空のドッグラン

おお、新聞が敷地内に!
IMG_0002
これが正しい姿ですよね。

配達する人によって違うってことか。

アメリカではよくあることですが、酷いですね。


ストームは昨日獣医さんに行きました。
IMG_0006
プロハート(フィラリアの薬)を注射してもらうためです。

今まで、プロハート6(6ヶ月用)でしたが、今回からプロハート12(12ヶ月用)になりました。

テキサスは暑い所なので、フィラリア予防は通年です。 

この冬は涼しい日でも蚊が飛んでいました。

ゴキブリより蚊の生命力の方が絶対強いと思う、 私は!

右のモフモフのかたまりは、ラブラデュードル。
IMG_0007
ヒューストンではあまり見かけません。


最後はお散歩の様子です。
 
いつの間にか埠頭が建設中になっている。
IMG_9986

ここ、ワニがいるのに大丈夫なのかな?
IMG_9987
飛び込む間抜けな人とかいるのではないだろうか?

家から5分ぐらいの場所にドッグランがあるのですが、
IMG_9988

いつ行っても、ほぼ誰もいない。
IMG_9989

我が家の二頭も第三犬(?)が居ないと走らないので、ただの匂い嗅ぎ。
IMG_9990

離れて名前を呼んだら、
IMG_9991

ストームだけは来てくれました。
IMG_9992
 タスは知らんぷり(笑)

でも、「帰るよ」と言ったら、ちゃんと戻ってきました。

私たちを天敵ぐらいに持っていたこの頃(6年前)に比べたら、ホント進歩したわ〜。
f61ee932

タスのことは一生、心底は懐かないであろうと覚悟して引き取ったので、

ふとした時に感じる変化は、小さくても私にとっては極上の喜びです。
IMG_0500

でも、信用はしてませんよ。

今でも脱走魔なので。

多分一生、首輪とハーネスでダブルリードです。
IMG_9978
犬は鬱陶しいと思っているかもしれませんが、犬の身を守るためだからしょうがない!

 

季節のスィーツ

新聞が増えている・・・
IMG_9977
前回の新聞とは違う様ですが、過去二日取り込んでないんですかね。

もう、これじゃ道路にあるただのゴミだわ。


さて、今日はスィーツです。

明日12日はスパーボウル!

というわけで、ケーキもスーパーボウル仕様です。
IMG_9981
鮮やかだわぁ。

こちらは、一口サイズのスィーツ
IMG_9983
このぐらいだったら、まだ食べられますけどね。

これは嫌だ。
IMG_9982
投げやり感満載!

子供だってもう少し上手く作れるのではないでしょうか?

上に乗っている緑がもずくに見える・・・


更にバレンタイン商戦も真っ盛り。

植木鉢ケーキ
IMG_9984
う〜ん、微妙。

本物のミニ植木鉢です。

左は、丸い段ボールの上に寄せ集めただけのスィーツですね。

もうちょっとマシな敷物は無かったのか??

そして、これ。
IMG_9985
ハート型のステーキ肉

こういうのは大抵、男性が調理するので、

「ダーリン、今日のステーキはハート型だよ

「あら素敵〜ん」

とかになるわけでしょうか?

だけど、これ焼いたら絶対形崩れるぞ。(笑)


最後は爆睡二頭です。
IMG_9976






 

新聞

昨日、父ちゃんが3年ぶりにノルウェーに里帰りしたので、

久々に私が朝のお散歩です。
 
「行くぜ、母ちゃん!」
IMG_9969

まだ月が出ている
IMG_9967

あらま、氷が張ってるわ
IMG_9971

大体、こういう並びで歩きます。
IMG_9966
目の前がお尻でいいのか、ストーム?

でも、ストームが立ち止まると、タスは先に進めません。
IMG_9968
力の差は歴然。体重はほぼ倍だから、しょうがない。

これ、何だかわかりますか?
IMG_9970
答えは、新聞です。

映画やドラマで、新聞配達の人が家の前庭に新聞を投げつける場面を見たことがある方もいらっしゃると思いますが、あれは本当です。

だけど、この歩道は公道じゃないのか?

