ヒューストン犬日記

2009年07月

まずはお願いです!


14歳のラブラドール、ジーニー君が新しい家族を探しています。











583014b0.jpg


e6dadbee.jpg






★ 預かり先も緊急募集中 ★


【犬種】ラブラドール
【愛称】ジーニー
【性別】オス
【年齢】14歳(96年7月15日生)
【体重】38キロ(要ダイエット)
【毛色】クリーム
【状態】ワクチン済・フィラリア(-)・両目白内障
左側の関節が悪い(骨が曲がっている、痛みあり)・血液検査済み(良好)
【場所】東京都台東区

★代理ブログ:http://mikitrm.exblog.jp/

【経緯】

14年間、大切に飼われていましたが、遠方に住む娘さんが事故に遭い身体が
不自由になってしまい、ジーニーの介護のため家を留守にする事ができず
娘さんを支えてあげられないことと、飼い主さん自身も介護の疲れから体調を
悪くしてしまい、大きなジーニーのお世話を十分にしてあげる事が困難になって
しまったので預かりさんといぬ親さんを緊急に募集する事にしました。





詳しくは ↓ ↓ ↓ をご覧ください!


うちの子日記







あぁぁぁぁぁぁ??、私が日本に居たら絶対引き取るのに!!

誰かお願いします、ジーニー君を助けて下さい!!!!











======







というわけで、本文はこちらから・・・





明日から8月だ!!!

日本は暑いですか????









・・・・・・暑いですよね。









ドイツはもう秋の気配です!!


dda15d3d.jpg










「秋の匂いがする・・・」


2191f85a.jpg














さすがにまだ森の中は緑いっぱいですが・・・


529972d0.jpg















伐採も進んでいます。


ff7319dc.jpg














狩猟用の物見台。


9a3004a1.jpg











なんか結構チャチに見えますが、体重多めのドイツ人を支え切れるのでしょうか?(笑)










マットさん奇妙な場所でおしっこ中。


2e4f9a9b.jpg







日本から戻ってきて2か月と3週間。

まだ時差ボケも治まらないうちにテディの病気がわかり、マリアの病気も発覚。

抗がん治療がワンクール終わる前にテディは天国へ旅立ってしまいました。



他人事の様ですが、激動の日々ですなぁ。(笑)

母が亡くなってからもまだ一年四か月しか経ってません。



まぁ、それ以外にもドイツ生活日々いろいろな事があるし、結構大変です。


8月は私の生まれた月なのです。

せめてそんな時ぐらいはいい事があってほしいぞ!!!








「気の持ちようだよ、母ちゃん。」


383d389d.jpg

見てください、この安定の良さ・・・


↓ ↓ ↓









トーテムポール・・・


b760df29.jpg













テディが動けなくなってからの過去数か月、彼は確実に太りました。



さらにテディが居なくなってからは寝てばかり・・・










壁に顔くっつけて寝て・・・


eb182c0c.jpg










ご飯待ちながらも寝ちゃう・・・


4113ead4.jpg












片腕落ちたってお構いなし・・・


4484b311.jpg













敷物からはみ出したってなんのその・・・


ef89964f.jpg















椅子にはまって、さぁ寝るぞ!


9a5897bd.jpg














日のあたる場所大好きで・・・


58aca709.jpg













外に出してもこの通り・・・


6aa1e93b.jpg











「あっ、何か匂いがする・・・」


db134788.jpg











少しは動こうよ、マットさん!!









「うん、考えとく・・・」


ea13204c.jpg






やっぱり君には犬の遊び相手が必要なのかなぁ・・・・




獣医日記更新しました。



ドイツ獣医日記






看護婦さんに抱かれるマリアさん。







「助けて・・・」


efd6f81f.jpg

私の方は少しずつ回復しています。

まぁ、今は取り立ててすることもないのでこういうまったりする時期があってもいいかなぁ。








マリアさんは相変わらずです。


「とりあえず食べる物少しやった方がいい。」と言う獣医さんの指導で、ささみジャーキーを一枚・・・












引っ張っても離しません!(笑)


790ecff2.jpg








ジャーキーはみるみるマリアさんの口の中へ・・・


f7fe2f24.jpg








ちなみに上の画像は昨晩ですが、今朝はお魚と人間用の野菜ふりかけたっぷりの療養食、食べませんでした。(泣)


お昼に、ドライフードの療養食をそのままオヤツみたいにしてやったら、ムシャムシャ食べた・・・


お腹が空いていたのだと思います。

だけど、最初あんまりふやかさないでやった時は全然食べ無かったよねぇ・・・??





