ヒューストン犬日記

ひぇ~、また1週間経ってしまった!


二頭は・・・
DSC00663

元気です。
DSC00665

特にタスが!
DSC00498

もう、なんかエネルギー有り余ってる感じで、
DSC00499

主にはストームですけど、
DSC00500
いつも誰かにちょっかい出してます。

カプッ!
DSC00501

ハミハミ
DSC00502

「母ちゃん、助けて・・・」
DSC00503

どこに居ても、
DSC00077

襲い来る
IMG_0766

魔の手!(笑)
IMG_1910
少しは、独りにしてあげなさいよ~

「嫌じゃ!」
IMG_1740

誰も遊んでくれないと、
DSC00485

独りでヤケおこして、
IMG_0735

寝ながら骨噛むか、
IMG_0734

いじけます。
DSC00242

現在、推定1歳半。

中型なので、人間でいえばティーンエイジャーぐらいでしょうか。

元気でなにより!
IMG_1550
いつか、こんな日もあったなと思うのですよね。

それが、ずっと先であるようにと願っています・・・


日本から素敵な荷物が届きました~

IMG_1958
少し遅めのバースデープレゼントです。

カプアンパパさんが送ってくださいました。ありがとうございます!
IMG_1959
お出汁いっぱいいただきました。お料理頑張らねば!

薄い鰹節のようなパッケージは、ワンコのオヤツで中はこんな感じです。
DSC00692
このまま出されたら私、絶対食べますね。(笑)

酒の肴にいい感じです。


そして、ちばわんのカレンダーも送っていただきました~。

2018年版のカレンダーは、壁掛と卓上の二種類です。

詳しくはこちらをご覧ください。↓ ↓ ↓
7a2530c67b77e73077e4db5980bd2193

実物は想像していた物より、さらに素敵でした。

愛情がいっぱい詰まったカレンダーです。

カレンダーの売上金は、製作費を除く全額を保護した犬猫の医療費など、
ちばわん活動費として大切に使わせていただきます。

よろしくお願いします!




そういえば、お誕生日にこんな可愛い履物もいただいたのでした。
IMG_1955
虫刺されだらけの足ですみません。

陸前高田・南三陸・石巻・東松島の女性たちが作っている「ふっくら布ぞうり」です。

ふっくら布ぞうりの会

先日おろしました。とても履き心地がいいです!

足の指を開くって大切なんだなと実感する今日この頃。

しゅうちゃんありがとね


ストームさん、黒い塊・・・
DSC00678


もうほぼ復活しましたが、めずらしく風邪をひいておりました。

暑いし、あまり人込みに行かないし、風邪ひく要素ないのに不思議です・・・


先週水曜日からまたベルちゃんがお泊りに来てくれました。
IMG_1914

風邪なのに大変だったと思うでしょ?

むしろ癒されました~。
IMG_1814
ベルちゃん、お留守番もできるし、悪戯はしないし、全く手がかからないのです。

二頭は、ベルちゃんがいるといい所を見せようと思うのか(笑)、さらに良く遊ぶので、
IMG_1928

間が持つし、疲れて良く寝るし、
IMG_1931

一石二鳥ですよ。
IMG_1831

相変わらず、パッと見区別がつかないのですけど・・・
IMG_1935

実はベルちゃん一家はラスベガスに行かれていました。

土曜日の夜戻られましたが、あと二日ずれていたら、乱射に巻き込まれていたかも・・・
IMG_1818
本当に理不尽な事件です。

こんな時は、どうやって身を守ったらいいのだろう・・・


最後は、リビングのテーブル下にいた珍客をご紹介します。
IMG_1937
ヤモリの赤ちゃんでしょうか。

昔は、こんなの発見したら絶叫して逃げていましたけれど、
IMG_1938
今は割合静かに叫んでます。(笑)

でも、このままだと二頭がハンティングしてしまうので、夫に外に出してもらいました。

さすがに、そこまではまだ自分一人では出来ません。

これからは、外で家のこと守ってもらいます!


