2023年10月

クラウン

長らく放置してしまいました。

生きる気力を保持するだけで精一杯で、ブログを書く余力がありませんでした。

日々の生活は、アキさんが本当に色々助けてくれて、なんとかやっています。

おかげさまで二頭はとても元気です。
IMG_8350のコピー

ハロウィンが近づいてきましたね。
IMG_1011

今年はこの大きな骸骨が流行りみたいです。
IMG_1050

サンクスギビングにクリスマス、アメリカはこれからホリデーシーズンです。

1人は寂しいなぁ。

広い家で、普段同じ部屋にいることは少なかったのですが、近所に新しいお店ができたとか、ドッグフードの値段が上がったとか、明日は歯医者に行くとか、そんな些細な会話をする相手がいた日常が、どれほど幸せだったのかということを、今私は噛み締めています。

一人暮らしに慣れなければ、一人で二頭ちゃんと面倒見ていかなければ、しなければならない事は山積みで、たまに絶望するけれど、これが私の運命だったのだから、受け入れていかねばなりません。

生きていくって本当に大変ですね。


ナマケモノだ。可愛い。
IMG_1213


一昨日、歯医者さんに夫のクラウンを取りに行ってきました。

入院中に出来上がったと連絡があったのです。

思い出に欲しいと伝えたら、
IMG_1214
カードもいただきました。

優しさが身に染みます。

夫は仮歯のまま逝ってしまいました。

これは大切に持っておきます。とても奇妙で、お高い思い出の品になりました。



3週間と少し

時間が経ってしまいました。

ブログを書く気力が全く出ませんでした。


毎日辛いです。

悲しさ、寂しさ、後悔に疑問、悔しさ、そして不安、全てが混ざって、ただただ辛いの一語に尽きます。

そして、追い討ちをかけるような事ばかり起こります。

タスの具合がまた悪くなりました。

また獣医さんに行って同じことを言われ、同じ薬を今度は倍量処方されました。

ストームの具合も少々悪くなりました。

幸い現在、二頭は回復しつつあります。

タスの3度目がないことを切に願います。



私は、圧倒的に難しいアメリカの事務手続きに頭が爆発寸前です。

家の不具合勃発、その上、火アリに刺されたり、背中を痛めたり、もう踏んだり蹴ったりです。

人間って、こういう経験をして、うつ病になったり、自殺を考えたり、宗教にはまったりするんだな、と言うことがよくわかりました。


2週目の週末、もう耐えられないと思い、友人に連絡しました。

夫が亡くなってすぐ、「クミさん、行きますよ!」と言ってくれた、ちばわんのアキさんにです。

犬が4頭いるし、お仕事もあるし、当初は遠慮していたのですが、もう限界で一生に一度のお願いをしてしまいました。


昨日(9日)に到着して、ひと月近く滞在してくれます。

アキさんは、日本時間に合わせて(こちらの夜7時から明け方4時まで!)リモートワークをこなしつつ、二頭の世話と私の食事を作ってくださると言う超人的な働きっぷりです。

本当にありがたいです。感謝してもしきれません。


ただね、辛いのはやはり変わりませんでした。

それとこれは別なんだと言うことがよくわかりました。

この辛さは、私が、自分1人で乗り越えていかなければならないのだと言うことなんですね。


今、前向きなことは書けません。

でも、私は生きています。

夫の遺志を継いで、残された者の務めを全うして行きます。

アキさんと、ここで助けてくれる友人・知人、夫の会社の人たち、そして日本で心配してくださる皆さんの助けを借りて、今はそのチカラを蓄えたいと思います。

IMG_1060


このブログは、転勤族で数年ごとに海外を転々としている(アメリカ、サウジアラビア、シンガポール、日本、ドイツ、ノルウェー、アメリカ!)我が家の各国の生活と、一緒に移動している犬達の記録です。 現在登場するのは、ちばわんのHPで犬の募集掲載を担当している私、ちばわんから引き取った「タス」、テネシー州の保護団体から引き取った「ストーム」そしてノルウェー人の夫。二人と二頭が、アメリカ・ヒューストン郊外で暮らす日常を綴っています。 ヒューストン以前は、オーストラリア出身のラブラトールのテディ(2009年7月6日没)、シンガポールのとある道路の穴で5匹の子犬を産み、子犬共々保護したマリア(2014年8月15日没)、ちばわんの預かり犬からドイツ・ハンブルクへの引っ越しを機に家族になったマット(2015年10月21日没)、やはりちばわん出身で元麻薬捜査犬候補、はるばる日本からドイツへやってきた元気(2015年12月22日没)たちの記録です。 私がボランティア活動をしている「ちばわん」にはまだまだ沢山の犬猫が本当の家族を待っています。リンク集の「ちばわん」をぜひご覧ください!日本での預かりボランティア時代の日々は「旧ドイツ犬日記」に綴っています。 募集犬とたまにうちの犬を載せているインスタはこちらです。 https://www.instagram.com/kuminaess/
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