ヒューストン犬日記

2011年11月

無事に戻りました。

デンマークが嵐だったと言う事は、ノルウェーも嵐だったわけで、家に着くと、木が倒れたり、瓦が落ちたり、手すりが落ちたりと大変なことになっていて驚きました。

そんなこんなで少々取り込み中なので、いろいろ詳細はまた後日。




三頭は元気です!

DSCF1056



・・・元気なんですけど、マリアさんの顔に傷が出来ていた~~(泣)




25日にアメリカを発ちました。





ラスベガスから、

DSCF1026






ニューヨークへ、

DSCF1027







そしてロンドンを経由して、

DSCF1028






ハンブルクに到着しました。

ふぅ~、またまた長旅でした。





空港に停めてあった車をピックアップして、アウトバーンに乗り買い物に行って、お友達に会って、短いながらもドイツ満喫。

DSCF1031







翌朝は暗いうちに出発、ついにベルゲンに戻ります!

DSCF1034





1時間強走って、国境を越えデンマークへ。



段々明るくなってきました。

DSCF1037






ここら辺まではまだ大丈夫だったのですが、北上するにつれ暴風雨になり、車が揺れて神経がすり減りました。

それでも5時間弱で到着して、上出来と思っていた私は甘かった・・・




悪天候で今日のフェリーは全てキャンセルとなっていました。(泣)

しょうがないのでフェリー会社が手配してくれたホテルに泊って、明日のフェリーに乗ることにしました。




ここヒルツハルツは、フェリーターミナル以外は何もない土地。

することがないので、海を見に行ったのですが、強風で歩くどころか立っていることすらできません。

だけど同じことを考える人たちは居るもので、他にも家族連れが海辺に来ていたました。



DSCF1046




そこでお母さんから手を離した10歳ぐらいの子供が風にあおられて、海に入り流されそうになってしまいました!

焦りましたぁ。

お父さんが引き戻しましたが、もし高い波が来ていたら、二人とも飲まれていたかも・・・

こんな強風を経験したのは生まれて初めてですが、風を舐めてはいけない、と痛感です。




ちなみにお天気の方は夜になっても、一向に改善の兆しがありません。

明日のフェリーが心配です。




旅にトラブルはつきもの。

でもやっぱり、私ってなんかトラブル体質な気がする・・・(泣)


ラスベガス・・・

その昔はギャングが仕切るカジノ街でしたが、今は世界中から老若男女が集まる一大エンターテイメント・シティです。






DSCF1016


DSCF1019






街の中には、シーザーから・・・

DSCF0992




各種の魚が泳ぐ水槽や、

DSCF0993




ゴンドラや、

DSCF0999






仏陀など・・・

DSCF1015




他にも、ピラミッドや、エッフェル塔や、自由の女神や、宝島などなど、観光客のお金を吸いあげるためのありとあらゆるアミューズメントが無秩序に存在する街です。

私はこの悪趣味な街が大好きで、もう数えられないぐらいよく来ています。





思えば自分は、こういう全て人間が作り上げた罪深き造形美、

グランドキャニオンのように、人知を超越した宇宙的な美しさ、

そういう極端な物にとても引きつけれられるようです。



だから旅行の行き先もそんな風な場所ばかり・・・






この建物の中に入って見たい!

DSCF0987





ちなみに私は、ギャンブルはほとんどしないので、某製紙会社の元会長のように大勝することも、大負けすることもありません。

お金持ちはとことん優遇されるこの街、リムジンでVIP専用の入り口に乗りつけてみたい気もしないでもないですが、ギャンブルなんて負けて当たり前。

借金の穴埋めにしようなんて言うのはもってのほかでしょう。






と言う訳で、約3週間におよんだアメリカの旅も今日で終わり、明朝ハンブルクへ向かいます。

ヨーロッパ寒いらしいです。

ガッツリ装備して行かなければ!!




続きです。




最後はグランド・キャニオンの東の端、デザートビュー・ポイントまで来ました。

DSCF0948





ここからは、渓谷とカラー砂漠の両方が眺められます。




前回載せたコロラド川の行く先(?)が砂漠です。

DSCF0953




DSCF0956






360度見渡せるウォッチタワー

DSCF0968


グランド・キャニオンは日の出と日の入りを眺めるのが大人気なのですが、ここは人気ポイントで、日本人のツアーバスが何台も来ていました。





雲が被って残念!

