2021年01月

ワクチン

突然ですが、

Mac BookのタッチIDを右手の人差し指にしてるんですけど、 

火傷して以降、反応しなくなってしまいました。

もう傷は治っているのに、何故なんだ?

指紋って一生変わらないんじゃなかったんですか???



さて、昨日買い物に行ったのですが、

車から降りたら、何かある。
IMG_6376

近寄ってみたら、何と・・・
IMG_6377
ケーキでした

なななな何で

6と9って69歳ってことですか

そしてケーキの文字

「Virgin(バージン)」に斜め線ですよ。怖っ〜〜


これ、捨てたのでしょうか

それとも忘れ物

まさか、このスーパーの駐車場でお誕生会でもしたのか

一体何が起きたのでしょう

このケーキを巡るドラマがとても気になりますが、どうみても普通ではない

怖いです・・・




そして、今日は病院に行ったのですが、せっかくなのでコロナワクチンのことを聞いてみました。

私がかかった先生は、2週間前に1度目を接種、あと1週後に2度目を受ける予定だそうです。

筋肉注射なので、数日痛みは残るけれど、コロナの症状は何も出なかったとのことで、「接種を強く勧める」と言うことでありました。

私の周りの人(高齢者を含む)は皆、「受けない」と言っていると話をしたら、

先生の患者さんの一人の話をしてくれました。


70過ぎのご婦人で、酸素吸入しないと生活できないので、感染したらほぼ即死(先生曰く)だろうと言う方なのですが、

「ワクチンの中にはナノ・チップが入っている。政府が国民を監視するためよ。だから私は絶対受けない」と言っているとか。

ちなみに、この方は至って正気で認知症ではないとのことです。

IMG_6370

これ、自分で考えたわけではなく、誰かが吹き込んだんですよね。

何なんでしょう、この状況。

面と向かってこんな話されたら、凄く対応に困るわ・・・


で、笑い話として、これを夫に話したら、

「いや、社内でもあの人とあの人とあの人はその話を信じると思う。それぐらいマニアックな人間が多い。」と、真顔で返答されました。


嫌だなぁ。なんか急にアメリカ生活が怖くなってきましたよ〜。

今までは、「大変だけど楽しい」と思っていましたが、段々SFかホラー映画かと言う感じになってきたような気がします。

だけど、今はどこにも逃げ場がありません。

ここで戦い抜くしかない

何とか生き延びたいものですわぁ。
IMG_6039


 

ボール遊び

寒いですが元気です、特に二頭が。
IMG_6366


ボール大好きストームさん
IMG_6361

 人が投げる前、待ちきれなくて体のパーツ全てが伸びる
 IMG_6362
50%のラブの血が騒ぐのか

タスもボールは好きですが、
IMG_6357
ストームのあまりの興奮ぶりに、毎回引いてます。

「痛っ!」
IMG_6364
なので、たまにストームを家に入れてから、タスだけボールで遊ばせることがあります。

「僕のボール
IMG_6365

家の中でストームは盛大にキュンキュン言ってますけどね。

「不服〜
IMG_6324
たまにはいいじゃないの。

最後は、人工芝を突き抜けて生える雑草?
IMG_5301
凄い生命力だ



水際対策

新年早々放置してしまいました!

人間も犬も元気です。
IMG_6348

緊急事態宣言後の東京はどんな感じでしょうか?

私は海外在留届というのを出しているのわけですが、(海外在留が3ヶ月以上の場合、最寄りの大使館・領事館に提出する必要があります)最近外務省から毎日何通もメールがきます。

主に、水際対策措置(日本入国)情報ですが、テキサス州は早々にコロナ変異種が発見されたので、入国条件が厳しくなりました。

結局、緊急事態宣言が出されて全ての外国からの入国が厳しくなったわけですが、現在、日本に入国するには、出発72時間前以内のコロナ検査の証明書を提出しなければなりません。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置


さらに検査証明書にはフォーマットがあります。

有効な「出国前検査証明」フォーマット

それはいいのですが、このページの最後の文章、「自分の国で検査できないなら他の国でやって」は厳しいなぁと思いましたよ。

今、国家間の移動は難しいです。

移動できたところで、無症状の外国人に簡単に検査してくれるところはあるのでしょうか?