せめて、敷地内に入れてあげて!

そして、新聞にマーキングしようとした方がこちらです。
IMG_0869

ちなみに、私は久く新聞を読んでいない!

以前は、帰国時に飛行機の中で配布される新聞を読みまくっておりましたが、

コロナ以降、新聞も雑誌も無くなってしまいましたね。

結構楽しみだったのになぁ。

「新聞って何だろ?」
IMG_9046

変化

最近、ストームさん、ベッドに乗ることも覚えました。
IMG_1120のコピー
ダメなんですけどね。

日中私が、「あ〜疲れた」と横になった途端、ベッドが壊れんばかりのジャンプ力で乗ってきます。

もっと静かに乗れんのか、君は?

「無理」
IMG_9730のコピー

基本、私は犬とは一緒に寝ないことにしているので、すぐ降ろされますが、諦めません。

この、めちゃくちゃしつこくて諦めない性格は、ラブラドールの血の賜物でしょうか?

なぜ突然、今まで見向きもしなかった場所で寝るようになったのか?
IMG_9961
最近、音に対してもさらにセンシティブになりました。

家でも外でも、嫌な音がすると、一目散に逃げていきます。

前はここまでじゃなかったよなぁ・・・

IMG_9792
こういう変化は、決して看過してはいけないと私の本能が言っている!


2017年1月、我が家に来た時、1歳半と言われました。

なので今年中に8歳を超えるはず。

私の中で8歳はトラウマ

元ちゃんの分も、ストームには長生きして欲しいのです。
IMG_9954

それが君の使命だぞ!
IMG_9955

生まれ育った環境と、個々の遺伝子と、飼い主のケア、そして人知の及ばない運命、諸々の要素が絡まって、犬の寿命は決まるのだと思います。

飼い主ができること以外の部分も、長生きの方向であって欲しいなぁ。

できれば老衰で看取りたい。


タス君もマリアさんより長生きしてね
IMG_9956


 

拡張

なんともう2月ですね!

日曜日、ペットホテルから戻ってきてしばらく、二頭は
IMG_9938

死んだように寝ておりましたが、
IMG_9940

だんだん復活してきました。

月曜日にはサロンでシャンプーしてもらって、
IMG_9944
今週はデイケアをお休みしているので、まだ綺麗です。(笑)

最近、ストームが頻繁にソファーに乗るようになったので、
IMG_9942
鼻水、ヨダレ対策が施されました。

母ちゃんお気に入りのラルフローレンのクッションがガビガビ
IMG_9941
まぁ、それはいいですが、

タスが窮屈そうなので、
IMG_9947

お犬様OKエリアを広げてみた。
IMG_9951
だが・・・

拡張したエリアを誰も使いません。(泣)

「ボクだけの時の方が良かった・・・」
IMG_9945
だよね〜!



オマケ

パトカーのウインドウの左下、K9の文字見えますか?
IMG_9806

我が地域の警察犬Tezerくん
スクリーンショット 2023-02-01 午後6.22.54
がんばれ、働くワンコ!

 

帰路

あっという間に一週間経ってしまった・・・

前回の観光以外、特記することもなく出発日になりました。

あんまり画像も撮らなかったけれど、漠然と並べてみます。


買い物行ったらかわい子ちゃんが居た。
IMG_9895
よ〜く目を凝らすと誰がいるかわかります。(笑)

