2010年08月

夜中の出来事

昨晩2時ごろ、元ちゃんにキュンキュン言って起こされてたので庭に出しました。

ところが、元ちゃん、喜んでバンビのように駆けまわるではありませんか。

おいおい!



だけど夜中の庭って怖いですねぇ。(家だけか・・・??)

ホーホーって鳴き声がして、ガサガサ音もします。

鳴き声はフクロウかなぁ?

で、元ちゃん、走り回った後、暗い森をジーッと見つめてました。

これがまた怖い・・・





日中は別に怖くない眺めなんだけど・・・

IMG_1181





さて、家に入って床をみると何か茶色い物が落ちてます。

元ちゃんが持ち込んだ葉っぱか何かかと思って拾おうとしたら、動く・・・

カエルです。(汗)




私、カエル駄目なんですよ~。

でもそのままにして置くわけはいかないので、なんとか捕獲しようとしたのですが、ぴょんぴょん跳ねて捕まらない。

しょうがないので、元ちゃんのキュンキュンや私の雄叫びにもかかわらず高鼾で寝ている夫を起こして捕獲してもらいました。





だけど、何で家の中に入ってきたんだろう??

カエルって虫みたいに光に反応するんでしょうか?




散々な夜中の一時を過ごして、今朝二階に上がると見事なピーの跡が幾つか・・・

元ちゃん、あれはやっちゃったから起こしてくれたんだねぇ。

でもね、これからはやりたくなる前に起こしてくれると母さん、もっと嬉しいの・・・





「無理です。」

IMG_1190





ちなみに朝また下痢しました。

う~ん、イカスミ薬が効いていない・・・

ステロイド飲ませなくちゃ駄目かなぁ。




ちょっと痩せちゃいました・・・トホホ

IMG_1191

腹痛

今朝4時ごろから突然元ちゃんのお腹の具合が悪くなってしまい大変でした。

全く原因不明です。

食べると下すので、薬を混ぜられる最低量まで減食しました。

恨めしそうに私を眺める視線が痛い・・・

こんな時、辛かった時代の事を思い出すのではないかと思って胸が痛みます。

その上、めずらしくちょっと気温が上がって可哀そうに一日中ぐったりしてました。



明日は回復するといいのですが・・・

IMG_1179

朝、こんな景色でした。

IMG_1176




下の方、霧が立ち上ってるのわかりますか??




拡大!!

IMG_1182




IMG_1183





なんか幻想的・・・

でも、自分がこういう場所に住んでるんだと言う現実にまだ慣れません・・・(汗)





こんな日は寝るに限る??

IMG_1170




・・・って君はいつも寝てるよね。


夕方、カ~ッと日が出ました。

ホント、北欧の天気は不思議です。




日本はお盆ですねぇ。

帰省ラッシュは始まったのでしょうか?

実は私、週末お誕生日なのです。

夫の家族がまた襲いに来るらしい・・・

あ”~~~~~!!!!



詳細は4月18日のブログをご覧ください。




お誕生日に訪問すると言う、この習慣なんとかならないでしょうか??

向こうは「行かなくちゃ失礼!」と思って来るらしいのですが、私は全然嬉しく無いです、はい。






「文化の違いよ。」

IMG_1174


三頭画像

さて、気分を改めまして、今日は癒し系の画像を少々・・・



上から見るとなんか可愛いけど・・・

IMG_1147







横から見るとこうなのぉ~~(笑)

IMG_1149








こちらも上から見ると別に・・・だけれど・・・

IMG_1166







横から見ると・・・

IMG_1163



おっと、これじゃ黒くてわかりませんな。




なので接近!




白目向いてるぅ・・・(汗)

IMG_1165







久々にマリアさん登場!



