ヒューストン犬日記

2012年08月

海外に住んでいると、「有り得ない!!」と思うことは毎日山のようにあるのですが、でも現地では当たり前の事、と言うケースがほとんどです。

でも、これはどの国でもダメだろう、と思った件を一つ。




スーパーの掲示板を見ていたら、「ネコを探しています」と言うポスターが貼ってありました。

逃げた場所、獣医院・・・

検査で預けている間に脱走してしまったそうです。

まさに「有り得ん」状況ですよ!!





DSCF2256





そこは、私が住む小さな町の中心部に一軒だけある獣医さんなのです。

ノルウェーに来た当初から他の獣医さんに行っていたので、私はたまにマリアさんの療養食を買っていただけでした。

でも近所の人たちは皆行っているようなので、ある日試しに元ちゃんを連れて行ったのです。

建物は古いけどまぁ普通、受付の人も親切で良かったのですが、診察室に入った時点ですぐに「ここに来るのはもう止めよう」と思いました。

部屋が汚いのです。

その上、診察台がIKEAあたりで売っていそうな普通のテーブル・・・






DSCF2257






でも、一番驚いたのはそんな事じゃない!

フィラリアの抗原検査をしてもらいたかったのですが、ここではできないから血液サンプルをドイツに送ると言われ、結果が出たら連絡するからと言われたのです。

その時は、「そうなんだ・・・」と思って、連絡をずっと待っていました。

1週間から10日と言われましたが、2週間経っても3週間経っても何の連絡もありません。

切羽詰まった検査ではないので、私も忘れて、いつのまにかひと月以上経っていました。





DSCF2304





ちなみに、その後かかった病院3軒で確認しましたけれど、どの獣医さんでも抗原検査はその場でできました。

あれは、いったい何だったんでしょう?

忘れちゃったのかな??

でも、ドイツに送ったのなら検査結果は届いているはず、忘れようがないと思うのですが・・・

連絡先だって正しく教えたし、忘れたとしてもノルウェーではネットで簡単に連絡先が調べられます。




DSCF2305





こんな適当な獣医さんだから、脱走させてしまったのですよねぇ。

本当にひどい話です。

この獣医さん、よく潰れないな・・・

ノルウェーの飼い主さんってホント寛容だわ。




DSCF2310



私だったら、こんなの絶対許しませんよ


マリアさんの足腰を守るため、この椅子の足を・・・


DSCF2366





取ってみたのです。

DSCF2547




マリアさんが、これを見てどんな反応するのかと思い、扉の陰からこっそり見ていました。

たっぷり1分、椅子の前に立ってじ~っと眺めておりました。

そしていつも通りジャンプして上がりました。




しばらく落ち着かなかったけれど、ちゃんと寝ましたぁ

DSCF2548



寝てくれたのは嬉しいのだけれど、この椅子、高さ20センチぐらいなのでジャンプする必要ないと思うのですよ。

でも、三つ子の魂百までなのか、いまだに飛び乗り・降りして、勢い余ってちょっとつんのめったりしいます。

う~ん、果たして正しかったのか、この選択・・・(汗)




ジャンプしなくてよい、と教えるにはどうしたらいいのでしょ~~~??


「さぁ・・・」

DSCF2404




「わかりましぇ~ん

DSCF2403




「ほっといてくださる

DSCF2401


はぃ・・・




元ちゃんビックリ!の図(笑)




DSCF2546





昨晩突然雷が鳴った時です。

DSCF2544



可哀そうだけど、笑ってしまった・・・

だけど元ちゃん、カミナリ平気じゃなかったっけ??






さて、突然ですが今日はエルちゃんを紹介させていただきます。

以前、我が家で預かった成犬メスのピント(デル)のいぬ親さんが個人保護されて、新しい飼い主さんを探しています。



elle01



【愛称】エル
【犬種】トイプードル(成犬No2012)
【性別】メス(不妊手術済)
【体重】2.3㎏
【状態】ワクチン5種接種・フィラリア(-)・検便・血液検査済
【人馴】問題なし
【健康】右後肢が不自由


足は三本しか使えなくても元気いっぱい、人間も犬も大好きでいつも明るく楽しいエルちゃん。
本当のご家族を探しています。

詳しくは、ぜひこちらをご覧ください!

↓ ↓ ↓

ちばわん・いぬ親さん募集ページ(成犬メスお手伝い)



よろしくお願いいたします!!!



DSCF2492




昨日、友人が帰ってしまいました。

さみしいよぉ~~~!!!





と言うわけで、記録代わりにこの数日の画像を載せます。




お土産

2012_0814_194133

美味しかったです!





ハノーファー(と、なぜか日本)でしか買えない「ホレンディッシェカカオシュトゥーベ」のバームクーヘンです。

2012_0815_000623

8月15日の0時ちょうどに友人がくれました。ありがと!





ベルゲン名物、Søstrene Hagelinのフィッシュスープ。

soup





相変わらず盛況の魚市場。

DSCF2447





世界遺産ブリッゲン

DSCF2451





美容院前で飼い主さんを待つワンちゃん。

DSCF2457


この日は気温27度ぐらい。暑いよねぇ。

可哀そうです・・・




先日載せた画像はこの山の頂上から撮りました。

DSCF2459





もっと載せたかったのですが、ここで力尽きました。

残りは後日、元気の出たときに・・・





最後はマットの画像です。


友人が塩麹を持ってきてくれたので、焼肉用のお肉を付け込んだのです。




マット君、鼻がいいねぇ~。

DSCF2519


だが・・・





君の顔が向いているのは付け合せのレタスだ!