思わず「キモッ!」と叫びたくなる看板(?)を発見。
IMG_9905
下半身は普通の写真で、上半身は動くディスプレイなのです。

近づくと反応するので、知らずに近寄るとかなり驚かされます。

なぜウサギの飾り付けは、どこのも怖いのか?
IMG_9926

ラスベガス通りを少し歩くだけで、
IMG_9927

「混沌」を感じられるのですが、
IMG_9930

この節操のない人工的な街が、
IMG_9928

私は結構好きです。
IMG_9925

最後はお酒コレクション(?)の一部と、
IMG_9841

IMG_9883

IMG_9935

IMG_9889

ペットホテルの二頭
IMG_9933のコピー

これから帰ります
 IMG_9936

Valley of Fire State Park

一昨日のお昼、無事に到着。
 IMG_9831

寒いですが、気持ち良い快晴です。
IMG_9832
今回宿泊するEncoreへGo

ホテルからの眺め
IMG_9833

旧正月なので中華風飾りつけが各所に
IMG_9885

うさぎ年ですよねぇ。
IMG_9838

よく見ると怖いのです。
IMG_9837

前回(昨年9月)は全く観光しなかったので、今回は早々に観光に出ました。

F1レースの競技場を過ぎて、
IMG_9844

ひたすらドライブ
IMG_9846

火の谷(バレーオブファイアー)に到着
IMG_9847

火の谷の所以は、この赤い岩
IMG_9855

蜂の巣岩
IMG_9851

これ、自分の足元を写したのですが、
IMG_9860
気の遠くなるような年月の風や雨が削った跡なのですね。

こんな乾いた大地にも、緑は生える。
IMG_9873
植物の生命力に感動。

エレファント岩、
IMG_9876

からの眺め
IMG_9878

そして、ここにも犬連れの人はいる!
IMG_9863
リードをつけていれば、基本どこでも歩けます。

見どころについては、英語ですが公式HPのYoutubeがわかりやすいようです。

Vally of Fire State Park


正直な気持ちを申しますと、前々回来た時に行ったレッドロックキャニオンと、

「変わんないんじゃねぇ?」、と言う気がしたのですが、

今回で、ラスベガス周りの国立公園は制覇しました。

次回からまた、「乾いた大地国立公園巡り」2巡目始めます。


二頭は元気です。毎晩、インスタにあげてくれるので、見るのが楽しみなのです。

IMG_9835のコピー


IMG_9836のコピー


IMG_9882のコピー




出発

少し間が空いてしまいました。

二頭は元気です。
IMG_9823

実は今日から、旅に出るので今空港です。
IMG_9826

また懲りずにラスベガスに行ってきます。

寒いようなので、前回日本で購入したカイロをパッキング。
IMG_9824
コロナとインフルと風邪に気をつけないと・・・

二頭はいつものデイケアでお留守番です。


先日またインスタに載せてもらいました。
IMG_9822のコピー
なんか笑える。

来週の土曜日に戻りま〜す。





サンディ

昨日、私の大好きな葉月さん宅のサンディが天国へ旅立ちました。

かなり大きめのラブで、推定16歳。

11月の帰国時、ベルちゃんに会いに岡山に行く直前、葉月さんが「サンディの調子がいいから会いに来て!」と言ってくれて、急遽お邪魔することにしました。

穏やかなお顔で迎えてくれたよねぇ。
S__133988396
あの時、多少無理してもお伺いして本当に良かった。

16歳とは思えないフサフサの柔らかい毛並みをずっと撫でさせてもらって、すごく嬉しかったです。



サンディに初めて会ったのは、2012年の4月
2012_0402(021)のコピー
私がまだノルウェーに住んでいる頃でした。

ストームじゃないですよ、サンディですよ。(笑)
2012_0402(024)のコピー
5歳ぐらいかな?今のストームより若かったんだねぇ。

あの頃の我が家の3頭は、この後3年でみんな天国へ行ってしまいましたが、アメリカに来てから迎えたストームは、期せずしてサンディに瓜二つ。

今から思えば私の深層心理でサンディを探していたのではないかと思うほどです。


これはストーム
IMG_7697のコピー

一度は捨てられた命、でも素晴らしいご家族に迎えられ、大切に大切に育てられて、大型犬としては超御長寿の16歳まで生き抜いたサンディ。

本当に偉い、すごい、よく頑張った!

それもこれも、葉月さんの手厚いケアと介護の賜物です。

サンディ、君は本当に幸せなワンコだったね。

これからは天国のみんなと一緒に楽しくワイワイやってね!



2015年4月のサンディ社長
2015_0427(025)のコピー

2019年のサンディ社長と私
cd6bedfb-s
本当に穏やかに年を重ねていたんだね。

ストームもタスもサンディのように長生きだったらいいなぁ。
IMG_9764
そのためには飼い主も頑張らないと!

