしまいました。 

数分後に復活しましたが、2月10日シャンプーに出した時、グルーマーさんに「最後立っていられずへたり込んでしまった」と言われたのです。

その時は単に疲れたからだろうと思っていました。

でも、1週間後にまた同じことが起こったと言うことは、絶対どこか悪い。

月曜日に獣医さんに連れて行きました。
IMG_1717
歩く状態の観察を含めて触診に10分はかかったと思う。

先生曰く、「首に問題があるようです」

私、「首???」(足じゃないんだ?)

首から脊髄にかけて痛みがあるようだと言われました。


全く気が付かなかったよ。ごめんねぇ。
IMG_1304


レントゲンやMRIを撮らないと詳しいことはわからないのですが、最善(?)で椎間板ヘルニア、最悪は骨のガンだと言われましたよ。

とりあえず、痛み止めと神経の炎症止めを2週間投薬して様子をみることになりました。


あと、運動制限がかかりました。

デイケアはしばらくお休み、お散歩は行きますが、激しい遊びはNGです。

「兄ちゃんと遊べない・・・」
IMG_0890

もうシニアの域に入ったし、これから色々あるのは百も承知です。

でも、頼むから今はまだやめて。

母ちゃんのライフはほぼゼロ、朝起きて夜寝るまで生きているのが精一杯なんだよ。

ストームが悪い病気だったら、母ちゃんの心臓は張り裂けてしまうわ。
IMG_1705

これから本当にどうなるのかな。

でも、心配してもしょうがない。何があっても、私一人で対処していくしかありません。

ストームのために最善を尽くします。


最後は朝の散歩で見かけた4頭引き。
IMG_1718



何度も書こうと思ったのですが、なかなか筆が進みませんでした。

私も二頭も元気です。

先週、友人が海に連れて行ってくれました。
IMG_1664
実は我が家は海のすぐそばに建っていて、5分も行けばガッツリ海なのですが、今回は少し遠出しました。

と言っても、30分ぐらい。

ホラー映画に出てきそうな遊園地。
IMG_1665

隙間に落ちないよう必死に歩く私
image000000

気分転換になった・・・かなぁ。
IMG_1670

 ビーチをひたすら歩いて、色々な話をしました。
IMG_1663
友人も最近、結構辛いことがあったのですが、

結局、人間は生きている限り、生きていかねばならない
IMG_1667
という結論に達しました。(当たり前?)

あと10日で5ヶ月経ちます。

相変わらず諸々の手続きに追われる日々。

一人の生活に慣れない。

辛さも全く変わリません。

でも、確実に時間は過ぎて、また季節が変わっていくのです。
IMG_1618

とりあえず、この二頭がいる限り、
IMG_1621
飼い主の責任を全うしなければ。

夫が亡くなってから、二頭との関係性にも色々苦労がありましたが、今はなんとか持ち直しました。

この話はまた後日書こうと思います。

 

寒波

寒くなりました。
IMG_1602
先週末まで飛んでいた蚊は今どこに隠れているのだろう?