残念~~~(笑)


今日は私のバースデーでありました~。

ドイツに引っ越してきた2004年から自分の誕生日が晴れだったことが無い(泣)

その上、今年は冷夏・・・

なので、期待していなかったのですが、この夏一番の快晴となりました。

それだけで私は十分嬉しかったのです!





空です。(笑)

DSCF2491




この秋、ドイツから日本に帰国する友人が遊びに来てくれました。

そこでベルゲン観光の後、ウルリケン山に登りましたよ。




山と言ってもこれに乗って10分ぐらい。

DSCF2471




それで、もうベルゲンが一望できます。

DSCF2474




小さい街だなぁ・・・

DSCF2469



これでもノルウェー第二の都市。驚きです。


とにかく、自分の誕生日にベルゲンの街並みを、山頂から眺めているとは夢にも思いませんでした!

人生とは実に面白いものだ・・・





と言う訳で、今日は力尽きたのでここまで。

街の様子はまた後日載せますね。



DSCF2395


沢山の方に祝っていただきました。

今まで生きててよかったです。

本当にありがとうございます!




お盆ですね~。

日本は暑いのだろうなぁ・・・


ノルウェーは涼しいですよ~。


今日はちょっと違ったアングルから撮ってみました。





なんか名犬ぽく見えませんか?

DSCF2411



DSCF2415



DSCF2414


なんちゃって・・・





実際のお坊ちゃまはこんな感じ。いつもポワ~ンとしてます。

DSCF2413





お次はマリアさんです。

DSCF2417





カメラのセッティング変えてみたら、水も滴るいいお鼻に・・・(笑)

DSCF2418





15歳半の貫録。

DSCF2419


参ったか、若造ども!(笑)




最後はマットさん

DSCF2423




なんか爬虫類下から見てるみたいだ・・・

DSCF2422




何やってもお笑い系になっちゃうのはなぜなんでしょうねぇ?

DSCF2421






あとひと月もすれば、この緑もフェイドアウトして行きます。

DSCF2424


北欧の夏は本当に短い!

スミマセン、また間が空いてしまいました!

今、家の外回りに手を入れていて、毎日重労働で疲れ切ってました。

お知らせページも作り直そうと思っているのに、なかなかできない・・・(泣)






それで、今日はマリアさんの足のことを書きたいと思います。

半年ぐらい前だと思いますが、マリアさんの右後ろ脚の関節が腫れているのを発見しました。

その時、診てもらった獣医さんの診断は、脂肪か水が溜まっているということで、

「悪化しないようなるべく安静にするように」と言われました。



でも、この先生はマリアさんのかかりつけではないので、その後かかりつけの獣医さんにも診てもらったのです。

診断は同じ、でもアドバイスは全く逆で、

「動かないと筋肉が退化するから、歩いたり走ったりさせろ」と言うのです。




DSCF2369






当のマリアさんは、痛みは全く無いようで、歩いている姿を見ても以前と何ら変わりません。

でも、フローリングの上を歩く足音を聞くと、足が悪いのが明白です。




テディも足に骨肉腫ができたので、それが一番心配だったのですが、腫れた部分は動くし、柔らかいのでそういった腫瘍ではないであろうと言う事でした。

でも、詳しい事はレントゲンを撮ったり、サンプルを取ったりしないければわかりません。

最悪の場合は手術ですね。

でも獣医さんは、「この年(推定15歳以上)のマリアさんに麻酔はかけたくない」、と言います。

私も同感です。




DSCF2371





この半年で腫れは少し大きくなった気がします。

これからもっと悪化するのかな?

歩けなくなったらどうしよう・・・

とにかく痛みが出ないように祈るばかりです。




で、せめてこの状態を維持するよう努力したいのですが、どちらの獣医さんのアドバイスに従ったらいいのでしょう??

どちらも一理あると思うのですが、やっぱり椅子の飛び乗り・降りは止めさせた方がいいですかねぇ。


実は、マリアさんは人に介助されるとパニックになって、とてもストレスを受けるたちなのです。

なので、非常に悩みます・・・




DSCF2313





可愛いお客様が来てくれました~。




お嬢さんも元ちゃんも大喜びなんだけど、どちらも激しく動くから写真が撮れんよ~!

BlogPaint




DSCF2377



DSCF2381


上の画像なんて、元ちゃんがどうなってるのかわかりませんよね(笑)





普段は比較の対象が、元ちゃんの隣に陣取る大き目二頭なんで気が付かないのだけれど、子供と並ぶと元ちゃん、結構大型犬です・・・

BlogPaint




だから怖がられちゃうこともあるのだけれど、元ちゃん、子供も大好きなんですよね~。

ずいぶん辛い思いをさせられたはずなのに、ずっとずっと人間大好き!





そんな健気な君が好きだよ・・・

DSCF2281



ブログの改装してま~す。

お知らせページは後日リニューアルする予定なので、削除しました。

コメントありがとうございました!

このページのトップヘ