 

オポッサム

あっという間に1月11日だ!

鏡開きですね。今年はお餅を食べるチャンスがなさそうで、少々残念です。

特別好きではないですが、お正月にはちょっと食べたい。


おかげさまでタスは回復しました。

相変わらず気温は上がったり、下がったり。

昨日はヒーターをつけていましたが、今日はクーラーにした方が良さそうです。
IMG_23F01F89812E-1

そんなわけで、野生動物の活動も活発です。

今朝、我が家の前庭を見ると、
IMG_9801
オポッサムがいる!

オポッサムとは

今、これを書いている目の前を活発に動き回って、食事活動?に勤しんいでます。
IMG_9798

よく見ると二匹いる。
IMG_9800
なんか一匹が追い出しているようにも見えたけれど、ずっと二匹でいます。

夫婦なのかな?

超鈍感なストームさんは、朝寝を貪っていましたが、
IMG_9162

タスは気になる
IMG_9799

多分、北米でのオポッサムの死因の多くは、交通事故ではないかと思います。

我が家の前庭は道路に面しているので、ちょっと心配。

車に気をつけてねぇ。
IMG_9795



初獣医さん

あっという間に年明けて6日経ってますね!

私は元気ですが、術後すぐに激しく動き過ぎたようで、傷の治りが悪く、先生に怒られました。

しょうがない、少し休むかと思った矢先、タスがすごい血便を出して、急遽獣医さんへ。
IMG_9781
朝、普通にお散歩に行って、ご飯を食べて、まったりしていたのに、突如外に出たがり、庭に出したら、ほぼ真っ赤な便が出たのでかなり焦りました。

しかし、検査では異常なし。少しおとなしいけど、基本元気です。

獣医さんの見立ては、お散歩中の拾い食いではないか?と。

まぁ、たいていそう言われますよね。思い当たる節はないのだけれど。

お薬をもらって月曜日まで様子を見ることになりました。


獣医さんの寄付コーナー
IMG_9780
車椅子がある・・・

車椅子を使っていた子が天寿を全うしたのでしょうか。

役に立つといいですねぇ。

ちなみに、私もこの獣医さんと、二頭をシャンプーに出すペット用品屋さんの寄付コーナーに、二頭の使わなくなった物など寄付させてもらっています。

来るついでに持って来られるので、とても便利なのです。


ストームは元気です。

ベッドの縁を挟むと言う技を覚ました。(笑)
IMG_9767

「僕も元気だよ」
IMG_9777
あなたは母ちゃんと一緒に少しおとなしくしていなさい。


最後はオマケ

寝正月なストームさんと私です。
IMG_9783のコピー


 

元旦

明けましておめでとうございます!


なんと、ヒューストンの年明けは深い霧。
IMG_9760

今の世界を象徴しているようです。
IMG_9761
 
昨日(大晦日)はと〜ってもお天気良かったのにね。
IMG_9750
月、見えますか?

前回の記事で、劇的に気温が上がった話を書きましたが、

昨日、蚊に刺された・・・
IMG_9763
アメリカの蚊、最強説。

大晦日に蚊に刺されたのは、生まれ初めだと思う。

その上、なんでこんな箇所?!


先日の寒波で、多くの植物が枯れてしまいました。
IMG_9754

そこに追い討ちをかける容赦ないタス(笑)
IMG_9755


そんなこんなで2022年は去って行き、

2023年がやってきました。
IMG_9757
今年も元気で穏やかに暮らせますように!



 

年末

2022年も後2日になりました〜。

今年も早かった。でも、日本に2度帰国できたので、とりあえず思い出はあります!