DSCF0966





さて、20日に最終目的地のラス・べガスにやってきました。




十数キロ先から、もう街が見えます。

DSCF0970






砂漠にそびえるビル群、究極の人工の街・・・

DSCF0971






空港は街のすぐそば。

DSCF0973





明後日ハンブルクに向かいます。

ちなみに明日はサンクスギビングデーです。

ターキー食べなきゃ!



土曜日にグランドキャニオンに行きました。




DSCF0914






今回はブライト・エンジェル・トレイルを少し下ることにしました。

DSCF0915






ここが始まり。

DSCF0916






どんどん渓谷を下りていきます。

DSCF0927






日陰は道が凍っていてかなり怖い・・・

DSCF0923






青い鳥発見!

DSCF0924






どんどん降りる・・・

DSCF0933






上を見上げるとこんな感じです。

DSCF0932


帰りは大変でした・・・





その後は、崖の上から眺めのいいスポットを廻りました。

DSCF0937




DSCF0939




DSCF0944






コロラド川

DSCF0946





またまた長くなったので、続きは後日・・・





昨日フェニックスを発ってグランドキャニンノンの玄関口、フラッグスタッフに来ました。



途中、セドナに寄りました。


DSCF0887



セドナは磁力が集中するパワースポットとして知られている場所です。

地球のエネルギーを感じることが出来るそうな・・・





こんな感じの所です。

DSCF0875





強力なパワースポットの一つ、ベルロック。

DSCF0877


土が赤いのは鉄分を多く含むからだそうです。





こんな感じの岩山が沢山あります。

DSCF0888

DSCF0890

DSCF0911



この岩山群の一つはディズニーランドのアトラクション、サンダーマウンテンのモデルになっていすそうですよ。

言われてみれば、よく似ています。




地形を利用して建てた教会もあります。




ホーリー・クロス教会

DSCF0899





裏側が入り口で、

DSCF0892





内部はこんな感じです。

DSCF0895





こんな景色を眺めながら祈りをささげると、さらに神聖な気持ちになりそうです・・・

DSCF0893





エネルギーを感じたか?と言われれば、う~ん、と言わざるをえませんが、何故かここなら住んでもいいなぁ、と強く思いました。




フラッグスタッフについて、今日はグランドキャニオンに行きました。

それはまた後日。


昨日、ロスアンゼルスからアリゾナ州の首都フェニックスに来ました。





フリーウェイを東に向かうと、

DSCF0781






こんな物があったりする・・・

DSCF0783






ゴルフで有名なパームスプリングスを通ります。

DSCF0789






この辺りは風強い地域で風車が沢山!

DSCF0785






ドイツのアウトバーンを彷彿とさせます。

DSCF0786






アリゾナ州に入るとどんどん砂漠っぽくなります。

DSCF0797






今日は、アパッチトレイルへ行きました。

カウボーイや、アメリカ先住インディアンなどが通った歴史的な街道です。





最初はこんな風に舗装され道でいろいろな建物があるのですが・・・

DSCF0810


DSCF0811


DSCF0812






どんどんワイルドになって行きます。

DSCF0830


DSCF0838



画像で見るより道路は荒れています。

とても怖かったです。普通の乗用車では行くのはお勧めしません!!






周りはサボテンがわさわさ生えていて、まさに西部劇。

DSCF0842






サボテンダー・・・

DSCF0821






面々と続く荒野・・・

DSCF0831






でも綺麗な湖も幾つかあります。

DSCF0844






湖の終わりはルーズベルト・ダムです。

DSCF0848





ダムの裏側

DSCF0854


今のダムは1996年に改装した物だそうですが、オリジナルのダムは1911年に作られました。

1905年から1911年の建設時、41人もの方のが工事中に命を落とされたそうです。

過酷な作業だったのですね・・・





改装時に作られた橋です。

DSCF0850


これを渡って戻ってきました。






最後はショッピングモールで見かけた子犬です。

DSCF0865




アメリカでは州によってペット販売に関する法律が違います。

アリゾナは店頭販売OKなのですね。

他にも沢山の子犬が居ました。

なんとも複雑な心境ですが、とにかく皆幸せになることを願うばかりです・・・


今はこちらの朝が日本の夜中なのですが、朝起きてPC開けたら子犬の掲載依頼が沢山来ていました。




この仔たちです♪

img_1205301_35637791_9[1]
 
