検査結果とマスクとソーシャル・ディスタンス

先ほど検査の結果が出ました。

陰性でした。良かったぁぁぁぁぁぁぁ


結果が出るまで丸二日待たされた訳ですが、思っていたより緊張していたようで、 二人ともドッと疲れました。



残念ながら、発熱した同僚は陽性でした。

その人の部下で、すぐそばに座っていた二人も陽性。

やはり、ソーシャル・ディスタンスはある程度、感染を防ぐ効果があるようです。



そしてタイトルにも書いたマスク問題。

夫の会社内ではマスクは必須ではありません。

これを日本の友人数人に話したら、「えええええ〜〜〜」だったのですが、アメリカとはそう言うところ、日本とは全く違うのです。

だからこんなに感染が広がっているのです



もちろん、医療施設では、常にマスク以上のプロテクションをしています。

でも、普通のお店やレストランでは、お客さんに接する時はマスクをすると言う感じです。

私がお店に入ったら、マスクをつけながら接客に出てくると言う姿を何度も見てきました。

ちなみに入店するお客さんはマスク必須です。



今回感染した一人は、オフィス内でも随時マスクを着用していたそうです。

それでも感染したと言うことは、マスクは自分を守る盾には弱すぎると言うこと。

マスクはやっぱり、他の人に感染させないための物なのですね。



それで私は思いましたよ・・・

自分がマスクをしている時、マスクをしていない人と接するのは、本当に割りに合わないと。

自分が菌を振りまかないようにしているのに、相手は振りまきたい放題です。

直接飛沫を浴びなくても、飛沫を浴びた物に触れることもあるのです。

その結果、自分が感染するなんて、理不尽にもほどがある



今回のことで色々勉強になりました。

私は自分も他人も守る努力を継続します。

でも、感染した一人は無症状で今も至って元気です。

もし、上司が発熱しなかったら、この人は検査をするなんて夢にも思わなかったでしょう。

自分がそう言うケースでないと、誰が言い切れるでしょう。



やっぱり検査した方がいいのかな?

でも、検査した次の日に感染したら?

一体どうすれば、と言う感じです。



アメリカでは年明けからワクチン接種が始まっていますが、当初の予定より遥かに遅れています。

最初はどうかなと思っていましたが、今は私は十分ワクチンを打つ気でいます。

ただ、良くも悪くも健康で高齢者ではないので、最後の最後のグループです。

それまで、感染しないでいられるのだろうか・・・

コロナが収束する日は来るのでしょうか

IMG_6418





 

PCR検査

今日の話ですが、朝普通どおりに出社した夫が2時間ほどで戻ってきました。

会社の人が突如高熱を出したので、急遽在宅勤務になったとのこと。

熱を出したのは、隣の隣の席の人です。あちゃぁ


その人はこれから検査を受けると言うことで、自分は「数日待った方がいいかな?」と訳わからないことを言いだすので、「すぐ受けてこい!」と検査の手配をしました。

当人はどこで検査できるのかも全く知らず、「どうすればいいの?」状態。

その上、その具合の悪い人が今日発熱したので、今日感染したと思ったらしい。んな訳ないだろ

呆れましたよ。無知にも程があります。そして危機管理能力低すぎる。

もう在宅じゃないのだし、自分が感染するか濃厚接触者になる可能性を考えなかったのだろうか?

大体普通にニュースを見ていれば、どこで検査できるか等、大まかな知識は得られますっ

IMG_6264

愚痴はともかく、家のそばで検査できる場所は病院や薬局で、車で数分の箇所に5箇所ぐらいあるのですが、即日結果が出る検査はどこも今日・明日予約でいっぱいで明後日が最短でした。

それなら「ラボ検査」(結果が出るまで2−3日かかる)と変わりません。

というわけで「ラボ検査」を受けに行かせました。

検査方法は、薬局のドライブスルー窓口で検査キットをもらい、自分でサンプルをとって、窓口にまた戻す型式です。

サンプル採取の仕方は、アポの1時間前に動画が送られてきます。

本人曰く、「脳味噌を突っついた」そうで、かなり不快らしいです。

最初は私も同時に受けようかと思ったのですが、夫が陽性ならほぼ確実に私も陽性でしょう。

夫の結果を待って、陽性だったら受けようと思います。

ちなみに、もしものことを考えて、私は水曜日までのアポは全てキャンセルしました。


本当にコロナが迫ってきました。すごく嫌な感じです。

夫も発熱した人も、陰性であることをひたすら祈る今日・明日、多分明後日です。

やれやれだ・・・


最後はタスの裏側
IMG_6062




 

ワクチン

突然ですが、

Mac BookのタッチIDを右手の人差し指にしてるんですけど、 

火傷して以降、反応しなくなってしまいました。

もう傷は治っているのに、何故なんだ?