何か不機嫌そう・・・

IMG_1169





セレブなみにカメラ嫌いなんだよね。(笑)




やっとこっち向いてくれました。

IMG_1168





正面顔、10枚に1枚ぐらいしか撮れません・・・(泣)

事故の続き

「明日」続きをなどと書いておきながらまた二日空いてしまいました。

実は翌日、警察の事をつらつらと書いたのですが、アップする段になって何故か消えてしまい、書きなおす気がドッと薄れました。





さて、気を取り直して・・・




ノルウェーの警察は働かないので有名です。

人手が無い時は空き巣ぐらいでは来てくれないのだそうです。

だからこの程度の事故は無視されるだろう・・・と思ったのですが、人身事故なので一応連絡しました。

予想外にちゃんと来てくれました。暇だったのでしょうか?

ちなみに警察官二人とも、いイケメンでちょっとびっくりです。




「話したくなければ話さなくていい」と言われたのですが、(これって犯罪者の権利??)話したいから呼んだわけで、事故の様子を説明しました。

後続車の運転手さんが証人になってくれると言ったので、その人の家と突っ込んで来た子供の住所を教えて、車の写真と現場の写真を撮って終わりです。

最後に「拒否できますけど、アルコール検査しますか?」と聞かれました。

二日間アルコールフリーの私に数値が出るわけ無し!

・・・でも今後の経験にと思いチャレンジしました。

携帯より一回り大きいサイズの探知機に大きいストローみたいな物をつけて、そこに息を吹き込みます。

0・00%と出ました。正確です。



その後のお巡りさんのセリフが

「はい、完了。じゃ今からビールでもワインでもウイスキーでもじゃんじゃん飲んでいいですよ~。」だって・・・

私、そんなに大酒飲みに見えるのでしょうか?




それからお巡りさんたちは状況を聞きに子供の家に行って、ほどなくしてまた戻ってきました。




結果はと言うと、

「子供は足をすりむいただけだし、運転手さんに非は無いし、これは事故とは言えませんねぇ。なので、警察からは事故証明は出せません。後は皆さんで何とかしてください。では、楽しい夜を!」

とニコニコしながら去って行ってしまいました。





「・・・・・・・・・」

いったい何だったんだ、あれは??

人と車がぶつかるのを「事故」って言うんじゃないのか??

それにこんな事があって「楽しい夜」なんかになるわけ無いじゃない!

やっぱり評判通りなんだなぁ、ノルウェー警察って・・・




ちなみに、彼らが家に来た時から何か変だなぁずっと思っていたのですが、去ってから初めて気がつきました。

「免許証見せてください」って言われなかったよ・・・

普通、車にかかわる事故の場合、必ず免許証の提示を求められませんか??





私、近所の子供たちの自転車暴走にムカッと来ていたので、何とかしてくれって言ったんですけど、

「ハッハッ、しょうがないでしょ。子供ってそういうもんですよ~」だって・・・

警察が放棄しちゃってどうすんだよ!

ちゃんと子供たちに交通ルールの講習してよ!!!

ノルウェー警察は飲酒運転やスピード違反の取り締まりに血道をあげているけれど、お酒飲んでなくても、法定スピードで走っていても、向こうから突っ込んで来たら事故は避けられないのですよ!




もうとにかく皆事故に対する認識が低すぎる!!

本当に起きてからでは遅いのに・・・




最後に腹いせにパトカーの写真撮らせてもらいましたよ。


これは緊急用では無い車両だそうです。

IMG_1157




02800は緊急でない時にかける番号。

緊急の場合、警察は112です。

112は北欧5カ国共通です・・・(よね?)




こんな思いは二度としたくないけれど、とにかくいい経験になりました。

警察頼りにならないし、何につけても「自己防衛が最良の手段」である事を再確認しました。



ところで突っ込んできた子は次の日から家族でヴァカンスです。

今頃、事故の事なんてすっかり忘れてどこかで走りまわってるんでしょうね~。

それに比べ、どこに行くあても無く、傷ついた車とこんな田舎街にくすぶってる私って一体・・・





「・・・・・・」

IMG_1160





事故

今日はちょっと長いです。


一昨日の夕方の出来事です。


夫を迎えた帰り、家までもう50メートルぐらいの住宅街の細い道で、脇から飛び出してきた自転車が私の車に突っ込んできました。。

たまたま前に近所の人が歩いていて、道を横切ろうとしたので一旦停まって発進しようとした寸前、わき道から全速力で自転車に乗った子供が激突してきました。

全く前を見ていなかったようです。

あまりに突然の事で、避けるのどころの騒ぎではありませんでした。



子供は7~8歳ぐらいでしょうか。

自転車から落ちてピーピー泣いていましたが、ヘルメットをかぶっていたし、幸い大怪我をした様子はありません。

衝突の衝撃で自転車のハンドルが少し曲がってしまいました。

一番被害を受けたのは多分私の車です・・・(泣)




