昨日のお散歩の出来事ですが、雨を避けるため、森の中に入っていきました。

すると先客が・・・




マットは他犬注意なので、避けるために少し道をはずれました。

そのワンちゃんはテディに近づいてきて、匂いかいだりしています。




私はさらに森の中に進もうとすると、飼い主のおじさんが何やら私に向かって叫んでる。

まるでチンプンカンプンなので近くに寄って聞いてみると、

「ここから先は野生動物が住んでるから犬は入っちゃ駄目だよ。」

とのこと。





近所にそう言うスポットは沢山あるので別に驚かないのですが、彼が連れていたの犬が見事なので、

「このワンちゃんは何犬ですか?」

と聞いてみました。

以下、飼い主さんとの会話。






ブリタニーだよ。猟犬なんだ。」(すごいだろ!)

「へ?、こんな場所で猟するんですか??」  (馬鹿にした質問・・・

「君はいったいどこに住んでるんだい?ここは猟場だよ。」  (ムッとする

「ひょえ?、何を狩るんですか? 鳥? ウサギ??」  (さらに舐めきった質問

「Wild pigだよ。」  (どうだ驚いたか?)

「えっ、野生の豚?」  (何それ? イノシシのこと??)

「とにかくここから先は危険だよ。野生の豚は犬を見ると襲ってくるからね。」

「はい、わかりました・・・。」





なるほど危ないから気をつけろって事だったのか・・・

訳わからんアジアのオバサンに忠告ありがとうございます。

それならと、私たちは一目さんに逃げ帰って来ました。(笑)




だけど、一昨日の鹿といい野生の豚といい、私は何と言う場所に住んでいるのだ。

これがハンブルク中心地から車で30分。

堂々たる通勤圏内だから、ドイツは奥が深い・・・







今日は午後お天気が良くなった!


149fc334.jpg








お馬さんも登場。


c56cb16e.jpg








君もノーリードで歩けたらなぁ・・・


2a2ae98b.jpg