指紋って一生変わらないんじゃなかったんですか???



さて、昨日買い物に行ったのですが、

車から降りたら、何かある。
IMG_6376

近寄ってみたら、何と・・・
IMG_6377
ケーキでした

なななな何で

6と9って69歳ってことですか

そしてケーキの文字

「Virgin(バージン)」に斜め線ですよ。怖っ〜〜


これ、捨てたのでしょうか

それとも忘れ物

まさか、このスーパーの駐車場でお誕生会でもしたのか

一体何が起きたのでしょう

このケーキを巡るドラマがとても気になりますが、どうみても普通ではない

怖いです・・・




そして、今日は病院に行ったのですが、せっかくなのでコロナワクチンのことを聞いてみました。

私がかかった先生は、2週間前に1度目を接種、あと1週後に2度目を受ける予定だそうです。

筋肉注射なので、数日痛みは残るけれど、コロナの症状は何も出なかったとのことで、「接種を強く勧める」と言うことでありました。

私の周りの人(高齢者を含む)は皆、「受けない」と言っていると話をしたら、

先生の患者さんの一人の話をしてくれました。


70過ぎのご婦人で、酸素吸入しないと生活できないので、感染したらほぼ即死(先生曰く)だろうと言う方なのですが、

「ワクチンの中にはナノ・チップが入っている。政府が国民を監視するためよ。だから私は絶対受けない」と言っているとか。

ちなみに、この方は至って正気で認知症ではないとのことです。

IMG_6370

これ、自分で考えたわけではなく、誰かが吹き込んだんですよね。

何なんでしょう、この状況。

面と向かってこんな話されたら、凄く対応に困るわ・・・


で、笑い話として、これを夫に話したら、

「いや、社内でもあの人とあの人とあの人はその話を信じると思う。それぐらいマニアックな人間が多い。」と、真顔で返答されました。


嫌だなぁ。なんか急にアメリカ生活が怖くなってきましたよ〜。

今までは、「大変だけど楽しい」と思っていましたが、段々SFかホラー映画かと言う感じになってきたような気がします。

だけど、今はどこにも逃げ場がありません。

ここで戦い抜くしかない

何とか生き延びたいものですわぁ。
IMG_6039


 

ボール遊び

寒いですが元気です、特に二頭が。
IMG_6366


ボール大好きストームさん
IMG_6361

 人が投げる前、待ちきれなくて体のパーツ全てが伸びる
 IMG_6362
50%のラブの血が騒ぐのか

タスもボールは好きですが、
IMG_6357
ストームのあまりの興奮ぶりに、毎回引いてます。

「痛っ!」
IMG_6364
なので、たまにストームを家に入れてから、タスだけボールで遊ばせることがあります。

「僕のボール
IMG_6365

家の中でストームは盛大にキュンキュン言ってますけどね。

「不服〜
IMG_6324
たまにはいいじゃないの。

最後は、人工芝を突き抜けて生える雑草?
IMG_5301
凄い生命力だ



水際対策

新年早々放置してしまいました!

人間も犬も元気です。
IMG_6348

緊急事態宣言後の東京はどんな感じでしょうか?

私は海外在留届というのを出しているのわけですが、(海外在留が3ヶ月以上の場合、最寄りの大使館・領事館に提出する必要があります)最近外務省から毎日何通もメールがきます。

主に、水際対策措置(日本入国)情報ですが、テキサス州は早々にコロナ変異種が発見されたので、入国条件が厳しくなりました。

結局、緊急事態宣言が出されて全ての外国からの入国が厳しくなったわけですが、現在、日本に入国するには、出発72時間前以内のコロナ検査の証明書を提出しなければなりません。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置


さらに検査証明書にはフォーマットがあります。

有効な「出国前検査証明」フォーマット

それはいいのですが、このページの最後の文章、「自分の国で検査できないなら他の国でやって」は厳しいなぁと思いましたよ。

今、国家間の移動は難しいです。

移動できたところで、無症状の外国人に簡単に検査してくれるところはあるのでしょうか?

