ヒューストン犬日記

2017年10月

さらに寒くなりました。

日曜日は朝7度、今日は10度ぐらいかな。

相変わらずお天気は良いです。
DSC00711

快適なり。
IMG_2015

日曜日に二頭をペットサロンにシャンプーに出したのですが、

こんな画像が送られてきました。
523bfcd6-a902-48f7-b1d4-fc1e1ca2d76d
ファッションマガジン風。(笑)

表紙のモデルさんは、かなり不機嫌なご様子ですが、怖くて固まっているのです。

短毛ですしシャンプーは自宅でできるのですが、1~2ヶ月に一度連れて行ってます。

特にタスの場合ですが、爪切りが怖い!

最初はブラシを見ただけで逃げ回るほどの怖がりだったので、私がお手入れをするとトラウマになると思い、プロに頼むことにしました。

初回はドライヤーが怖くてパニックになったそうで、それ以降はタオルドライでお願いしています。

ちょっと手のかかるお客さんですね。

そんなタスを、いつもきれいに仕上げてくれるグルーマーさんに感謝です!



爪切りと言えば、苦い思い出があるのですよねぇ。

最初、マットの爪は私が切っていました。
2014_1207(003)
嫌がるのを脅したりすかしたりしながらです。

でも、やがて口がでるようになりました。ドイツでの話です。

それで、獣医さんで切ってもらうことにしたのですが、大暴れするので口輪装着の上、看護師さん二人がかりで押さえつけて先生が切るという感じで、はたから見るともう虐待・・・

病院中に響き渡るほどの音量で抗議の鳴き声を上げていました。

それで、マットのメンタルが改善するわけがありません。

足先を触るだけで嫌がるようになりました。


ノルウェーに引っ越してからは、鎮静剤をうたなければ切れなくなりました。
c81f4799-s
最初に、私がもう上手くやっていれば、ここまで嫌がることはなかったのではと思います。

とても可哀そうなことをしました。

それで、同じ轍を踏まないようにと、タスは最初からプロにお任せすることにしたのです。

幸いタスはおとなしくしているようで、爪切りは「全く問題ありません」とのことなので、これからもお願いしようと思っています。

ストームの方は、爪切り問題ありません。
IMG_1682
でも、黒いので加減が難しい・・・

前足に1本、後ろ脚に2本、ピンクの爪があります。
IMG_1684
白毛ワンコの血が入っているのでしょうね。面白いです!


朝起きたら12度。

急に寒くなりました。

ヒーターつけたら、すかさず登場のストーム。
DSC00742
寒いの嫌だよね~。

すっかり「テキサスっ子」になりました。

お天気は良いので、日中気温があがりましたが、湿度が低いので快適です。
DSC00741
いい季節の始まり。

ヒューストンに来るな今ですよ。皆さん!

さて、先日スーパーで秋の味覚を発見。
DSC00729

変な形ですが、Moon Drops(月の雫)と言うブドウです。
DSC00730
甘くて、ねっとりしていてなかなか美味しいのです。

日本でも売っているかな?

こちらはハロウィン用の巨大カボチャ。
DSC00731
後ろのスイカと比較すると、どれほど大きいかわかると思います。

お値段も約50ドル。通常のカボチャの10倍です。

買う人いるのだろうか・・・


続きましては、日本の友人に頼まれて買ったワンコのお洋服です。
DSC00732

「サイズ感見たいからタスに着せてみて」ということで、こうなりました。

「怖い・・・」
DSC00733

「怖いよぉ~」
DSC00739
思いっきり尻尾が下がっております。洋服苦手なんだよね。

でも、可愛い!・・・って、飼い主馬鹿ですね。

ヒューストンでは、洋服は必要ないので、ほとんど着せることがありません。

なので、人間の方は、ファッションショーを楽しませていただきました。


最後は変な姿で横たわるストームです。
DSC00505

割と頻繁に、この姿勢で寝ているので苦しくないのだとは思いますが、
DSC00506

なんかおかしい・・・
DSC00508
体が大きいからなのかな?

こんな姿で寝るお仲間はいますでしょうか?


月末はハロウィンです。

あまり手間とお金をかけずに攻めている家を発見。
IMG_2001

こういうの見ると毎回思うのですけど、
IMG_2002
こういう飾りってハロウィン過ぎたら、家のどこかに仕舞うわけですよね。

翌年開けたら、髪が伸びてた・・・なんてことがありそうで、私はこういうデコレーションは勘弁ですわ。


さて、ヒューストンも秋になりました。DSC00712
影も長くなったなぁ。

近所のお宅に生っているこの実、
DSC00715

いったい何なのでしょう?
DSC00714
最初、グレープフルーツかと思いましたが違うようです。

昨年は、この家の知り合い?のような人たちが収穫していました。

今年は放ったらかしのようです。

一つもらってみようかな・・・なんて。


少し前ですが、初めての公園に行ってみました。

マーキング王子
DSC00695

海沿いです。
DSC00697

色々な匂いがするねぇ。
DSC00700

橋?発見
DSC00701

こういう場所行くと、必ず釣り人がいるんですよね。
DSC00703

何が釣れるのだろう?
DSC00704

気持ち良い場所なので、
DSC00705
BBQをしているグループをいくつか見かけたのですが、

そこに居たワンコが寄ってきました。
DSC00706

果敢な子ですね。(笑) タスですら大きく見える・・・
DSC00707

公園の隅にひっそりとこんなミュージアムがありました。
DSC00694
土日の限られた時間しか空いていないようですが、但し書きを読むと「西原コレクション」も展示されている、とあります。