助け起こして、体の状態を聞いて、夫が家に連れて行こうとしましたが、それからが大変だった・・・

グワングワン泣いているにもかかわらず、夫の同行をかたくなに拒否し、一人で家に帰ると言い張っています。

理由は・・・

「親に怒られる!!」

子供の論理・・・と言うかジャスティスってそういう所にあるのですね。




「家から出してもらえなくなる」と言って号泣しています。

「自転車壊すな」とか、「車に気をつけろ」、とか普段散々言われているんだろうなぁ・・・



怯えながら泣きわめくその姿がなんか哀れだったのですが、そんな訳にはいきません。

でもこの子、かなり頑固で、10分ぐらい説得してやっと彼の家まで夫が同行しました。



言葉わからないし、道路ふさいでいたので、私は家に車を戻して待つ事ほんの10分程度で、夫が戻ってきました。

子供の家はすぐそばで、両親に事情を話すと驚いてはいたけれど、夫いわく

「思ったほど反応が無かった・・・」

そうで、もしかしたら初めての事ではないのかもしれません。




ここら辺の子供たちの自転車暴走は本当に酷くて、今までも何度も事故寸前の現場を目撃しています。


毎日お散歩に行く私には大人より子供の知り合いが多く、私を見つけて道の反対側から走って来ようとする子供が轢かれそうになって、あわててその子の手を引いたら、犬の方がおろそかになってマットが轢かれそうになった、なんて事もありました。


だから本当にいつも注意して必要以上に徐行していたのに、停まっている時に突っ込まれるとは・・・





前を歩いていた人に感謝ですね。

でも、もしあの人が居なければ私はもっとあの道を早く通り過ぎ、事故にはならなかったかも・・・

あの日の帰り寄り道しなければ、事故に遭わなかったかも・・・

とか、もう諸々頭の中を駆け巡って複雑です。




だけど、とにかく大事故でなかった事に感謝すべきなのですよね。

その子は足を擦りむいただけでした。

その程度の傷は子供にとっては何でも無いことなんですね。

昨日の夕方も近所を元気に駆け回っていました。

どうやら外出禁止令は免れたようです。




だけど、あんな事があったのに、彼は車を恐怖に思っていないのでしょうか・・・

私は、ボンネットに体半分乗った子供の姿がスローモーションのように視界に張り付いて思い出すたびに恐怖です。



あんな風に脇から出てきたら、どんな運転手さんでも避けようが無と思います。

停止している状態で事故に遭うと言うのもなかなか予想が出来ません。

でも事故って起きるのですよね・・・

そしてもし走っていたらと思うと背筋が凍りつきます。




新車の傷もショックだけど、私のトラウマの方が程度が悪そうです。

おとといから運転してませんけど、次に運転する時手が震えるないよう気をつけないと・・・




すぐ警察を呼んだのですが、現場検証の結果、「運転手に非無し」と言う事で事故証明すら書いてくれませんでした。

この警察の対応がまた驚きで、書きたいと思うのですが今日はもう力尽きました。

ノルウェー警察のヘタレっぷりについては明日書こうと思います。






トコトコ・・・

IMG_1033




クンクン・・・

IMG_1034

緑真っ盛り

今日長い話を書こうと思ったのですが、挫折しました・・・(汗)

明日以降に頑張ります!