2020年と2021年は本当に何をしていたのだろう?と思います。


で、前回寒いと書きましたが、

暑くなりました。
IMG_9744
これは、昨日の午後11時43分。

最高気温28度でした。またクーラーに変えましたよ。

流石に、この気温の振り幅には驚きです。

その上、湿度97%。雨が降っていないのに、道路がこれぐらい濡れてます。
IMG_9689

欧米の年末年始は、クリスマス後の余波みたいな感じなので、さらっと終わってしまうし、

この年末は日本食材店に買い物に行く時間がなかったので、お正月らしき物がいっさいありません。

しょうがないので、紅白のカーネーション買ってみた。
IMG_9747

私は非常に元気ですが、お腹の傷はいまだ回復中なので、年始年末は特別何もせず、二頭と静かに過ごします。

何度も書いていますが、欧米ではクリスマスデコレーションで年を越します。
IMG_9727のコピー
お片付けするのは7日ごろ。だからなんか新しい年が来た!と言う感じが薄い・・・

そでも年は明けます。

皆様、どうか良いお年を!


最後は、帽子が似合う?ストームと、
IMG_1092

私の足元で丸くなるタス
IMG_0869
2023年、動物たちを取り巻く環境がさらに改善されますように
 

動画

スマホを変えたら、画像クラウドアプリが使えなくなりました。

何故だ???


デイケアで、二頭のクリスマス画像を撮ってくれました。
スクリーンショット 2022-12-26 午前10.34.11

スクリーンショット 2022-12-26 午前10.34.26

Dogtopia NASAのインスタに載ってます。

二頭の普段の雰囲気と違うので、最初フィードを見た時、 誰かわかりませんでしたよ!
 

おかげさまで私は順調に回復して、クリスマスイヴに術後初シャンペンいただきました。
IMG_9733
5日ぶりの酒は美味かった!

まぁ、それからは毎日飲んでます。あはは

 
寒いおかげで、二頭はとても元気です。

特にタス
IMG_9734
今、タスの脳みその95%は「遊ぶ」で占められています。

毎日体当たりで遊んで、
IMG_9735

楽しそうです。
IMG_9736

ベルちゃん一家に、

「どうして動画撮らんの?」と言われたので撮ってみた。



動画をあげない理由は、このブログでは動画をYoutubeかインスタにあげて、そこから引っ張ってこなければならないシステムで面倒だからです。

そのまま貼り付けられるようになればいいのに・・・

あとね、そもそも動画をあまり撮らないのです。

先代の子たちの動画も少しは撮ったけれど、それを掘り返して見ることはほぼなくて、画像すら見返すことはありません。

人の画像も同様。撮るには撮るけど、旅行の画像もあまり見返したことがありません。

まあ、重度の面倒くさがりですね


最後は、我が家の先代達。

左から、テディ、マリア、マット、元ちゃん、デスバレーで拾った石、です。
IMG_8539


今週諸々

少し間が空きました。

まずは、こちらにも寒波がきました。 
IMG_9726
いやはや寒いです。

12月9日の記事に27度って書いてあるんですよね。

短期間でのこの寒暖差。酷すぎる。

タスもさらに丸まってます。
IMG_9715

ウチの中そんなに寒いかな・・・
IMG_9716


今週は色々なことがありました。 

スマホを変えました!
IMG_9723
古い電話の隣に置いておくてとデータを全て移行してくれるESIMカードシステム凄い!

1時間もかからないで移行は完了しました〜。



22日は「元気」の命日でした。
IMG_9725
7回目です。

元ちゃんが私たちと過ごした日より長い月日が経ってしまいました。

今でも、あの日のことは昨日のことのように思い出し、激しく胸が痛みます。

あの時期は本当に辛かったです・・・




ちなみに、上の画像、新しいスマホで撮りました。

黒い物体の凹凸も綺麗に撮れますね。

これからはストームも綺麗に撮れるかな?