夕方またドライフードをおやつ代わりにしてみましたが、そっぽ向かれちゃいました。

普段は大好きなパンも拒否・・・

マリアさんの気持ちは複雑なようです。泣く








シンガポールでの野良犬時代、近隣の人たちから人間用のお弁当とかそのままもらっていたので、彼女の味覚の原点はそこにあるのだと思います。

中華料理なんていい方(?)で辛いインドネシアとかマレーシア料理もそのままもらってたのですよ!



まぁでも美味しいからね、私も大好きだけど、やっぱり犬にはよろしくない!

とにかく療養食たべてもらわなくちゃ!








母さんも頑張るからマリアちゃんも頼むよ!!

1daa0666.jpg

今頃になってどっと疲れが出て体調を崩しました。トホホ


そしてマリアさんが食事しなくて困ってます。悲しい







療養食、まずいのでしょうねぇ。

だからお魚をすり身にして茹でて、ティースプーン一杯にも満たないぐらいほど少量ですが、混ぜてます。

それでも朝はほとんど口付けません。

夜はさすがにお腹が空くので食べる量も少し多くなりますが、このままだと栄養失調になってしまいそうです。




喜んで食べるのはササミジャーキーだけ・・・

だけど、それは駄目なのよ、マリアさん・・・(泣)

以前は良く食べていたご飯やパンでさえも最近は用心深く(?)なってなかなか食べてくれません。

野菜や果物はいっさい嫌いだし、オヤツ類もあまり食べないのです。









「何かしら??」


7bbdd545.jpg












「要らないわ。」


96d333fb.jpg









テディが元気だったころは厭でも(?)ガツガツ食べてました。

食べないと取られちゃうから・・・

今もマットに取られそうになってますが、全く執着しなくなってしまいました。

テディじゃなくちゃ張り合いが無いのでしょうか??









「おいしい物食べたいのよ。」


7b35999d.jpg







昨日はベルリン在住、「営業部長サスケ」のさゆりさんが我が家に来てくれました。

彼女、7月30日からドイツをしばらく離れるので、まだテディが生きてるうちに来てもらう予定だったのですが、その時テディの具合が悪くなってしまって延期したのです。









お天気よくなったのでまたBBQ。


f4ebf5d6.jpg









テディが亡くなる前の晩もBBQしたので、その時のことを思い出しましたぁ(泣)

あの時は微動だにしないテディがテーブルの脇にいたっけ・・・

動かなくてもいいからもうちょっと生きてて欲しかったよぉ(泣)








でも日本語でいっぱい会話して、少し気分転換になりました!










オイラも楽しかったぜ。


35f2948f.jpg

犬テーブル、スペースが空いたのだから広がればいいのに、いつもくっついて食事してます。


ボール離しておいても、昔の位置でお座りして待つから已む無く元に戻してます。






b1eb5706.jpg




93195bfc.jpg








習慣ですね。

まっ、後々のためにこのスペースは空けておくか・・・な?んてね??。







残念ながらマットは自分の群れ以外の犬がほとんど駄目なので、我が家に「新入り」はとても難しいと思います。


一応テディが親分って言うのはわかってたみたいだけど、たまに挑戦もしてました。


テディは闘争本能皆無だったので、結構やられてた・・・(泣)


でもテディのこと本当に頼りにしていました。


何もかもテディから学んだと言っても過言ではありません。





今どんな心境でいるのでしょう?


ホントしゃべってくれたらいいのに!