とても難しいと思います。結局、そういう人は帰国を諦めろということです。



外務省の役割の一つは、「海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全」です。

でも、この状況下ではそんな事言っていられないのですよね。

それはどこの国でも同じ事で、人が行き来を遮断しない限り状況を改善することはできないのだと思います。


コロナはどこまで世界を変えるのか?

自分が生きているうちに以前のような世界に戻るだろうか?

また人と会う生活ができるのだろうか?

と、柄にもなく真剣に考えた数日でした。


最後は、ストームで暖を取る父ちゃんと
IMG_6312

「何やってんの、このオジサン?」のタス
IMG_6315



厄落とし

明けましておめでとうございます!


IMG_6331

こちらは昨晩のNYの画像です。
IMG_6333

テキサスはこれから1時間後、
IMG_6332
カリフォルニアに至っては、3時間後に年があけるのです。

同じ国なのに、前年と新年が同時に起きてるって、本当に不思議な感覚。

時差のある国の人には当たり前なんでしょうが、私はいまだに慣れません。


さて、2021年第一弾は、アメリカンスィーツからです
IMG_6321

新年パーティー用みたいですけど、
IMG_6320
パーティーやっちゃいけないんだからね

2021年も極彩色で訳わからない物がのっているアメリカンスィーツを
IMG_6323
ご期待くださいませ〜

だけど、このカップて何なんだろ?
 IMG_6322
お酒用?それとも花火用でしょうか??


ちなみに私は30日の夜中に体調を崩し、大晦日に急遽通院しました。
IMG_6325
ただいま検査結果待ち中です。

夜には年越し蕎麦を作っている時に火傷した。
IMG_6335
冷やしても冷やしても痛いので、以前、友人が日本から持ってきれてくれた冷えピタを貼ったのですが、今日は見事に水膨れになりました。とほほ

散々な大晦日であったわ

でも、これで2021年の厄は落ちましたよね


今日は、中身を出してしまいましたが、これを並べて、
IMG_6336

なんとな〜く、お正月気分を味わってみました。
IMG_6338
インスタ映えゼロの盛り付け
 
そして、お昼から飲んだくれました。
IMG_6339
実にいいお正月だ

そんな訳で、二頭ともども
IMG_6307


 

年越し蕎麦

現在30日の朝です。

2020年も残すところ2日となりました。

今年ほど時間の経つのが早く感じた年はないでしょう。

いまだに2020年が始まった頃の感覚が抜けず不思議です。

でも、もう2021年は目の前。

人類とコロナの戦いはまだまだ続きそうですが、来年はこの状況が少しでも改善されるよう祈りたいです。

IMG_6284


この失われた一年、個人的にも変化したことは沢山あります。

でも、今までもこれからも絶対に変わらない私の思い。

それは、動物保護活動に従事することです。

今年は今まで以上に強く、これが私のすべき事であると認識しました。

遠くに住む私にできることは微々たる物ですが、ちばわんボランティアとして、これからも自分にできる事をしていきます。

そして2021年、動物たちを取り巻く状況が悪化せず、好転していくようにと切に願っています。

IMG_6287

珍しくちょっと固い感じになりましたが、このブログや相変わらず緩々と続けていきますので、2021年もヒューストン犬日記よろしくお願いいたします



ちなみに我が家は例年のごとく、年末年始は特に何もしません。

相変わらずの寝年末(?)
IMG_0544

そして、寝正月
IMG_0562

まぁこの二頭は、どこでも
IMG_6298

いつでも寝てますけどね。
IMG_0586


さて、2020年最後に、長年の疑問をぶつけたい

皆さん、年越し蕎麦いつ食べていますか?

私は実家にいた頃、年越し蕎麦を食べた記憶がありません。

なので、結婚してからも作らなかったのですが、この10年ぐらいは大晦日の日付が変わる直前、お茶碗サイズのミニ年越し蕎麦(具は無し!)を作って食べています。

外国に居ると、逆に日本の習慣を守りたくなるんですよねぇ。

でも、いつ食べたらいいのか、いまだによくわからない

友人・知人に聞くと結構時間帯にばらつきがあるし、新年に食べると言う人も

年末年始ならいつでもいいのかな




と言うわけで、これが2020年最後の投稿になります。

みなさま、良いお年をお迎えくださいませ〜






 

