やってしまいました。交通違反。

おまわりさんに捕まっちゃったよ。




ドイツ在住で運転される方々、こんな感じです。

参考にしてください。(笑)


今朝は恐ろしい横殴りの雨で視界が悪かったのです。

視界1メートルぐらいかなぁ。

赤信号で交差点に入ってしまいました。あきらかに私の不注意。

そして平行して走ってたのはパトカーだった・・・






さて、警官がやってきて「ナントカカントカ」と言うので、「ドイツ語出来ないんですが。」と言ったら英語で話してくれました。

免許証とIDカードと車の書類を見せろと言われ、それをパトカーに持ち帰って、10分ぐらい待たされたでしょうか。

また戻ってきて、今度は現住所を聞かれました。




そして、

警官:  「赤信号で交差点に入いりましたね。」

私 :  「はい。」

警官:  「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



なが?い沈黙。

おまわりさん二人、穴の開くほど私の顔を見つめています。


なんか変なこと言ったかしら??と思ったけど、ようやく気が付きました。

彼らは私の反論を期待(?)していたのです。




はっきり言っちゃいますけど、ドイツ人って絶対謝りませんから。

自分の非も認めません。

だからこういった場合、当然のごとく、

「私はやってない!」とか「交差点に入る前は黄信号だった」とか、「後ろの車が追突しそうだった」とか、それはもうありとあらゆる手をつくして言い訳するのが普通なのです。

だけど私はあっさり認めちゃったので、おまわりさん達、リアクションにちょっと困ってしまったのだと思います。



そりゃ、あきらかに自分に非が無い場合とか、両方が悪い場合とか、特に交通事故なんかだったら、私だって絶対に謝ったり認めたりしません。

でも今回は120%私が悪い。

警察に止められて、身分照会されて、今更言い訳いたしません。



さらに、すっごい雨で、運転席ビショビショ、雨は助手席まで浸食してくるし、そんな状態で無駄な抵抗いたしません。

十分反省して、謹んで罰金支払わせていただきます。はい・・・。




拍子抜けしたおまわりさん達は「じゃ、バイバイ」と言って、訓示も垂れずに去って行きました。

この話を夫が会社でしたら、交通違反で警官に反抗した武勇伝(?)を山のように聞かされたそうです。

だけど結局、みんな違反取られてます。


だからね、交通違反はしないが一番。

皆さんも、気をつけて運転してくださいね?。




今日の癒し画像!?


5e4630d7.jpg