ヒューストン犬日記

2009年09月


今日は水曜日・・・

なんと来週の水曜日は元ちゃんの出発日です。

まだまだ先だと思ってたけど、早いな?。






10月7日、私は元ちゃんのフードとオヤツと他諸々を車に積んで、一人フランクフルトまで行ってまいります。

約5時間、アウトバーンをひた走り・・・

ドイツの高速って全く景色の変化が無いのですよねぇ。(泣)

だから一人のドライブは退屈極まりなし・・・





でも帰りは元ちゃんと夫と一緒。

楽しい旅になるでしょう。







ちょっと前に撮ったハンブルク市庁舎です。


2c439658.jpg










ハンブルクの中心地。

この広場でワイン祭りや、クリスマスマーケットや、映画のオープン上映や、たくさんの催しが行われます。










振り返るとアルスター湖に通ずる運河。



4cb9c03b.jpg










一度はここを元ちゃんと歩きたい!

元ちゃん、よろしくね。











目細くして(?)待ってるからね?。



0a7bd119.jpg





今日は我が家にお客様がありました?。


チェロ奏者のゆいっこちゃんと、お母様です。



前回ゆいっこちゃんが来てくれた時はまだテディが居たのですよねぇ・・・


6月18日のブログ




思い出すとちょっと悲しいです。

ゆいっこ一家のパブロ君も8月1日に天国に行ってしまいました。

今年はお友達のワンちゃんの訃報が多いなぁ・・・










二頭は沢山可愛がっていただきましたぁ。


cce2881f.jpg













実はこれダイニングテーブルの下・・・


48353c4b.jpg










遠路はるばる来ていただいて、こんなおもてなし・・・失礼いたしました。











お土産も沢山いただきました。ありがとうございましたぁ?。


61f5e958.jpg


マリアさん、行く気満々。











これって自動ドアじゃないの?


ecda9bda.jpg











早く開けてちょーだい。


436ffca5.jpg













最初は多少人里っぽい所を歩くけど・・・


a1912b9d.jpg







36d02199.jpg













段々怪しくなってくる・・・


b51c2196.jpg








f2d3cc0b.jpg










おぉ人が!・・・と思うと馬乗ってるし・


edd23202.jpg













標識はなんと石・・・


31fba203.jpg











そして、何か動いてると思ったら牛・・・(笑)


e960fc0c.jpg










これでハンブルク中心部から30分。

のどかな所でございます。(笑)






バタバタしていてちょっと日が空いてしまいました。



この世の中、本当に信じられない事が起こりますが、これもその一つ。

ハナちゃんの今までの経緯を読むと怒り心頭ですが、時間は前に進むのみ。

過去は捨てて、大きな幸せを掴むのだ、ハナちゃん!!









b524d38d.jpg








ハナちゃん、ミニチュアダックス、年齢10歳、

彼女は二度も放棄されています。

生まれてからずっと外に置かれていました。

交通事故にあって顎が砕けても病院にも連れて行ってもらえず、小さな体でじっと耐えました。





詳しくはこちら ↓ ↓ ↓

wan☆diary「夕焼け小焼け」




こんなに小さくて、酷い扱いをされても、一生懸命生きてきたハナちゃんの全てを受け入れてくるご家族を探しています。

どうかどうか、ハナちゃんのこれからの犬生が幸せでいっぱいでありますよに・・・












おやおやマットさん、首の皮がすごいことに・・・


382bd1f1.jpg











横から見るとこんな感じ。なんか苦しそうだけど・・・


5681d25b.jpg











本犬はいたって安眠・・・


5c7590cc.jpg


この夏、秋とハンブルクはお天気の当たり年でした。

気持ち良い日が多く、快適にすごしました。





昨日もお天気よかったです。

でも風が強かった・・・












マリアさんの尻尾が風になびいております。


b8e274dc.jpg









5085032c.jpg














風の強い日はいろいろな匂いがするね。


f7bac32b.jpg











おしっこ中(笑)


1336675f.jpg












あまりに風が強いので森に避難。









まだまだ緑がいっぱい。


fb6d15a2.jpg








でもドイツの秋は本当に短いのです。

突然、ストン!と冬になります。















もうすぐ、この道も厚?い枯葉の絨毯で覆われます。


db3b32d1.jpg


先週末あたりからまたマリアさんの偏食が始まりました。(泣)

別に具合悪そうでもないので、今のフードに飽きたのですよねぇ。

また新しい策を練らなければなりません。





で、お腹すくもんだから、キッチンに入り浸る、入り浸る。



ここでやったら駄目なのだ!