銃火器とコロナ

ソファーに座ってTVを見ていたのですが、

隣のストームさんの尻尾の位置が不可解なことに・・・
IMG_6317
 
鬱陶しくないのでしょうか?
IMG_6319


さて、引き続き2020年の画像救済です。

今年はアウトドア用品のお店によく行きました。

アウトドア派ではないので、買うものは他のものなのですが、

こんな物、発見!
IMG_5980

猟犬用の首輪です。
IMG_5981
猟犬さんはこういう物でトレーニングされているのですねぇ・・・

これがある売り場は当然ここ!
IMG_5979
Fire Armsとは銃火器のことであります。

よくわからないけど、ライブラリーまであった・・・
IMG_5986

高い銃らしいです。
IMG_5983
18歳以上でないと買えませんが、

子供でも普通に触れます。恐ろしい・・
IMG_5984

他のお店にもあったけど、アウトドア用品店に必ずある、このディスプレイ
IMG_5977

これを狩れってことなんですか?
IMG_5978
それとも、狩でこういう動物に出会っても驚かないようにってことなのだろうか。

まぁ、銃火器はともかく、コロナの威力は一向に収まりませんね。

アメリカは、20人に一人が感染の割合になりました。

もちろん回復した人がいるので、現在の感染率は40人に一人ぐらいです。


怖い怖いと思っても、知り合いに感染者はいなかったので、実感がわかなかったのが正直なところです。

でも、昨日友人が感染したことを知りました。

近所に住む日本人で、アメリカ人の旦那様共々感染して、現在は自宅療養中ですが、これから入院するかもしれません。

もう、ニュースで見ている出来事ではないのだと実感です。とても怖いです。


最後は、二頭に追いやられても執念でソファーに居残る飼い主(私)
IMG_0577


 

クリスマス!

メリークリスマス!

今年は静かなクリスマスです。(いつもだけど・・・)

サンタクロースのカップ貰いました。
IMG_6232
今の時期しか使えない・・・

素敵な箱が重なってますが、中身はなんと全て梨
IMG_6274
パッケージング(ラッピング?)の重要性を再認識したギフトであった・・・

こちらは簡素なパッケージですが、
IMG_6268
高級ワイン!嬉しい〜


さて、2020年の画像救済続けます。

ケーキを作らないので、滅多にチェックしないケーキ材料コーナーで発見
IMG_5113
ゴディバ様〜

こういう物もあるのに、お店で売っているケーキは何故あんななのでしょう

コーヒーを飲めないので、私は食べられない飴ですが、
IMG_6213
日本での値段はいくらなのか気になる。

ベーグル嫌いな私でも食べられるベーグルチップ
IMG_5575

中身はこんな感じ。カリカリで美味しいのです!
IMG_5576
日本でもコストコあたりで売ってるかな??

最後は、今日の二頭。

庭で爆睡です。
IMG_0579

安心して寝ている姿を見られることが、
IMG_0580
私にとっては、一番のクリスマスプレゼントかな〜



20年画像

土曜日にシャンプーしたのですが、なぜか鏡の前で抗議してます。

鏡に映る後ろ姿が面白い
IMG_6291
 普段しない耳洗浄もしたので、地響きが起きそうなぐらいプルプルしてました。(笑)


 
さて、今年も残すところあと10日。

今年の画像の整理も兼ねて、しばらく過去画像を載せて行こうと思います。

2020年1月、コロナがアメリカに上陸し始めた頃のスポーツクラブ
IMG_4680
段々人が少なくなってきたけれど、まだマスクしなくて大丈夫だったんですよねぇ。

これも1月、ガソリンが高かった頃。
IMG_1436
レギュラーでも1ガロン(約3.8リットル)が2ドル22セント超えていました。

コロナ禍でもっと上がって行くのかと思いましたが、今は1ドル60セント位で落ち着いてます。


これも1月、ベルちゃんが来るのを待っているところです。
IMG_1474
ベルちゃんとは沢山遊んでもらったなぁ。2月にベルちゃんは帰国してしまいました。

こちらは2月末、公園で凧揚げをしている人々です。
IMG_4830
まさかこの後、コロナでこの公園もクローズになると誰が想像できたでしょう。

やがてレストランも閉まって、テイクアウトのみに。
IMG_5138

駐車場に止めて、車内で待つシステムに変わりました。
IMG_5139

同時期、NASAの入り口を道の反対側から撮影した写真ですが、
IMG_5435
NASA内の観光もクローズになりました。

20年最初数ヶ月、アメリカではコロナの悪化に驚く日々でしたが、今から思えば可愛いものであった・・・

まさか20人に一人が感染するまで蔓延するとは

最後は、雷に慄いて、在宅勤務の父ちゃんの机の下に避難したタス
IMG_0537
真顔・・・


 

