友人の友人のところで子犬が産まれたので見に行きました??。





生後4週間です。


5a4a005e.jpg







黒い子6匹、茶色い子2匹の計8頭です。






彼女がお母さん。


b8764cf7.jpg





全然似てなくて驚きじゃありませんか???

彼女は、コリーとジャーマン・シェパードのミックス。

そして子犬のお父さんは、ドーベルマンなのです!!

お父さんの血を濃く引いたのですね。

う?ん、生命の神秘だ・・・





f2719b7d.jpg



この二頭はちょっとだけお母さんの色を引き継いだようです






さらにアップ!


cea96f92.jpg





かっ、可愛いすぎ???!!

つれて帰りたかった。

残念ながら(?)この仔はもう行き先が決まっています。






黒い仔達も可愛いぞ?!


1067cc27.jpg



fcdac187.jpg



21f6c626.jpg





ちなみにこの子達、計画出産の賜物ではありません。

飼い主さんが、

「ドーベルマンのいる友人の家に行ったら、出来ちゃった・・・」

「1回ぐらい、大丈夫だと思ったんだよねぇ・・・」







甘い!

甘すぎるぞ、飼い主!!


シーズン中の雌犬をわざわざ雄犬のいる家に連れて行くなんて??!!

で、結果として彼(40歳、一人暮らし)は2ヵ月後に9頭の飼い主となったわけです。






今まで1回しか会ったこと無いんだけどさっ、おせっかいな私は聞きまくりましたよ。


「ちゃんと体重測ってるの?」 「いや・・・」

「みんな均等にご飯食べてるか確認してる?」 「別に・・・」

「全員の区別ついてるの!!」 「多分・・・今日はまだ2頭見てないなぁ・・・」

「注射前に外に出しちゃっていいの??!!!」




6062ba18.jpg





ところが獣医さんいわく、

「庭に出すぐらいは大丈夫。

早くから外に出せば、アレルギーになる確立が減るし、危険察知能力の発達も早い。

トイレだってすぐ覚えるよ。」

確かに、ドイツの犬はまず家では排泄しませんからねぇ。





茶色い二頭は新しいお家が決まっています。

黒い2頭は、ドーベルマンの飼い主宅へ。

残りの4頭の飼い主さん募集中です。



f7401668.jpg




なんだかんだ言っても、出産も育児も全部一人で面倒見てきた飼い主さん。

大らかな彼の元で、子犬たちは丈夫にすくすく育っています。

こういう育て方もまた良しっ、でしょう。