と、わかっているのですが、あの可愛い顔を見るとついついオヤツあげちゃいます。(笑)










並列したり、


b36ba9ee.jpg










縦列したり、


2c91e515.jpg











美犬は得なり。


907603c6.jpg



今日は素晴らしい秋晴れでした。










92c88029.jpg




9926cdb7.jpg












久しぶりに昔の家の方にお散歩に行きました。

・・・と言ってもたった500メートルしか離れてませんが・・・










e5fd5359.jpg



9dd3a7aa.jpg










こんな田舎にいったいどこから湧いてきたのだろう?と思うぐらい皆外に出ていました。(笑)






何人かに、

「ラブラドールはどうしたの?」

と聞かれました。






覚えていてくれたんですねぇ・・・











a0dea630.jpg




d410f9bd.jpg











下の画像の仔は現在のご近所さんのラブ君。

飼い主さんとは初めて会話を交わしましたが、やはり開口一番、

「ラブラドールはどうしたの?」




ラブ飼いはやっぱり他のラブちゃんが気になります。(笑)


この仔はシェルターから来たワンちゃんで推定12?13歳だそうです。





e6cf9394.jpg










新しいワンコが来ると言ったら喜んでくれました。

マットは駄目なんだけど(泣)、元ちゃん仲良くできたらいいなぁ・・・












おっと失礼・・・



56a44e23.jpg


元ちゃんの渡航日は10月7日に決定しました。

夜の便なので、ドイツに着くのは8日の朝。

フランクフルト着なので、そこまで迎えに行きます。

ハンブルクからは車で5時間ぐらい。

長旅の後また長旅で可哀想だけど、早く落ち着きたいので到着日にハンブルクまで戻ります。













気持ち良さそうに寝てるから・・・


feebb5c6.jpg











引っ張ってみた・・・


eef8ed81.jpg











「何すんだよぉ?!」


e70fc2fb.jpg












でも動かない・・・


3eb10b02.jpg










君は究極の「エコ・ドッグ」じゃのぉ・・・








「ほっとてください。」



76fbb256.jpg


くぅママさんお義父様がお亡くなりになりました。

お義父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。





くぅママさんから、お義父様のご病状についてはご連絡いただいていましたが、元ちゃんの出発と重なるかもしれないと心配されていました。

無理しないで、他の預かりさんに託すオプションも考えてください、とお伝えしたのですが、




でも元ちゃんは私がなんとしても最後までお世話したいんです。





と言うご返信をいただきました。

私に異存があろうはずがありません。

本当にありがたい事です。

ただ私は去年、母が亡くなると言う経験をしているので、これからのくぅママさんの大変さが想像できます。

体調を崩されないかとても心配です。








元ちゃ?ん、くぅママさんとご家族を君の笑顔で慰めてね。

それが一番の恩返しだよ!!










くぅママさん、がんばってね。


53955cb5.jpg












元ちゃんの渡航手続きは順調に進んでいます。






・・・・・・と言いたいところなのですが、いろいろ大変でした。

まだ途中ですが、過去形なのは、多分山は越えたと思うからです。







元ちゃんは成犬ですが、普通の家庭犬が持っている「過去」がありませんでした。

センターから保護された成犬は皆そうです。

引き出されることが決まって、予防接種を受けられます。

フィラリアの検査やその他の病気の検査は預かり家庭に入ってからです。






犬を外国に送るには、いろいろな条件をクリアしなくてはなりません。

例えば狂犬病予防注射なら、出発日から30日より前に接種していなければなりません。

混合ワクチンなら14日より前に接種していないと効果を認めてもらえません。

予防接種の有効期限は一年なので、どちらも毎年受けていれば渡航前にわざわざ接種する必要はありません。

ただし、接種日を証明する書類が必要です。

さらに証明書には、ワクチンの種類や製造会社名、製品番号などが記入されていなければなりません。

でもこれも普通に獣医さんで受けていれば必ず発行してくれる物です。






元ちゃんは何も持っていませんでした。悲しい

混合ワクチンは7月24日にセンターで打ってもらっていました。

だけど・・・






センターで発行してくれる「譲渡犬について」と言う書類は、本当にシンプルな物で、証明書としては使えません。

これを見た時私は、このセンターからの「犬の譲渡」システムが、過渡期にあるのだなぁとしみじみ感じました。

センターから引き出しが出来るようになった事は、画期的な出来事でした。

でもまだ細部については試行錯誤なのですね。




センターからいきなり外国に出て行くケースはめったに無いと思いますし、公的な証明書が必要な場合も少ないと思います。

でも、やっぱりセンターから出て行く動物たちにもちゃんとした書類があった方がいいでしょう。




今まで、行政の努力、ボランティアの努力、ちょっとずついろいろな事が進展してきました。

きっと数年後にはフォーマットも出来上がって、きちんとした書類が発行される事になるのではと思います。




ちなみに今回はセンターのご厚意で、必要事項を加えていただき公的に通用する書類になりました。

千葉わんスタッフ、くぅママさんにはいろいろご尽力いただいて、深く感謝しております。





元ちゃん、渡航日もほぼ決定しました。

航空会社には座席(?)予約の確認完了です。

あとは運送会社からの最終確認を待つばかりです。











見返り美人リボン


e75d8bb6.jpg




このページのトップヘ