コロナワクチン

日本から荷物が届きました
 IMG_6233
中身はなんと、4ヶ月遅れのお誕生日プレゼントです。

日本・アメリカ郵便(封書以外)はずっとキャンセルされていたのですが、先月再開されたので友人が送ってくれました。

再開されたならと、リードもオーダー
IMG_6245

無事に届いた
IMG_6246
可愛いバンダナも入れてくれました。

青山で友人がやっているオーダーメードのリードと首輪のショップからオーダーした物です。

コンカーニ

我が家は、テディの代からずっと、彼女にオーダーしています。

昔は三頭だったので、私の手で三頭のリードがしっかり握れるような幅と、三頭が横並びに歩けるような長さに調節してもらっていました。

現在の二頭の物も、かなりスペシャルなオーダーメイド。

これが無いと、この二頭は操れません。

毎年新調して4年目、今年は帰国できなかったので、今あるのがこんなになってしまいました。

IMG_6181
友人は「男子は激しい!」と驚いていましたが、ウチは一年使ったら大体こうですよ。

普通はこうでじゃ無いのでしょうか
IMG_4832
ちなみに、日本・アメリカの郵便(封書以外)は今週からまたキャンセルになってしまいました。

これ、一体いつ通常に戻るのでしょう?


お次は、知り合いのアメリカ人からもらったレモンです。IMG_6191
自宅の庭で栽培しているそうで、頂いたのは今回が2度目なのですが、1度目よりさらに大きくなっていた

グレープフルーツではありませんぞ。
IMG_6192
無農薬の超オーガニックなので、皮まで食べられます。

私は、小さくカットして冷凍して、毎朝水に入れて飲んでいます。


さて、アメリカでは現在毎日コロナワクチンの話で持ちきりです。

テキサスでも今週から接種が始まりました。

ファイザーとモデルナの2つが先行しています。(モデルナは今週中に使用許可が下りるらしいです)

どちらも、数週間開けて2度接種が必要です。(一度だけでは効果半減らしい・・・)

これで状況は変わるのでしょうか?

でもね、ただでさえ「打たない」という人が多いアメリカです。

面倒なこと大嫌いな国民ですし、2度目打たない人、結構いるのではないだろうか??



バンダナつけてみました。
IMG_6247


こちらはバースデーギフトの一部。

西麻布のチャコールのタイ・ダイSocks。
IMG_6259
 足袋型です。暖かいです

 

コンテスト

久々にスィーツです。

クリスマスにしてはなんか地味
IMG_6215

右側のケーキ、綺麗だけど、なぜ青なのか
IMG_6214
ツリーのデコレーションは雑すぎますね・・・

こう言うケーキは、クリスマス以前の集まりに出されるものなのですが、今年はそもそも人が集まる頻度が低いはず。売れるのでありましょうか?


さて、今日はワクチンや年1回の健康診断で、二頭を獣医さんに連れて行きました。
IMG_6229
ストームの傷は順調に回復しました。

右耳の内側だけ感染症の跡が残ってしまいましたが、他は毛でカバーされてわかりません。

あとは血液検査の結果を待つだけです。

「父ちゃん、何やってるの?」
IMG_6228
あなた達の病院代を払うためのお仕事ですよ。(笑)

何をされるか理解しているタス
IMG_6230
尻尾を収納して座ってます。

嫌だよねぇ。

私も、しばらくは獣医さんのお世話になりたくない。

次の来訪が、怪我とかではなく、また予防接種であること祈る


最後は、ご近所のデコレーションです。
IMG_6218
1週間ぐらいずっと、家族総出で作業されていたので、何ができるのかと楽しみにしていたのです。

画像が今ひとつですが、とても綺麗なんですよ!

日中に見ると、こんな感じです。
IMG_6223
このテントのような物体は・・・

キリストが誕生した厩でした〜
IMG_6224
凝ってます!

私の住む地域にはクリスマスデコレーションのコンテストがあるのです。

あんなに頑張って作業されていたし、このお宅が賞を取るといいなぁ。





今年の出来事

12月になりましたね!