誰?と思って調べたら、19世紀終わりごろ衆議院議員で同志社の総長を務めた「西原清東」と言う人のコレクションらしいです。

この辺りは「Kobayashi Road」もあるし、日本人多かったのですね。


最後は妙に足長のストームです。
DSC00420
引き渡し編最終話書かなければだわぁ。


ひぇ~、また1週間経ってしまった!


二頭は・・・
DSC00663

元気です。
DSC00665

特にタスが!
DSC00498

もう、なんかエネルギー有り余ってる感じで、
DSC00499

主にはストームですけど、
DSC00500
いつも誰かにちょっかい出してます。

カプッ!
DSC00501

ハミハミ
DSC00502

「母ちゃん、助けて・・・」
DSC00503

どこに居ても、
DSC00077

襲い来る
IMG_0766

魔の手!(笑)
IMG_1910
少しは、独りにしてあげなさいよ~

「嫌じゃ!」
IMG_1740

誰も遊んでくれないと、
DSC00485

独りでヤケおこして、
IMG_0735

寝ながら骨噛むか、
IMG_0734

いじけます。
DSC00242

現在、推定1歳半。

中型なので、人間でいえばティーンエイジャーぐらいでしょうか。

元気でなにより!
IMG_1550
いつか、こんな日もあったなと思うのですよね。

それが、ずっと先であるようにと願っています・・・


日本から素敵な荷物が届きました~

IMG_1958
少し遅めのバースデープレゼントです。

カプアンパパさんが送ってくださいました。ありがとうございます!
IMG_1959
お出汁いっぱいいただきました。お料理頑張らねば!

薄い鰹節のようなパッケージは、ワンコのオヤツで中はこんな感じです。
DSC00692
このまま出されたら私、絶対食べますね。(笑)

酒の肴にいい感じです。


そして、ちばわんのカレンダーも送っていただきました~。

2018年版のカレンダーは、壁掛と卓上の二種類です。

詳しくはこちらをご覧ください。↓ ↓ ↓
7a2530c67b77e73077e4db5980bd2193

実物は想像していた物より、さらに素敵でした。

愛情がいっぱい詰まったカレンダーです。

カレンダーの売上金は、製作費を除く全額を保護した犬猫の医療費など、
ちばわん活動費として大切に使わせていただきます。

よろしくお願いします!




そういえば、お誕生日にこんな可愛い履物もいただいたのでした。
IMG_1955
虫刺されだらけの足ですみません。

陸前高田・南三陸・石巻・東松島の女性たちが作っている「ふっくら布ぞうり」です。

ふっくら布ぞうりの会

先日おろしました。とても履き心地がいいです!

足の指を開くって大切なんだなと実感する今日この頃。

しゅうちゃんありがとね


ストームさん、黒い塊・・・
DSC00678


もうほぼ復活しましたが、めずらしく風邪をひいておりました。

暑いし、あまり人込みに行かないし、風邪ひく要素ないのに不思議です・・・


先週水曜日からまたベルちゃんがお泊りに来てくれました。
IMG_1914

風邪なのに大変だったと思うでしょ?

むしろ癒されました~。
IMG_1814
ベルちゃん、お留守番もできるし、悪戯はしないし、全く手がかからないのです。

二頭は、ベルちゃんがいるといい所を見せようと思うのか(笑)、さらに良く遊ぶので、
IMG_1928

間が持つし、疲れて良く寝るし、
IMG_1931

一石二鳥ですよ。
IMG_1831

相変わらず、パッと見区別がつかないのですけど・・・
IMG_1935

実はベルちゃん一家はラスベガスに行かれていました。

土曜日の夜戻られましたが、あと二日ずれていたら、乱射に巻き込まれていたかも・・・
IMG_1818
本当に理不尽な事件です。

こんな時は、どうやって身を守ったらいいのだろう・・・


最後は、リビングのテーブル下にいた珍客をご紹介します。
IMG_1937
ヤモリの赤ちゃんでしょうか。

昔は、こんなの発見したら絶叫して逃げていましたけれど、
IMG_1938
今は割合静かに叫んでます。(笑)

でも、このままだと二頭がハンティングしてしまうので、夫に外に出してもらいました。

さすがに、そこまではまだ自分一人では出来ません。

これからは、外で家のこと守ってもらいます!


このページのトップヘ