フリーズしないように植栽カバーしているお宅が多いです。
IMG_1593

二頭は元気です。寒いと匂い嗅ぎの熱量が上がる!
IMG_1595

タスさん、鹿の大群発見。
IMG_1596

家族でしょうか?
 IMG_1599
車に気をつけてねぇ。


さて、明日で夫が亡くなって4ヶ月になります。

かなり進みましたが、いまだ諸手続きと格闘しつつ、日々の生活に追われています。

まだまだ光の当たる場所は見えませんが、周りの人たちに助けられて、何とか前進しています。

日本からも沢山の皆様にはご心配いただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

もう少しマメに近況報告をできたらなぁと思っているのですが、なかなか筆が進みません。

これから少しずつ、書いて行けたらと思います。


手始めに、よく聞かれるので、今後の身の振り方について。

ノルウェーに帰ることはありません。ノルウェーという国には、お世話になったし、これからもお世話になるのですが、あそこには2度と住みたくないのです。

日本かアメリカかの二択ですが、今は正直全くわかりません。

今はもうアメリカに住み続ける理由はないのですが、「じゃ、日本に帰るわ」と簡単にはいかない。また、面倒な手続きを踏まねばなりません。

どちらに住むにしても、メリット・デメリットが沢山あって、それをよく考えて決めようと思います。

まだまだ、そこまで考えが及ばないというのが真実で、考え始めると現実逃避したくなるので、もう少し先延ばしにしようと思います。

今は、二頭とこの寒い日々を丸まって過ごそうと思います。

酷い格好ですみません。でも、暖かいのですよぉ。
IMG_1584

最後は、恒例のスィーツ
IMG_1586

辰年なんだなぁ。
IMG_1587

 

記念日

昨日(1月5日)は結婚記念日だったのです。

一人だったら耐えられなかったと思う。

でも、友人夫妻が居てくれたおかげで無事乗り越えられました。


お花が届いたのです。
IMG_1545
全く予想していない出来事だったので、驚きました。

まさか、夫が天国から?と一瞬だけ思ってしまいましたよ。

実は去年の私のバースデーにも、入院中の夫からお花が届いたのです。

亡くなってからPCの履歴を見たら、私のお誕生日の二日前、救急車で運ばれた日の午前中にオーダーしていて涙が出ました。


それはともかく、私たちの結婚記念日を覚えていてくれるのは、この世界で一人と一頭だけ。

「私よ
1701052895667
結婚記念日とベルちゃんのお誕生日が同じなのです。

ベルちゃんは14歳になりました。

今でもしっかり自分の足で立ってお散歩も行ってます。

目指せサンディ

これからもベルちゃんが穏やかに過ごせる日々が続きますように。


今日はお花が綺麗に開きました!
IMG_1566
ベルちゃんママ、どうもありがとう!



ちなみに・・・

「年末にベルと散歩していてふと浮かんだんですよ。結婚記念日にだれかクミちゃんにお花を送ってあげてくれないかなぁ、っていう夫さんのお顔が。」

あらら、日本まで頼みにいくとは

おかげさまで綺麗なお花が届きましたよ。

貴方のいない30回目の記念日は、優しい友人と二頭と花とたくさんの思い出と共に静かに過ぎて行きました。
IMG_1417


 

新年

明けましておめでとうございます。

ヒューストンの年明けは雨でした。

友人夫妻が朝はお雑煮を作ってくれました。
IMG_1488

 奥様のご実家風、ゼンマイ入りです。

わざわざ持ってきてくださいました。
IMG_1487
 下処理に二日。手が掛かるものなのですね。

お昼にはおせちを準備してくれて、
IMG_1490

美味しくいただきました。
IMG_1491

昆布巻き以外は、全て現地で調達した、限られた材料で工夫して作ってくださいました。

こちらも下準備に二日。とても美味しかったです!