2020年もあと1ヶ月なんて、今まで一体何をしていたのだろう?!と言う感じです。


ちょっと早いですが、今年を振り返ると、我が家は工事と故障、大物の買い替えが多かった年でした。

私の命綱、PCが壊れて買い換えました。

洗濯機
食洗機も壊れて取り替えました。

コロナのせいで、冷蔵庫と冷凍庫を買い足すことになりました。

庭を人工芝にして、その後テラスにはタイルを貼りました。

リビングのソファーも買い換えたっけ。

あと、緊急用の発電装置を設置しました。

IMG_6064

こうやって見ると、コロナ禍の割には色々やっている感があります。

とにかく費用が嵩みました。

でも、ほぼ全てサバイバルのためだからしょうがない




他の出来事と言えば、

帰国をキャンセルせざるを得ませんでした。

私は、一体いつ帰れるのだろう。

あとは、3月から夫が在宅勤務になりました。

ついに9ヶ月目突入です



でも、何が一番大きな出来事って、やっぱりこれ
IMG_6019
本当に驚きました。

犬同士の喧嘩でここまで怪我したのは初めての経験です。

感染症のオマケまでついたけど、今は完治して一安心です。
IMG_6196
残りひと月は何事もなく、2021年を迎えられるよう祈るばかりです


ご近所のイルミネーション
IMG_6199
今年は、夜外に出ることがないので、イルミネーションを見るチャンスがあまりなさそうです・・・


 

ビーガン・バター

クリスマスツリーの飾り付けをしました。

IMG_6175
毎年同じですけどね。

このコカコーラのクマを
IMG_6176
オモチャと勘違いする黒犬がいるので、オーナメントの配置は非常に重要です

その黒犬さんの傷はこんな感じになりました。
IMG_6173
いまだ毛は生え揃いませんが、穴あき状態からよく回復したものだと思います。

でも、怪我してから、もうひと月経つんですよねぇ。

2020年は時間の経つのが早過ぎる!
IMG_6174


さて、話題は全然変わりますが、スーパーのこのバター売り場で、
IMG_5613

いつも気になっていたこの品
IMG_5614
MIYOKO'S CREAMERYと言うブランドのバターです。

日本人の名前を冠してるバターなんて珍しい

で、よく見ると、ビーガンバターなのです。

(ビーガンとは、肉だけでなく乳製品も一切口にしないベジタリアンのことです。)


ミヨ子さんはベジタリアンで、子供のころアメリカに移住した方のようですが、さらに乳製品をやめたら体調が改善して、ビーガンになったのだそう。

でも、「チーズが食べたい!」と言うことで、この会社を2014年に起業されたとか。

食べ物に対する情熱は、不可能を可能にするんですね。(笑)

ちなみに、コンテンツはナッツ類だそうです。

世の中には本当に色々なものがあります。

私はビーガンどころか、ベジタリアンにもなれそうにないし、なるつもりもありませんが、ビーガン乳製品はちょっと食べてみたい気もします。


最後は、ソファーから溶け出しているタスと
IMG_6180

眼鏡ストーム
IMG_6155
犬が寝ている時の「ツリ目」が好きなんですよぉ。

同志はいらっしゃいますでしょうか



 

デコレーション

ちょっと忙しくて間が空いてしまいました。

全員元気です!

ストームは、エリカラ・オフのお許しが出ましたが、首を掻いて流血事件を起こしたので、こうなりました。
IMG_6137
だが、これが貼りついたままでいるわけがなかった・・・

3回プルプルしたぐらいで取れましたね。

で、取れた途端に掻いて再び流血したので、エリカラ再装着。

それでも、ボールで遊ぼうという執念!
IMG_6146
まっ、それだけ元気ってことなので、良しとしよう。

今日もまだ装着していますが、多分明日の朝にはとっても大丈夫かなと思います。


さて、明日はサンクスギビングで、アメリカでの1番の祭日ですが、例年はこれが終わってから、クリスマスデコレーションが始まります。

でも、今年はみんな早め。

御近所さんもどんどんデコレーションしているので、

ウチも、ツリーを出しました。
IMG_6147
飾り付けはこれからです。

外には、去年のリースとスヌーピー、そして大きなキャンディ・ケーンを追加。
IMG_6153

相変わらずシケた飾り付けです。
IMG_6154
私としては良くやった方だと思う・・・

最後はタスの後頭部と、
IMG_6130

見返りタス
IMG_6131
可愛い!

 

ワクチン

日本ではコロナ感染数が増えているようですが、アメリカはもっと大変な事になっています。

感染数は1千150万を超えました。

東京の人口に近い数ですよ!

そして、今日の今の時点までの全米の感染数15万人超。

1日でそれだけ感染するって怖すぎます。

何度も書くけど、自分が罹っていないのが不思議です。

夫は16日から出社していたのですが、来週からまた在宅になりました。

1週間しか出社しなかった!