今日の三頭です。

IMG_1158

哲学

元ちゃんはストーカーなんですけど、たま~に横着になります。





でもね、階段上がってきてこの姿が見えると和みます。

IMG_1144







たまに「哲学元ちゃん」にもなります・・・

IMG_1142






ハンサムでしょ。

・・・って、飼い主馬鹿ですいません。







おぉ、君のことを忘れていたね。




マットもハンサムだよ~。(笑)

IMG_1038




昨日、何も話題が無いなんて書いたせいでしょうか?

今日はいろいろな事がありましたぁ。

明日書きますね。

とにかく、疲れた・・・

つらつらと・・・

ひゃ~、またまた間があいてしまいました。

すみません、単におさぼりしていただけです。

これと言って話題も無いので・・・(笑)

お陰さまで私の調子は元に戻りました。

三頭は元気です!



このチャンスに5月からの没画像をピックアップ!!



ノルウェー名産(?)フィッシュケーキです。

これは長方形ですけど、小判型が主流かな・・・

水にプカプカ浮いている柔らかいのもありますよ。




こちらではメインディッシュ扱いなんで大きいです。

IMG_0680



ちなみに上の食感は柔らかいカマボコ。

小判型は固めのはんぺんって感じでしょうか??







ワイン専売公社で発見。

IMG_0824





これ二本目なんですけど、買った直後にこの酒造に車が突っ込んだと言うニュースを知って驚きです。

ちなみにお値段は日本の三倍・・・トホホ






先日知人のボートでこの海に繰り出しました。

IMG_0893





すごくきれいで感動・・・プラス、ノルウェー人と言うのは本当に「海の人」なのだと実感です。

沢山画像撮ったのに、手違いでデリートしてしまい、首つりたくなりました。(泣)





6月末の元ちゃんです。

IMG_0902





突然ですが、うちにこんなシャンデリア付いてます。

IMG_0906




あまり私の趣味じゃありませんけど、前の家の持ち主が置いていったので使ってます。

だが何故か設置してあるのが二階への階段と言う意味不明な場所・・・

数が多いからどれかがいつも切れてしまいます。

場所が場所だけに電球交換が命がけです!!





失礼ポーズですみません!

IMG_1029





元ちゃん、歩くのとてもうまくなりました!

本当にちょっとずつの進歩だし、まだまだゴールまでは時間がかかりそうだけど、諦めなくて良かったぁ。

元ちゃん、本当に良い子です!





お犬様の中で登場は元ちゃんだけだったので、最後に三頭(?)画像。

IMG_1146




マットさん、マリアさんのお尻の匂いなんか嗅いじゃって・・・(笑)


なんか実に取り留めの無い画像の羅列で失礼いたしました。

明日から通常更新に戻ります。多分・・・(汗)

このブログは、転勤族で数年ごとに海外を転々としている(アメリカ、サウジアラビア、シンガポール、日本、ドイツ、ノルウェー、アメリカ!)我が家の各国の生活と、一緒に移動している犬達の記録です。 現在登場するのは、ちばわんのHPで犬の募集掲載を担当している私、ちばわんから引き取った「タス」、テネシー州の保護団体から引き取った「ストーム」そしてノルウェー人の夫。二人と二頭が、アメリカ・ヒューストン郊外で暮らす日常を綴っています。 ヒューストン以前は、オーストラリア出身のラブラトールのテディ(2009年7月6日没)、シンガポールのとある道路の穴で5匹の子犬を産み、子犬共々保護したマリア(2014年8月15日没)、ちばわんの預かり犬からドイツ・ハンブルクへの引っ越しを機に家族になったマット(2015年10月21日没)、やはりちばわん出身で元麻薬捜査犬候補、はるばる日本からドイツへやってきた元気(2015年12月22日没)たちの記録です。 私がボランティア活動をしている「ちばわん」にはまだまだ沢山の犬猫が本当の家族を待っています。リンク集の「ちばわん」をぜひご覧ください!日本での預かりボランティア時代の日々は「旧ドイツ犬日記」に綴っています。 募集犬とたまにうちの犬を載せているインスタはこちらです。 https://www.instagram.com/kuminaess/
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