「テディ兄ちゃんに会いたいな。」


99990fd5.jpg








もうちょっと他のワンちゃんに寛容になってくれると、母さんすっごく嬉しいんだけど・・・

accc9999.jpg

明日でテディが逝って2週間になります。

まだまだどっぷり悲しみに浸っています。





まぁ、少しずつテディのいない生活になれつつありますが、二頭だけの生活は楽すぎて、楽すぎて・・・

今日シャンプーしましたが、彼らは暴れないので、時間は半分、労力は三分の一ぐらいしか必要ないのです。

こんな楽な生活していいのか???と言う、奇妙な罪悪感に襲われております。







テディの病気がわかってから外食の機会はほとほとありませんでした。

久しぶりにどこか行こうか?と言う事になったけど、全くパワーが出ず、結局ご近所のギリシャ料理レストランに行きました。






日本ではあまりなじみがないですが、ドイツではトルコやギリシャの料理は非常にポピュラーです。









で、頼まなくても座ると必ず出てくるのがこれ。


de75c0f0.jpg










ビールじゃないです。左の透明な飲み物。

OUZO(ウゾ)です。

ギリシャの国民的リキュール、アルコール度40%ぐらいですが、それを食前酒として一気にグビッ!です。(笑)





だけどギリシャに旅行した時、現地の人に「ウゾは、そのままでは飲まないよ」って言われたんですけど大丈夫なんでしょうか・・・

やっぱりドイツ人には「そのまま出しちゃえ!」なんだろうか・・・(笑)







お料理はギリシャの代表的なメニュー、

スブラギ(手前)とギロス(奥)、を頼みました?。






食べ初めてから写真撮ってない事にき気づいた・・・(泣)










なので食べかけ・・・汚くてすみません。


82ed5e96.jpg







これはギリシャ料理だけど、ドイツ人って本当にこういう「肉々しい料理」が好き。

結構いけましたけど、私は、今後数か月こう言ったお料理は結構です。(笑)







・・・

あ?、素麺食べたい!

冷やし中華でもいいけど・・・









至る所に彫刻が・・・ちょっと不気味!!


a5c54819.jpg




昨日のブログ、読み返してみるとマリアさん、腎不全から回復しているように読めますが、誤解の無いように書いておこうと思います。




残念ながら慢性腎不全は完治しません。(泣)

なので、今の状態から悪化しないようにすることが主な治療法となります。





幸いマリアさんの病気は初期に発見することができました。

これは、毎年血液検査を行っていたおかげです。

老齢の犬の多くは腎不全を患っていると言われています。

初期にはほとんど症状がでません。

何かしらの症状が出てきた時は、手遅れの事が多いのです。




腎不全かどうかは血液検査ですぐわかります。

早期発見が愛犬を救います。

愛犬が高齢に達したらぜひ血液検査を!!








さて今日、はるかニューヨークからテディ宛てにカードが届きました。







テディの写真の隣に置きましたぁ。


deead6fc.jpg





NY在住のYabyさんの愛犬、Indy君とMadisonちゃんからです。







Indy君、テディのそっくりなのです。

カードの写真を見て夫が「テディだ?!」と叫んでおりました。(笑)

私、Madisonちゃんもちょっと似てると思うのです。






Indy君、Madisonちゃん、

お空のテディさん、きっとすごく喜んでます!

どうもありがとう♪

テディは長生きだったと思う。

でも君たちはテディより、健康で長生きしてね。

そしていつかクミおばさんは君たちに会いに行けたら・・・と思います。






最後に、たかこさんからのご紹介ですが、



犬猫の殺処分廃止を求める署名

と言う運動が行われています。



匿名で署名できます。

手間はかかりません。

署名お願いします!!!!!!









あれ? ぬいぐるみが増えてる・・・


c1b6341b.jpg








「ぬいぐるみじゃないよぉ?。」


411d47c0.jpg

マリアの血液検査の結果が出ました。

劇的に改善してました。笑い





クレアチニンはまだ規定値より上ですが、BUNの方は規定値に収まりました。

良かった!!





食事療法って効果あるのですね??。ごはん

これからも頑張らなくっちゃ!




「ご褒美にちょっとだけお魚魚あげていいよ。」と言われました。









マリアちゃん、良かったね!!!


ea9e62ce.jpg

このページのトップヘ