ワクチンの配布は来月から始まるようです。

テキサス州は全米No1の感染数で、最初に配布される4州の中の一つだそう。

現在のところ、ワクチンの有効率ばかり取り上げられている感がありますが、副作用はないのでしょうか・・・??

ちなみに、ワクチンは無料で配布されるそうです。



さて、ストームさんの頭はこんな風になりました。IMG_6126
いまだ壮絶な感じですが、これでもかなり回復した図なのです。

エリカラ不要のお達しをもらいましたが、やっぱり痒いんでしょうねぇ。

昨日は掻いて再び出血、人の目の届かない時はまたエリカラ着用となりました。とほほ


ところで・・・

首に毛がないと、シワの様子がよくわかります。
IMG_6080


毛に覆われているとわからないけれど、結構色々な部分にシワ寄ってるんですよね。
IMG_6078

そして、シワの部分が見事に感染したのもよくわかりました。

空気の流通って大事なんだなぁと実感です。

これって人間もですよね??


最後は渋い顔のタス
IMG_6123

IMG_6124



 

抜糸

今日、獣医さんに行ってきました。

謎の生物
IMG_6108
 抜糸をしてもらいました。

感染症の回復経過も順調ということで、一安心です。

耳の表側
IMG_6114

裏側
IMG_6116
赤い部分は感染症の痕です。

どちらも4センチぐらいの傷。

本当にざっくり裂けちゃったんだねぇ。
IMG_6101
エリカラは明日から外していいと言う許可が出ました。

「早く取って欲しい・・・」
IMG_6100

あと1日の辛抱だ兄弟!
IMG_6099

今日は秋晴れで、気持ち良かったので、獣医さんから戻ったあと庭で光合成です。
IMG_6113


至る所に衝突するので、エリカラの縁がボロボロになった・・・
IMG_6111

私が寝転がると貼りつくタスさん
IMG_6112
いやぁ、この2週間は怒涛の日々でありました。

まだ解決していない問題もあるけれど、ストームが回復すればもうあとはどうでもいいです!


話題変わって、週末これを買いました。
IMG_6096
1.2メートルぐらいのキャンディケーン

前庭に飾ろうと思うのですが、流石にまだ早いかなぁ。

と言うわけで、ここで待機。
IMG_6097

年々早まる、クリスマス商戦。

今年は特に早いです。これもコロナの影響なのかな・・・??

IMG_6083



経過

少し間が空いてしまいました。

ストームのご心配いただきありがとうございます。

亀スピードですが、噛まれた傷も感染症の方も改善しています。


フランケンシュタイン犬!
IMG_6056
痛々しいですが、当のストームはとても元気です。

人間の方は色々交渉ごとがあって、少々疲れましたが徐々に解決していきます。

まずは獣医さん。

やっぱり、獣医さんとは良く話し合った方がいいと思い、今日行ってきました。

自分の判断でこう言う結果(感染症の悪化)になってしまったことを謝罪してくれたし、私は先生が火曜日(包帯交換を頼んだ日)に包帯を取らなかった理由も納得しましたので良しとします。

さらに、他の先生に回さず自分が責任を持って完治するまでケアすると約束してくれたので、これからもこの病院にお願いしようと思います。

抜糸は来週の月曜日になりました。

感染症の方が治らないとエリカラは取れなさそうですが、

ストームさん、達観した感ある。
IMG_6063
何をされても受け入れ抵抗しない、素直で本当に良い子です

タスは、遊べなくてちょっとイジケ気味。
IMG_5717

私が、一緒に走ったり追いかけたりしているのですが、
IMG_5965

やっぱりオバサンじゃダメみたいです。
IMG_5941

早く二頭で遊べるようになるといいねぇ。
IMG_6065


さて、話題変わって、アメリカは大統領選の正式な決着はまだつかず、
IMG_6060

コロナ状況も全然改善していないと言う混沌とした世界になりつつあります。
IMG_6061
バイデンさん、これ改善できるのかな?