真ん中はお母さんです。






どこがどうなっているのやら・・・

img_1205301_35670211_4


(画像は預かりさんのブログからお借りしました)





もう可愛すぎて悶絶です。(笑)

この仔たちはセンターから引き出しの母犬エリーゼちゃんから生まれた10頭です。

本来なら生まれなかった命・・・

たとえ生まれたとしても処分されてしまう運命だった命です。



今、生きる道を与えられたこの仔犬たちが、生きられなかった同胞の分まで幸せに長生きしてくれることを切に願ってやみません。




詳細はこちら → ちばわん


子犬ちゃん達のブログはこちらです。

肉球ハウス 陽だまりのある場所





さて、またパブリックコメントに関するお知らせがあります。


先日行われた環境省による動物愛護法に関するパブリックコメント募集、第二弾が始まりました。



環境庁のお知らせページは以下です。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14414

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14412





今度は、以下のような保護犬・保護猫たちにとってさらに重要な検討課題が並んでいます。

・自治体の収容施設(動物愛護センター)の運用について
・殺処分の方法について
・持ち込み動物の引取りとその後の対処について
・犬のマイクロチップの義務化
・犬猫の不妊去勢の義務化
・地域猫の繁殖制限



ちばわんでは、前回同様、意見提出用紙を制作する予定です。

また12月7日までのいぬ・ねこ親会の会場でパブリックコメントを集めるコーナーを設置する予定です。

詳細は明らかになり次第また載せます!










前回の続きです。


ゲッディセンターには何故かこんなサボテンの展示もあります。

DSCF0747




そこでハミングバード発見!

DSCF0753




DSCF0756



あの特徴のある飛び方、ホバリング飛翔と言うのですね。

すごい音で驚きました!






高台なので、街が一望できます。

DSCF0746



DSCF0749



フィヨルド王国(?)ノルウェーに居るので、こいう平地の眺めは本当に久しぶりです。

なんか深呼吸したくなる・・・(笑)






さて、夜でちょっと画像が今一つですが、こんな所にも行きました。

DSCF0768


ペット用品のチェーン店です。





先週末は猫のお家探しキャンペーンで、彼らが新しい家族を待っていました。

DSCF0770





この仔達、兄弟だそうです。

DSCF0771


脇の穴から触ることができます。

白い猫ちゃん、ゴロゴロ言ってとても人懐っこかったです。

兄弟一緒に迎えてくれる家族が見つかるといいねぇ・・・






ヨーロッパでもそうですが、年々クリスマスの飾り付けをする日が早くなりますね。




どこに行ってもツリーだらけ!

DSCF0774


DSCF0775


DSCF0776




アメリカにはまだ、クリスマスの前にサンクスギビングと言う一大イベントが控えているのに、もうクリスマスムード満々です。






そして最後は、






元気にしてるかなぁ・・・

DSCF0228


11日にナパからロサンゼルスに来ました。




ハイウェイをひたすら南下。

DSCF0730



移動当日と二日目はお天気が悪かったのですが、今日は快晴。

ゲッティーセンターに行きました。

アメリカで一番人気の美術館です。


Getty Center



ここは本当に建物が素敵だと思うのです。

そしてよくこんな山の上にこれだけの物を建てたなぁ、と感心せずにはいられません。





DSCF0734


DSCF0742


DSCF0743





展示物は良く変わるのですが、いろいろな物があって本当に興味深いです。

一応有名どころの画像を載せてみますね。






ヴァン・ダイク

DSCF0735





レンブラント

DSCF0738





ミレー

DSCF0759





ゴッホ

DSCF0762




モネ

DSCF0764





セザンヌ

DSCF0765





ルノワール

DSCF0767




・・・と、絵の画像ばかり載せていたら長くなったので、続きは明日にします。



最後にオマケ





おっ、ワンちゃん発見!!

DSCF0740



ここは犬は入れません。




聴導犬です。

DSCF0744


5歳の女の子だそうです。

飼い主さん、「とってもいい子だよ」とおっしゃってました。

でも、後ろに見える池の中入ろうとしてましたよ。(笑)

またまた沢山触らせていただきました。

人懐こくて可愛い仔でした~。


このページのトップヘ