とても難しいと思います。結局、そういう人は帰国を諦めろということです。



外務省の役割の一つは、「海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全」です。

でも、この状況下ではそんな事言っていられないのですよね。

それはどこの国でも同じ事で、人が行き来を遮断しない限り状況を改善することはできないのだと思います。


コロナはどこまで世界を変えるのか?

自分が生きているうちに以前のような世界に戻るだろうか?

また人と会う生活ができるのだろうか?

と、柄にもなく真剣に考えた数日でした。


最後は、ストームで暖を取る父ちゃんと
IMG_6312

「何やってんの、このオジサン?」のタス
IMG_6315



厄落とし

明けましておめでとうございます!


IMG_6331

こちらは昨晩のNYの画像です。
IMG_6333

テキサスはこれから1時間後、
IMG_6332
カリフォルニアに至っては、3時間後に年があけるのです。

同じ国なのに、前年と新年が同時に起きてるって、本当に不思議な感覚。

時差のある国の人には当たり前なんでしょうが、私はいまだに慣れません。


さて、2021年第一弾は、アメリカンスィーツからです
IMG_6321

新年パーティー用みたいですけど、
IMG_6320
パーティーやっちゃいけないんだからね

2021年も極彩色で訳わからない物がのっているアメリカンスィーツを
IMG_6323
ご期待くださいませ〜

だけど、このカップて何なんだろ?
 IMG_6322
お酒用?それとも花火用でしょうか??


ちなみに私は30日の夜中に体調を崩し、大晦日に急遽通院しました。
IMG_6325
ただいま検査結果待ち中です。

夜には年越し蕎麦を作っている時に火傷した。
IMG_6335
冷やしても冷やしても痛いので、以前、友人が日本から持ってきれてくれた冷えピタを貼ったのですが、今日は見事に水膨れになりました。とほほ

散々な大晦日であったわ

でも、これで2021年の厄は落ちましたよね


今日は、中身を出してしまいましたが、これを並べて、
IMG_6336

なんとな〜く、お正月気分を味わってみました。
IMG_6338
インスタ映えゼロの盛り付け
 
そして、お昼から飲んだくれました。
IMG_6339
実にいいお正月だ

そんな訳で、二頭ともども
IMG_6307


 
このブログは、転勤族で数年ごとに海外を転々としている(アメリカ、サウジアラビア、シンガポール、日本、ドイツ、ノルウェー、アメリカ!)我が家の各国の生活と、一緒に移動している犬達の記録です。 現在登場するのは、ちばわんのHPで犬の募集掲載を担当している私、ちばわんから引き取った「タス」、テネシー州の保護団体から引き取った「ストーム」そしてノルウェー人の夫。二人と二頭が、アメリカ・ヒューストン郊外で暮らす日常を綴っています。 ヒューストン以前は、オーストラリア出身のラブラトールのテディ(2009年7月6日没)、シンガポールのとある道路の穴で5匹の子犬を産み、子犬共々保護したマリア(2014年8月15日没)、ちばわんの預かり犬からドイツ・ハンブルクへの引っ越しを機に家族になったマット(2015年10月21日没)、やはりちばわん出身で元麻薬捜査犬候補、はるばる日本からドイツへやってきた元気(2015年12月22日没)たちの記録です。 私がボランティア活動をしている「ちばわん」にはまだまだ沢山の犬猫が本当の家族を待っています。リンク集の「ちばわん」をぜひご覧ください!日本での預かりボランティア時代の日々は「旧ドイツ犬日記」に綴っています。 募集犬とたまにうちの犬を載せているインスタはこちらです。 https://www.instagram.com/kuminaess/
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