そんな中、近所に警察官が引っ越してきたのを発見
IMG_6038

アメリカの警察官はパトカーを通勤に使います。(州によって違いがあります。)

そして、こうやって外に停めることが多いのです。

これが近隣の人たちには感謝されるのですよねぇ

犯罪の抑止力になり、治安悪化を防ぐと考えるからなのですが、最近の警察は散々叩かれまくりなんで、

逆効果にならないことを祈る・・・
IMG_6066
次はペットホテル、そして保険会社と交渉しないと・・・


感染症(再更新)

元の記事に少し付け足しました。


====


今日、また獣医さんに行ってきました。

この数日、臭うなぁと思っていたのですが、包帯の下が大変なことになっていました。

頭から首にかけて、酷い感染症を起こしていました。(号泣)



獣医さんが傷をきれいにして、体まで洗ってくれたのですが、

こんな姿に・・・

IMG_6044

傷というより、穴が空いてしまっています。
IMG_6049

左の耳もやられてます。
IMG_6055

可哀想な事したなぁ。

火曜日に一度取ってもらっていたら・・・

でも、あの時点ではまだ三日目で、耳の傷は塞がっていなかったですよねぇ。

縫った傷、表側はちゃんとくっついています。
IMG_6053

裏側がちょっと怪しいですが、乾かすのが一番の薬だと先生が。
IMG_6054
あと、根元もう1箇所縫ってあるんですよね。

2箇所傷があるのは知っていたけれど、実は私、裏側も縫ってあるの知らなかったんですよ。

本当に、耳が裂けちゃったんだなぁ。

痛かっただろうに・・・

抜糸は1週間後の予定です。



感染症の治療は、塗り薬と抗生物質と炎症止め、そしてエリカラです。

とにかく、触ったり、ひっかいしたらダメなので、注意するようにと言われました。

これからの方が大変かも知れん・・・

一難去ってまた一難だぁ〜。


最後は、ストームと遊べなくて憂鬱なタス

どよ〜ん
IMG_5848





 

大統領選

昨日かかりつけの獣医さんに行きました。

 「どこ行くんすか?」
 IMG_6027
顔が怖い・・・

包帯を取り替えてもらえるのかと思ったら、「まだ傷がくっついていないだろうから、いじりたくない」と言うことでそのまま返されました。

金曜日にまた行って、包帯を取ってもらう予定です。

それまでに傷がくっついていることを祈る!

帰路
 IMG_6032
行きとほぼ同じアングル

お散歩の時はエリカラ無しで行くのですが、
 IMG_6018

出会う人みんなに、「どうしたの?」と聞かれるので面倒くさい!(笑)
IMG_6016

食事する謎の生物
IMG_6021

現在、抗炎症剤、痛み止め、抗生物質を投与しているのですが、

眠くなるようで、変なところで行き倒れています。
IMG_6036
お腹も剃られたのは傷があったから。結構、満身創痍。



さて、アメリカはでは昨日、統領選挙が行われましたが、結果はまだ出ていません。

日本から何人かに「実際どうなの?」と聞かれたのですが、本当にまだわかりません。

バイデンさんが優勢ですが、ニュースソースによって、判定もかなり違います。

すでに二日目も終わりの今、まだ長引くことがわかって、アメリカ人はもう選挙に飽きてきたようです。

どっちにしろ、二人のどちらかがなるわけですからね〜。

IMG_5972

だけど、やっぱり思う。

三億三千万人もいて、この二人しか候補がいなかったのか?と。


 
このブログは、転勤族で数年ごとに海外を転々としている(アメリカ、サウジアラビア、シンガポール、日本、ドイツ、ノルウェー、アメリカ!)我が家の各国の生活と、一緒に移動している犬達の記録です。 現在登場するのは、ちばわんのHPで犬の募集掲載を担当している私、ちばわんから引き取った「タス」、テネシー州の保護団体から引き取った「ストーム」そしてノルウェー人の夫。二人と二頭が、アメリカ・ヒューストン郊外で暮らす日常を綴っています。 ヒューストン以前は、オーストラリア出身のラブラトールのテディ(2009年7月6日没)、シンガポールのとある道路の穴で5匹の子犬を産み、子犬共々保護したマリア(2014年8月15日没)、ちばわんの預かり犬からドイツ・ハンブルクへの引っ越しを機に家族になったマット(2015年10月21日没)、やはりちばわん出身で元麻薬捜査犬候補、はるばる日本からドイツへやってきた元気(2015年12月22日没)たちの記録です。 私がボランティア活動をしている「ちばわん」にはまだまだ沢山の犬猫が本当の家族を待っています。リンク集の「ちばわん」をぜひご覧ください!日本での預かりボランティア時代の日々は「旧ドイツ犬日記」に綴っています。 募集犬とたまにうちの犬を載せているインスタはこちらです。 https://www.instagram.com/kuminaess/
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