最後は、私が手術しました。
IMG_9718
日帰りのロボット手術です。子宮のポリープ、筋腫などを取りました。

こんな機械が手術してくれます。
press_140508_img02
これが自分の体の中に入ったのかと思うとちょっと恐ろしいですが、

日本でも、ロボット手術はどんどん行われるようになってきているようですね。

こんなページ見つけました。

ダヴィンチ徹底解剖


傷はお腹に3箇所ついてます。

苦手な人は見ないでね。










IMG_9719
1センチぐらいかな。

アロンアルファ?の様な物で塞いであります。


大体アメリカは、出産でも一泊しか入院しない強者の国なのですが、

朝9時に行って、午後2時には家に戻ってきました。

親の時代だったら、開腹して数日入院だよなぁ。

医療の進歩は凄い、そして有難いです。

とまぁ、ちょっと慌ただしかったですが、年末は体調の回復に勤めつつ静かに過ごそうと思います。

最後に、二頭からメリークリスマス!
IMG_9728のコピー


季節感

やっと冬らしくなりました。
IMG_9709

 寒くて丸まるタスくん
IMG_9705
数日前までクーラつけていたなんて信じられない!

実は、一週間前に蚊に刺され、炎症が治らないのです。
IMG_9703
寒いのに痒くてたまらない!!

季節感バグってますわぁ。

ですが、これから結構な寒波が来るらしい。冬モードに切り替えないと・・・


先日書いた、ご近所のクリスマスライトが気になって、トレイができない二頭
IMG_9680

今朝、このお宅の前を通ったら、市のコンテストで優勝の立て看板が出ていました。

2度目の受賞です。凄い


次は、懲りずにまたクリスマスケーキ軍団。
IMG_9707
ここのお店はいつも、とても独創的です

だが、怖い・・・
IMG_9708
これ、どんな気持ちで食べればいいのだ?(笑)


最後は遊びたいタスと、寝たいストームさんです。
IMG_9698
二頭の差は1歳弱だと思います。

でも、最近エネルギー量の差が激しい

個体差もありますが、大型犬の宿命ですよねぇ。

まだまだモリモリ元気ですが、ストームの時間の速さを思うと切ないです。

一緒の時間、もっと大切にしないと・・・


伸び

やっと撮れました。ストームさんが伸びる姿。

一瞬なので、慌てて私の指が入ってしまいました。
IMG_9643

上半身はこうなっております。
IMG_9642
子犬の時は、みんなできると思うのですが、成犬になると足が伸びる犬と伸びない犬がいますよね。

違いは何なのでしょう?
IMG_9646


さて、クリスマス近くなり、ケーキもクリスマス仕様になっております。
IMG_9683
今回は割合まとも?

左側はフルーツケーキですが、
IMG_9684
トッピングのフルーツの量が多すぎるんだよ!

ちなみに、中はスポンジとクリームのレイヤーのどうってことないケーキです。


最後は、サンタ・チャビー
IMG_9696
チャビーとは私がつけた名前で、「Chubby=ぽっちゃり」です。 

よくリアル犬に間違われるのですが、経年劣化で色がくすんで、さらにリアル犬味が増した気が・・・?


制服

面倒くさ〜と言う気持ちを乗り越え、ツリー他、飾りつけました。
IMG_9690
オーナメントの種類の配置が偏っているのは、この方のせいです。

「え、ボク?」
IMG_9644

「すみません・・・」
 IMG_9645

あとはこんな感じ

この敷物とか
IMG_9692

これとか、
IMG_9693

これもですが、
IMG_9695
亡くなった義母が作った物なので、毎年必ず出すだけは出す

アイロンかけろよ、ですよね。でも、無理


最後は全く話題変わって、

今日クリーニング屋さんのカウンターに吊るされていたのを発見しました。
IMG_9681
まさか、こんな物がここに吊るされているとは

見づらいですが、Correctionsと書いてあります。
IMG_9682

Correctionsとは刑務所のことなり

刑務官って制服を自分でクリーニングに出すんだ

てっきり所内でやってくれるものだと思ってましたよ。

名前もついてるし、プライバシーとか大丈夫なのかな。

ちなみに、日本はどうなのでしょう?


最後は、アップサイドダウンなタス
IMG_7240



飾りつけ

日没
IMG_9674

なのにこの気温
IMG_9673
今、夏のオーストラリアより暑いのではないでしょうか?