前回ちゃんとしたお節料理を食べたのは、いつだったろう。

覚えていないほど昔です。

夫が存命だったら、私はここでお節をいただくことは無かったのだなと思うと、少々感慨深いです。

二頭がとても二人に懐いていて、嬉しい。IMG_1492

タスが旦那様の足の下に入るのです。
IMG_1494

いつも父ちゃんの足の下にいたものね。
IMG_1493
安心するのでしょうねぇ。

これが出来るのも後五日と思うと、とても切ないです。

この子達にはとても可哀想な思いをさせていると思うのですが、

私にはどうすることも出来ない・・・

本当にごめん。
IMG_0216
2024年が穏やか年であればいいと願っています。

2023年

いよいよ2023年も終わりですね。

28日に友人夫婦が日本から来てくれました。

食材他もろもろ、沢山持ってきてくれました〜。
IMG_1446

二頭も大喜びです。
IMG_1452

夫へのお土産は猫バス
IMG_1453
天国で笑いながら喜んでいることでしょう。

毎日話を聞いてくれて、
IMG_4133

一緒にお散歩してくれて、
IMG_1454

その上、三食ご飯を作ってくれて、
 IMG_4220

友人撮影。映え画像っていうのはこうやって撮るんですね。
 IMG_4146

私は今、少し楽しいです。

全てが変わった8月13日、あの日から今日まで、楽しいと感じたことは一度もありませんでした。

どんなに明るく晴れた日でも、私の目に映る世界は灰色で、何もかも無味無臭。

ただただ、辛いだけでした。

でも、今少し楽しいと思えるようになった事が嬉しいです。


決して私の悲しみが癒えたわけではなく、辛さが減ったわけでもありません。

彼女たちが帰ったら、また孤軍奮闘の日々、これからも決して楽ではないと思います。

IMG_4237
でも、頑張っていかなければ。

今はまだ絶望の方が大きいけれど、これからこんな風に楽しいと思える事が増えていったらいいなと思います。


2023年は私にとって、人生最悪の年でした。

今でも、この気持ちを言葉に表すことができません。

でも、世界中の友人・知人、夫と私のことを気にかけてくださる全ての皆さんのおかげで、私は今日まで生き延びる事ができました。

本当にありがとうございました。

2024年が明るい年であることを心より願っています。
IMG_4217

ちなみに基本、欧米では日本のような喪中の習慣はありませんので、例年通り新年のご挨拶はさせていただきます。

みなさま、良いお年を。



 

X 'mas

Merry Christmas

お久しぶりです。

私は、生きています。生活は相変わらずです。

二頭は基本元気ですが、ストームがお腹を壊したり、タスが足を引きずったりと小さな不具合が続いています。

獣医さんに連れて行きましたが、どちらも原因不明。IMG_1373


今年は何もしないと思っていたのですが、思い直して12月の初めに飾り付けました。
IMG_1396

確実に時間は経ち、「無理だ、出来ない!」と思っていた手続き、作業諸々、少しずつ片付いています。

でもまだやっと半分行くかいかないかですね。先は長く、光もまだ見えません。


書くといいと沢山の人に言われますが、自分の気持ちは、今もまだ何をどう書いたらいいのかわかりません。どうしても言葉にできないのです。

皆さんにとても心配していただき、心から感謝しています。

相変わらず悲しくて辛いし、今は生きている意味を失っていますが、私は大丈夫です。

この辛い時期を、この子達と耐えて行きます。
IMG_1372
いまだに、父ちゃんが帰ってくると思っているのが本当に可哀想です。


最後は久々のスィーツ
IMG_1371

怖い・・・よく見ると血濡れのサンタクロースです。
IMG_1370



 
このブログは、転勤族で数年ごとに海外を転々としている(アメリカ、サウジアラビア、シンガポール、日本、ドイツ、ノルウェー、アメリカ!)我が家の各国の生活と、一緒に移動している犬達の記録です。 現在登場するのは、ちばわんのHPで犬の募集掲載を担当している私、ちばわんから引き取った「タス」、テネシー州の保護団体から引き取った「ストーム」そしてノルウェー人の夫。二人と二頭が、アメリカ・ヒューストン郊外で暮らす日常を綴っています。 ヒューストン以前は、オーストラリア出身のラブラトールのテディ(2009年7月6日没)、シンガポールのとある道路の穴で5匹の子犬を産み、子犬共々保護したマリア(2014年8月15日没)、ちばわんの預かり犬からドイツ・ハンブルクへの引っ越しを機に家族になったマット(2015年10月21日没)、やはりちばわん出身で元麻薬捜査犬候補、はるばる日本からドイツへやってきた元気(2015年12月22日没)たちの記録です。 私がボランティア活動をしている「ちばわん」にはまだまだ沢山の犬猫が本当の家族を待っています。リンク集の「ちばわん」をぜひご覧ください!日本での預かりボランティア時代の日々は「旧ドイツ犬日記」に綴っています。 募集犬とたまにうちの犬を載せているインスタはこちらです。 https://www.instagram.com/kuminaess/
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