ヒューストン犬日記

2007年04月

日本はもうすぐゴールデンウィークですね??。

なので(??)私も明日から旅に出ます。

今回はゴッドファーザーの島・・・

日記は5月から再開します。

また見に来てくださいね♪







休憩中のタヌキ・・・


b27cda00.jpg



獣医日記更新しました。


「診察室、その1」と「その2」です。


「その1」から読んでくださいね?。






テディの尻尾の先、いつのまにやらこんなに白くなってしまいましたぁ。




まるで元からの模様みたい


df08e1f1.jpg





顔とか、尻尾とか、体の先端から白くなっていくのですね。

長生きすれば白ラブに・・・





・・・んなわけないって!!


13c486d7.jpg

日曜日、テディを海に連れて行きました。

ドイツに来てから湖と川に1回ずつ行ったきり。

その内泳げなくなっちゃうかもしれないし、まだ元気な内に泳がせたい!と思い、バルト海までひとっ走りです。




バルト海だ!


70d57245.jpg






見えるかな?


画面中央の茶色い点がテディ


a1fe4826.jpg





来たぞ、来たぞ!


263f4ee3.jpg







この海岸はどんどん海に浸食されて断崖絶壁になってます。





10年後にはこの海岸も海の底??


66eeb1f0.jpg





で、崖の上で写真撮りました。



崖っぷちに建つテディ地蔵


3e78d22a.jpg





駐車場のそばで可愛いお嬢さんに遭遇。



「おじちゃん、どっから来たの?」


c95241c9.jpg






この後、海の見えるカフェで休憩しました。





「チーズケーキくりぃ」


6e8917db.jpg






以前ほど泳げなくなっちゃったし、具合悪くなる寸前までいっちゃったけど、久々の海で楽しかったよね?




「うん、満足、満足!」


e67c636e.jpg





家ではマットがそれはそれはいじけておりましたとさっ。ダハハハハハ



最近「獣医日記」を更新してないことに気が付きました。

通ってはいるのですが、写真が相変わらず血なまぐさい物ばかりなので、たまには元気な動物を撮りたい!と思っているうちに時間が経ってしまいましたぁ。

で、今日は病院の画像が無いのでこちらに書きます。




それはある日の出来事。

ジャックラッセルテリアを連れた飼い主さんがやってきました。



飼い主: 「この仔、いつも走ってるんです!!毎日5時間ぐらい走るんです!!家でも外でも走ってるんです??!!!」

獣医 : 「・・・・・」



以下カッコ内、私の頭の中。

(それって健康ってことじゃないですかぁ???

ジャックラッセルって猟犬でしょ?。活発で有名なんだよ。

1日5時間どころか、7時間でも8時間でも走り続けられると思うぞ?。)




d0da8bcd.jpg







飼い主: 「それで、太らないんです!どんどん痩せちゃってるんです。ちゃんとご飯やってるのに太らないんです!!きっとどこか悪いんです!!!」

獣医 : 「・・・まぁ、確かにちょっと痩せ気味ですねぇ・・・」(困惑)



私 : (「ご飯やってる」って??、あのね、奥さん、量が少ないんだってば!

運動量に見合った量のご飯やらなくちゃ、痩せて当たり前なのよ!

騙されたと思ってご飯の量増やしてみなはれ。)






aa68ee49.jpg






それから問診、触診があって、飼い主さんの要望で血液検査をすることになりました。



血液検査を待つ間、


飼い主: 「この仔、どこでもついて来るんですぅ。爆睡してても、私が動くと必ずついて来るんです。起こさないようにと思って、抜き足で歩いても、パッと起きてつい来るんですよ!いつでもついて来るんです??????????!!!」

獣医 ; 「ハハハ」(苦笑い)


私 : (当ったり前だよ??。犬なんだから!!

日本には忠犬ハチ公って言う偉い犬がいて、飼い主様の帰りを何年間も待ってたんだぞ!

犬って言うのは飼い主に寄り添っていたい生き物なんだってば!!!!)






ed21c8d1.jpg







さて診断はと言えば・・・




結局血液検査の結果も良好。

この仔はいたって健康だという事が判明しました。

診断はズバリ、

「ご飯の量を二倍にしてください。」


奥さんを迎えに来た心配顔のご主人も、病気では無いとわかって安心して引き上げていきました。


いるんですねぇ、ドイツにもこういう人。

でも、このご夫婦はジャックラッセル君をこよなく愛していると思われます。

だから全ての事が心配なんでしょうねぇ。



いや?、私もテディを飼い始めたころは、際限なくいつもついて来るのでちょっと鬱陶しいと思ったこともありましたっけ。



大型犬ですから、邪魔なんですよね。



11年経った今でも彼の行動は全く変わってませんけど、そんなのはすぐ慣れますから、大丈夫です。


まして我が家は一頭が二頭になり、二頭が三頭になり、ついて来る容量も増えました。

それでも取り立てて不便は感じないし、むしろ誰もついて来ないと心配になったりします。

慣れって偉大(?)なもんですねぇ。



a74dac74.jpg

金曜日から今日までイースターでお休みでした。

我が家は特別何もしませんでしたが、農家の皆さんは忙しそうに働いてらっしゃいました。




二色刷り!!


ca06516e.jpg





白い点々はカモメさんたち。

耕した後に出てきた虫を食べに来るのですね。

鳴き声だけど聞いてると、まるで海辺にいるようです。




「何が植わるのかなぁ??」


8227e4bd.jpg





たまたま入ったカフェのテーブルにあった超素人っぽい「イースター飾り」

驚いたことにこれ売ってるんですよ。

「こんなの買う人いるのかい?」と思いつつ写真に撮ったのは、うずらの卵が乗っていたから。




なんか可愛くないんですけど・・・


15c4d21c.jpg





ドイツのスーパーでもうずらの卵売っているのですが、ドイツ人は料理には使わない・・・・・・・と思う。

あれはいったい誰が買っていくのでしょうか?

まさか「飾り」のために売ってるわけじゃないですよね??





1996年4月5日、オーストラリアの犬舎で生まれたラブラドールの子犬は6週間後、飛行機に乗せられて、シンガポールにやってきました。

さらに2週間後の日曜日、とある日本女性(私)に見初められやって来た先が我が家。

それから11年、子犬はいまやおじいさん犬・・・




テディ、11歳になりました!


b03a67ac.jpg







それから二年半後、白い子が来て・・・




白い子


f730bfed.jpg








その5年後、黒い子が来て・・・




黒い子


20fa475a.jpg







我が家の犬は三頭になりました。




三頭


880b7e0c.jpg






テディを飼い始めた時は多頭飼いなんて夢にも考えてなかったよなぁ。

もうこれ以上増えることは無いと思います。






・・・・・・・・多分。



元野良犬で生年月日不明のマリア、マットも今日がお誕生日。

マリア、10歳、

マット、5歳です。



みんなお誕生日おめでとぉ??!!





「そんな事いいから早くメシくれ!!」


290b5c93.jpg







このページのトップヘ