二日前、マリアさんとお散歩していたらジャーマン・シェパードに襲われました。

襲われたと言っても実害はありませんでしたけれど、でもホント驚いた・・・



森の中を歩いていたら、脇から「ウォフウォフ」吠えながら40kgぐらいありそうなGシェパードが走り出てきて、マリアさんにとびかかりました。

マリアさん、硬直、私は、雄たけびをあげました。

それにひるんだのか、飼い主の呼び声に反応したのかわかりませんが、Gシェパードはマリアさんのお尻の匂いだけ嗅いで去って行きました。

でも、Gシェパードについていたリードがマリアさんの足に絡まって、間一髪で引きずられるところだった。

飼い主は、森の中に居て見えないし、どうやら連れているのは一頭だけではない様子。

言いたいことは山ほどあるけれど、安全のためには立ち去ったほうがいいと判断しました。





だが・・・

しばらくして振り返ると、そのGシェパード一行が後をついてくる。

それも、リードついてるけど飼い主は持ってません。

Gシェパード、ブリタニースパニエル、そしてもう1頭黒い大型犬の計三頭、全く統制が取れていません。

あんな事があった後で、よくもまぁそんな行動が取れるものです。

マリアさんはゆっくりしか歩けないので、やがて追いつかれました。



さすがに私たちのそばに来た時は、リード持ってましたけど、過ぎたらまた離した・・・信じられん!

通りすがりにマリアさんの事、指さして何か言うので、「ノルウェー語を話さない」と言ったら、「ハッ!」と言って立ち去って行きました。

ここはノルウェー、基本的にはノルウェー語なわけで、言葉の事はしょうがないと思います。

でも、あの態度ってどうよ??





いや~、久々に心底不愉快な思いをしました。

こんな時、切実に思う、やっぱりドイツって犬先進国だったと・・・

同じ北部ヨーロッパですが、ノルウェーは足元にも及びませんなぁ。




で、もっと酷いと思ったのは、後でわかったのですが、その犬を引いていたのは飼い主ではなくて、ドッグウォーカーだったのです。

もう、開いた口がふさがりませんよ、全く!!!






「驚いたわぁ。」

DSCF2800