ヒューストン犬日記

2007年09月

このベッド、買ってもう二年ぐらいになるでしょうか?

一応マットのために購入したのですが・・・






「こんにちわ、私がベッドです。」


abffef30.jpg







その1、正しい使い方。


e77d09d1.jpg




ベッドの内側に余裕があります。




マット、まったり


89c6347b.jpg







その2、常用外の使い方。


ffdf24b3.jpg






パツパツ。

テディ、このベッド好きなのはわかるけど・・・






いつも思う。これで快適なのだろうかと。


d9dc5295.jpg






それになんか亀みたい・・・じゃありませんかぁ??


df294c65.jpg






獣医日記更新しました。


血なまぐさくないけど、傷の画像が載ってます。

苦手な人は注意してくださいね?。






シャンプー後で毛がボサボサ・・・


76ea92b6.jpg

昨日はとてもお天気が良かったので、シュターデ(Stade)に行って来ました。

ハンブルクから車で一時間ぐらい。

ガイドブックにも載っていないような小さな町ですが、歴史は古く、戦火を免れた情緒ある建物が多く散策にはなかなか良い場所です。





川に囲まれた町なのです。


42d430b2.jpg






突き当たりの建物は再建された木製のクレーン。


a1e185de.jpg






これで船荷を引き上げたのですね。


5808dc43.jpg





700年前はハンブルクをしのぐ大貿易港だったとか。

ちょっと想像つきませんが・・・。




ドイツ中どこに行っても必ずある歪んだ家。


04942319.jpg





外側だけじゃありません。中もちゃんと歪んでます。(笑)

一度こういう建物のホテルに泊まって散々だったことがあるのです。

ドイツ人は平気らしい。不思議・・・





市庁舎


cdc5b3ab.jpg




側でみたらレンガぼろぼろだった。

町の顔なのに、修復しなくていいのかぁ?

普段あんまり気にしてないけど、こういう建物群を見ると、この国には地震が無いのだという事を実感します。






魚売りのおばさん??


583dcc6c.jpg





黒ラブ発見!


d82cbc70.jpg






そして家のラブ・・・


900794ba.jpg

しゃろむ母さんから近況報告のメールをいただきました。




しゃろむで?す。


2d4b118a.jpg






しゃろむちゃんは千葉ワンの預かりボランティアとして、私が初めて預かった三頭の子犬の中の一頭です。

2002年11月、もう5年も前のことになりました。

初めての預かり、いきなり子犬複数頭で、当時はてんてこ舞いでした。

友人、知人、ご近所の方々、いろいろと助けていただきました。

今となっては全てが良い思い出です。






今も昔も耳は大きいぞ??!


3eacdbfb.jpg






兄弟犬ロン君と。


71b89e04.jpg





病気もせず元気に生活している様子。

里子に出した直後のメールも楽しみですが、5年も経ってまた近況を知らせていただけると本当に嬉しい。

ボランティア冥利につきます。

しゃろむちゃん、ご家族の愛情を一杯受けて幸せそう。

これからも元気で長生きできますように!!





テディも当時は6歳だった・・・


a4a71e81.jpg





最後に・・・

ピンシャン、見てる?

過酷な現地でピントが命がけで守った子犬は、こんな立派なワンちゃんになったんだよ??!


この数日秋っぽい日が続いています。

お天気いいのですよ。

たま?に雨が降るのですが、お散歩はその合間をぬって行きます。







影の耳も立ってる!(当たり前・・・)


486222a4.jpg







森はまだジャングルだ!


af1b5d51.jpg






バックグラウンドもアマゾンの様・・・


ff19f644.jpg







それにしてもマット氏、ふてぶてしいですなぁ。

もうちょっと可愛く撮りましょ。





あっ、今度はテディがお地蔵さんになっちゃった!


1c49d391.jpg





なが?いお散歩の後はこれ ↓ ↓





寝る


42824918.jpg






寝る・・・


c195b555.jpg






寝る!


fbeccee1.jpg




ドイツは夏も短いけど、秋も短い・・・

つかの間の秋の日差し楽しまなくっちゃね。



日本でこの番組やってるでしょうか?

Dog Whisperer

2004年にアメリカのナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで始まった番組です。

Cesar Millanと言うメキシコ生まれの小柄なおじさんが、問題行動のある犬を更正するのですが、これがすごい!

もう残された道は安楽死しか無い・・・なんて言う過激な問題行動犬もこの人にかかると治ります。

もちろんテレビだから多少の演出はあるのでしょうが、それでもすごい!




くっついてる・・・


9d5dad8b.jpg






ドイツでもこの手の番組沢山ありますし、イギリスでもBBCのDog Borstalなんて似たような構成の番組もあるのですが、やっぱりCesarさんが一番。

他の人がどうやっても叶わないトレーナーとしての天性の資質、動物に囲まれて育った環境などなどあるのでしょうが、私が思うにこの人、とても明るくて楽観的。

非常にポジティブなの人です。





当たり前と言えば当たり前ですが、やっぱり動物も明るくてポジティブな人が好きなんですよね。

「僕が君のリーダーだからね。今までいろんなこと言われたかも知れないけど、君はちゃんと出来るから大丈夫だよ。今日から一緒に楽しくやっていこうぜ?。」

・・・みたいなノリが犬をその気にさせるのではないでしょうか?






空気の匂いをチェック中


9ca80f50.jpg






もちろん叱るときは容赦なくピシッと叱るし、絶対甘やかしたりしません。

Cesarさんが言う事は「聞いてみれば当たり前」の事が多いのです。

だから飼い主が基本さえ押さえていれば、犬をしつける事は難しくないのだと思わせてくれます。

「問題行動の99%は治せる」と言い切る彼の言葉にも説得力があるのです。




ちなみにHPのCesarさんの写真をクリックするとバイオグラフィーに移ります。

そしてCesarさんの個人的HPはこちら。

Cesar Millan


彼は虐待された犬の保護や放棄犬の里親探しなどもやっていて、シェルターのページにもリンクしています。




我が家で唯一手を曲げて寝る犬


a66ee66d.jpg

いつのまにか9月ですね?。

日本は相変わらず暑いのでしょうか?

こちらは寒くなる一方です。




これは昨日の画像です。↓ ↓ ↓

だからまだ8月・・・



ありえん!!!!!!!


74133590.jpg





合成画像じゃないですよ。本物です。

今日は昨日よりちょっと暖かいですが、ドイツはこのまま秋→冬になるのでしょう。

だけど日はまだ十分長い!

9時ごろまで明るいからなんか変な感じです。







とっくの昔にご飯食べ終わってるのに何故かまだ待つ。


c00a4eb2.jpg






テディ兄ちゃんが待ってるから訳わかんないけど自分も待つ。


8da6d597.jpg








そして最後に、個人的メッセージ。




9月1日と言えば・・・


118fced3.jpg

このページのトップヘ