この異常気象がもたらす影響が恐ろしい・・・


さて、今日二頭を迎えに行ったら、受付に大きなプレゼントの箱が
IMG_9655
何が入っているんでしょうね〜

カウンターの下からガウガウ聞こえるので、覗いてみると、
IMG_9675
子犬ちゃんが遊んでました

2〜3ヶ月と言ったところでしょうか。

何でも楽しくて、エネルギー無尽蔵の子犬様。とにかく可愛かったです。


最後は、ご近所さんのクリスマスデコレーション。
IMG_9671
家の前に山だ・・・

キリストが誕生して、東方の三博士が訪ねてくる場面ですね。
IMG_9672
このお宅、毎年クリスマスデコレーションにかなり入れ込んでいるのですが、

今年はプロに頼んだようで、さらにバージョンアップしました。

夜はこんな感じです。
IMG_9676
カメラがいまひとつなので、よく撮れないのですが、実際はもっと明るくてピカピカしてます。


記録を見たら、ほぼ毎年撮っていました。

2018年
IMG_3761

2019年は撮影しなかったようで、

2020年
IMG_6218

2021年(車中から撮ったので車内が反射してます)
IMG_7499

2023年はどうなるのかな?

山(?)がもっと大きくなるのかなぁ

今から楽しみです。

 

限界

暑いです。
IMG_9640
12月ですからねぇ。

流石にヒューストンでもこれは異常気象なり、です。


フィラリアの注射でタスと獣医さんに行きました。

「怖いよぉ」
IMG_9649
ガクブルです。

お隣に大きなわんちゃんが来てご挨拶
IMG_9647
近寄ってお尻見せて、スリスリしたら落ち着きました。

やっぱり大きい子好きだよなぁ、タス。

このワンちゃん、12歳のおばあちゃん犬ですって。
IMG_9648
地元の団体からレスキューしたそうですが、飼い主さんは二頭目を探しているとのこと。

それもハスキーとピットブルのミックスで若いオスを探しているんだとか。

飼い主さんはかなり年配のご婦人で、体力はありそうな方でしたが、う〜ん、どうなんでしょう?

「家族を必要としている犬がいる限り、レスキュー以外の選択肢はないわ!」と、待合室中に響く声でおっしゃっていました。(汗)

その通りです!

私もずっとそう思って自分の犬を決めてきましたし、保護活動を続けてきました。

でもね、人前で叫ばないし(笑)自分の限界は理解してます。

3頭から2頭体制にしたし、これからは犬のサイズダウンが必要だし、若年はもう無理だと思っています。

勢いで飼える時代はもう過ぎたと・・・と思うのです。

このご婦人の希望が叶うよう祈りますが、同時に最後まで必ず看取って欲しいと切に願います。



最後に二頭の画像をアップロードしようとしたのですが、できません。

最近、このブログ不具合多すぎだよぉ。(号泣)

 
このブログは、転勤族で数年ごとに海外を転々としている(アメリカ、サウジアラビア、シンガポール、日本、ドイツ、ノルウェー、アメリカ!)我が家の各国の生活と、一緒に移動している犬達の記録です。 現在登場するのは、ちばわんのHPで犬の募集掲載を担当している私、ちばわんから引き取った「タス」、テネシー州の保護団体から引き取った「ストーム」そしてノルウェー人の夫。二人と二頭が、アメリカ・ヒューストン郊外で暮らす日常を綴っています。 ヒューストン以前は、オーストラリア出身のラブラトールのテディ(2009年7月6日没)、シンガポールのとある道路の穴で5匹の子犬を産み、子犬共々保護したマリア(2014年8月15日没)、ちばわんの預かり犬からドイツ・ハンブルクへの引っ越しを機に家族になったマット(2015年10月21日没)、やはりちばわん出身で元麻薬捜査犬候補、はるばる日本からドイツへやってきた元気(2015年12月22日没)たちの記録です。 私がボランティア活動をしている「ちばわん」にはまだまだ沢山の犬猫が本当の家族を待っています。リンク集の「ちばわん」をぜひご覧ください!日本での預かりボランティア時代の日々は「旧ドイツ犬日記」に綴っています。 募集犬とたまにうちの犬を載せているインスタはこちらです。 https://www.instagram.com/kuminaess/
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