2011年10月

風邪

めずらしく風邪引きました。

痛い思いはしょっちゅうしてるけど、風邪はあまり引かないのです。

喉の痛みで声がでません。

そして、なぜか頬っぺたが腫れてます。

顔に風邪菌がついたのだろうか・・・





こういう時は休むが一番ですね。

マットさん、三頭の中で一番体温が高いのです。

一緒に寝たら治るかな・・・

DSCF0275



10月8日

10月8日は元ちゃんが海を渡って日本からドイツに着いた日です。

今日で二年経ちました。




早いなぁ。もう二年も経つんですね。

元ちゃんが来た日の事は昨日の様に思いだします。

でも、ずいぶん長く一緒に暮らしているような気もする・・・・・・不思議です。





DSCF0457






テディを失って沈みかけていた我が家に、元ちゃんは沢山の幸せを運んでくれました。

元ちゃんが来てくれて本当に良かった。

生きていてくれた事、そして元ちゃんに救いの手を差し伸べてくださった方々に深く感謝しています。






元ちゃん、もう君の居ない生活なんて考えられないよ。

末永くよろしくね!

DSCF0459






どうかこの三頭一緒の生活が出来るだけ長く続きますように・・・

DSCF0460






お昼にうどんをゆでたのですが、黒い毛が1本混じってました。

元ちゃんの毛です。




DSCF0380





取り除いてそのまま食べました。

犬の毛が食事や飲み物に入っているのなんて、今に始まったことではありませんが、これが人間の毛だったら、それが自分のでも「ゲッ!」となります。

飼い主心理って不思議ですよねぇ。




DSCF0379






夜はお友達と出かけました。




ノルウェー産のインディア・ペール・エールを飲みましたよ。

DSCF0440




このビール、アルコール分が高め(7.5%)なので、ノルウェーの法律により普通のスーパーでは販売できず、お酒専売公社に行かなければ買えません。

なかなか美味しかったです。




上の文、読み返してみたら、なんか子供の絵日記みたいだ・・・(汗)




DSCF0397

昨日は凄い暴風雨でした。

雨粒が窓を叩く音、風に飛ばされた何かが家にあたる音、あまりにもすごくて、もう本当に「この家、大丈夫だろうか??」状態でした。





そんな訳でマットさん、怖くて隠れてます。

DSCF0161







何があっても私べったりの元ちゃんまで階段下に避難

DSCF0157






それで、ふとリビングを見ると、煙突の煤が逆流しておりました。

DSCF0431



前回使用した時、扉をきっちり閉めなかったのが原因です。

部屋中うっすらと積もってしまい、掃除が大変でしたぁ。

ベルゲンのシンデレラとは私の事なり・・・(泣)





今日も雨でしたが、獣医さんに行ってお疲れ、爆睡の元ちゃんです。

DSCF0333




オゾン層

書いたものが二回も消えてしまい、ふてくされておりました。

結構長く書いた時に限ってそういう事が起きる・・・(泣)




で、突然ですが今日は「ドイツ統一の日」です。

1990年に東西ドイツが再統一されて現在のドイツ連邦共和国が出来た日であります。



夫は数日前からベルリンに出張に行っているのですが、昨日から主要道路が閉鎖されて会合の場所に行けないので、警備のお巡りさんにその旨を伝えたら、封鎖を解いて場所まで案内してくれたそうです。

ドイツ警察も丸くなったもんだ。

私が以前道を聞いた時は「知らない」の一言だったのに・・・





さて、ベルゲンの天気はどんよりに戻りましたが、気温は割合高めです。

DSCF0214




湿度がとても高くて非常に不快なので、エアコンつけてしまいました。

9月に薪ストーブ焚いて、10月にエアコン使うって異常です。


なんか今日のニュースで、

北極圏のオゾン層の破壊が進んで北欧やロシアなどの環境への影響懸念

と出ていましたけど、大丈夫なのか、ベルゲン・・・






紫外線にくれぐれも気をつけよう!

DSCF0403






このブログは、転勤族で数年ごとに海外を転々としている(アメリカ、サウジアラビア、シンガポール、日本、ドイツ、ノルウェー、アメリカ!)我が家の各国の生活と、一緒に移動している犬達の記録です。 現在登場するのは、ちばわんのHPで犬の募集掲載を担当している私、ちばわんから引き取った「タス」、テネシー州の保護団体から引き取った「ストーム」そしてノルウェー人の夫。二人と二頭が、アメリカ・ヒューストン郊外で暮らす日常を綴っています。 ヒューストン以前は、オーストラリア出身のラブラトールのテディ(2009年7月6日没)、シンガポールのとある道路の穴で5匹の子犬を産み、子犬共々保護したマリア(2014年8月15日没)、ちばわんの預かり犬からドイツ・ハンブルクへの引っ越しを機に家族になったマット(2015年10月21日没)、やはりちばわん出身で元麻薬捜査犬候補、はるばる日本からドイツへやってきた元気(2015年12月22日没)たちの記録です。 私がボランティア活動をしている「ちばわん」にはまだまだ沢山の犬猫が本当の家族を待っています。リンク集の「ちばわん」をぜひご覧ください!日本での預かりボランティア時代の日々は「旧ドイツ犬日記」に綴っています。 募集犬とたまにうちの犬を載せているインスタはこちらです。 https://www.instagram.com/kuminaess/
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