今日は、みつえさんのブログを引用させていただこうと思います。

二頭とも天国に行ってしまいましたが、我が家のマットの兄弟分ハッピー君の飼い主さんで、昨年からちばわんの預かりボランティアを始められ、現在イリーナをあずかっていらっしゃいます。

9月28日という日



タスも最終部屋から選別してもらったのだよね。
DSC00340
君達の生死を分けたのはいったい何だったのだろう。

運命は本当に残酷です・・・



犬とは関係ない話ですが、アメリカと北朝鮮の応酬酷いですね。

なんか、聞いてるのバカバカしくなってきました。

この変な髪形のリーダーたちの応酬はいつまで続くのでしょう?



北朝鮮がミサイルを撃った時点では、アメリカはまだハリケーンで大騒ぎだったので、ほとんどニュースにはなっていませんでした。

さすがに、トランプ大統領が国連で演説したあたりから、取り上げるようになってきました。

それでもアメリカ人にとっては「遥か彼方の東洋の国のできごと」感はいなめません。

アメリカ国内は問題山積みで、どれもこれも中途半端。

ハリケーンからの復旧もスローペースで、この辺りも、いまだ瓦礫の山が至る所に放置してあって酷いものです。

大統領は日ごろの鬱憤を北朝鮮への発言で晴らしているのでしょうか。

ホント子供の喧嘩ですよね。



さて、話題変わって、タスですが、金曜日に獣医さんに言ってきました。

緊張マックス
IMG_1870

何か匂う・・・と思ったら、
IMG_1869
この状態でビビりうんしておりました。器用だ・・・

「助けて・・・
IMG_1871
口の中のデキモノはパピローマウイルスのイボで、特別心配はいらないとのことでした。

自然に「落ちる」ので、時々様子を見るように、と。

そして、もし落ちたのを目撃したら、「犬に食べさせるといいわよ。」と、獣医さんから驚きのコメントが!

それによって耐性が強化されるそうです。

ちょっとグロいですよね・・・



というわけで、しばらく様子見ですが、毎日口をこじ開けてみるので、敏感なタスはその気配を察すると一目散に逃げていくようになりました。

足が速いので捕まえるのに苦戦中です。やれやれ



「写真撮っていい?」と聞いたら、「笑顔にしてあげるわ」と、こんな顔にされたタスさん。
IMG_1872

「普通は子犬か老犬が感染するのよ。」とのこと。

タスはアメリカに来てまだ一年経ってないし、アメリカの菌に耐性がないのかもしれません。

多分、ストームから移ったのだと思います。

元気で免疫力が低下していない場合は、再発することも少ないそうです。

とりあえず大事でなくて良かったです。ホッ


逆光で良く見えないけど、ハーネス新調しました。

ピンク似合います?ウフフ
IMG_1853



何ということでしょう!

11日間も放置してしまいました。(滝汗)

少々忙しかったですが、特別何かあったわけではありません。

皆元気にしています!!

12日にベルちゃん一家がお迎えにいらしたのですが・・・

女子大生に貼りつく二頭。
DSC00642

DSC00643
若い女性大好きなんですよねぇ。

ベルちゃん、また来てね!
DSC00640

先日、やっと雨漏り修理の人が来てくれました。
DSC00646

天井内にカビが発生しているようなことはなかったようで、一安心です。
DSC00647

最近、アメリカの大西洋側には、ハーベイを筆頭に、イルマ、ホゼ、そしてマリアと「史上最大」と呼ばれる大きなハリケーンが続いて、多大な被害が出ました。

もう、これ以上大きなハリケーンが来ないよう祈るばかりです。

DSC00649
というわけで生存報告でした~。

これからは放置しないよう頑張ります!


