スミマセン、また間が空いてしまいました!

今、家の外回りに手を入れていて、毎日重労働で疲れ切ってました。

お知らせページも作り直そうと思っているのに、なかなかできない・・・(泣)






それで、今日はマリアさんの足のことを書きたいと思います。

半年ぐらい前だと思いますが、マリアさんの右後ろ脚の関節が腫れているのを発見しました。

その時、診てもらった獣医さんの診断は、脂肪か水が溜まっているということで、

「悪化しないようなるべく安静にするように」と言われました。



でも、この先生はマリアさんのかかりつけではないので、その後かかりつけの獣医さんにも診てもらったのです。

診断は同じ、でもアドバイスは全く逆で、

「動かないと筋肉が退化するから、歩いたり走ったりさせろ」と言うのです。




DSCF2369






当のマリアさんは、痛みは全く無いようで、歩いている姿を見ても以前と何ら変わりません。

でも、フローリングの上を歩く足音を聞くと、足が悪いのが明白です。




テディも足に骨肉腫ができたので、それが一番心配だったのですが、腫れた部分は動くし、柔らかいのでそういった腫瘍ではないであろうと言う事でした。

でも、詳しい事はレントゲンを撮ったり、サンプルを取ったりしないければわかりません。

最悪の場合は手術ですね。

でも獣医さんは、「この年(推定15歳以上)のマリアさんに麻酔はかけたくない」、と言います。

私も同感です。




DSCF2371





この半年で腫れは少し大きくなった気がします。

これからもっと悪化するのかな?

歩けなくなったらどうしよう・・・

とにかく痛みが出ないように祈るばかりです。




で、せめてこの状態を維持するよう努力したいのですが、どちらの獣医さんのアドバイスに従ったらいいのでしょう??

どちらも一理あると思うのですが、やっぱり椅子の飛び乗り・降りは止めさせた方がいいですかねぇ。


実は、マリアさんは人に介助されるとパニックになって、とてもストレスを受けるたちなのです。

なので、非常に悩みます・・・




DSCF2313