ところで・・・

タスの口の中に大きなイボがいくつかできているのを発見して、明日獣医さんに連れて行くことにしました。

悪い物でないといいのですが・・・



昨日から三頭引き!
DSC00623

女の子です。
DSC00621

ベルちゃんがお泊りに来ました。
DSC00637

後ろから見ると、ストームとそう変わらないので、
DSC00619

しょっちゅう間違ってます。(笑)
DSC00622

「間違わないでよ
IMG_1807

毎日お散歩に行く池、
DSC00624

その周りに立つ目印の白い布
DSC00626

ここまで水位が上がったという印らしいです。
DSC00628
今後の参考にでもするのでしょうか?

家から数分のお家はこんなです。
DSC00631
水没した家財道具です。

町中に瓦礫の山が・・・
DSC00618
被害総額どれだけになるのでしょう。

ハーベイは消滅しましたが、次は「イルマ」というハリケーンがフロリダ州を直撃するようです。

アメリカに来て1年2ヶ月強、昨年の夏はここまでハリケーンの被害はありませんでした。

多少不謹慎な気もしますが・・・世界最強を自認するこの国も、自然の驚異に太刀打ちすることはできないのだなぁとしみじみ思う今日この頃です。


話し戻って、ベルちゃん、私のストーカーです。
DSC00635
可愛いのぉ~。

でもやっぱり、ストームと区別がつきにくい・・・

2002年11月30日、我が家に三頭の子犬がやってきました。

103875845018791
初めての預かりっ子。

ちばわん預かり日記

当時はちばわんが設立して間もないころで、すべてが試行錯誤でしたが、三頭は無事旅立って行きました。

真ん中の黒い子は、素敵ないぬ親さんに巡り合い「しゃろむ」と言う名前をつけていただき、大切に大切に育てていただきました。


そして、子犬たちの後に来たのが、この子。
104557245722731
子犬三頭のお母さんで、デルと名付けました。

2003年5月3日、デルも赤い糸を掴み、とても素敵なご家族に迎えていただきました。



8月31日、しゃろむが天国へ旅立ったというご連絡をいただきました。
2016_1120(048)
昨年の11月、帰国時参加したいぬ親会に連れてきてくださったときの画像です。

そして9月5日、ピントも天国へ旅立ちました。
2017_0409(014)
今年4月、いぬ親さん宅にお邪魔したときの画像です。

ピントは本当に良いお母さんでした。

だから、自分がしゃろむを看取らなければと思ったのかな・・・



この子たちは、あの過酷な現地で生き延びて、極上の赤い糸を掴み、とてもとても大切に育てていただきまいた。

本当に幸せだったと思います。

いぬ親さんには感謝してもしきれません。



ちばわんの原点である多頭飼育崩壊現場から引き出した子がまた二頭旅立って行きました。

時の流れを、ひしひしと感じます・・・
104079253123346


最後に、多くの方にハービー後の状況もご心配いただき、大変感謝しております。

私の家のあたりは通常の風景が戻ってきましたが、少し行っただけで道端に水没した物資の瓦礫の山ができています。

流通が復活していないので、スーパーの棚もまだスカスカです。

いまだに水没している地域もあるようで、復旧には本当に長い時間がかかるのだと実感する日々です。

とりあえず、アニマルシェルターに物資を届けに行ってきました。

最初は地元のシェルターのFBをチェックしたのですが、すでに人も寄付も必要品も十分集まっているということでした。

「隣町の激しく水没した地域のシェルターがヘルプを必要としてるので、そちらにお願いします!」ということで、何度か電話したのですが応答がありません。

混乱は当然でしょう。ならば行くしかないということで、直接行きました。

ちなみに、必要品はアマゾンの「欲しい物」リストで確認できました。

こういうのって便利ですね~!

到着すると・・・
DSC00609

支援物資が山積みになっていました。
DSC00605

ありとあらゆる種類のドッグフードが!
DSC00608
ボランティアさんもたくさんいました。

続々と人が来ます。
DSC00610
SNSの威力って凄いですね

壊れた車で支援物資を持ってくる人も・・・
DSC00611
この人自体も被害にあったのではないでしょうか?

この光景を見て、アメリカ人の底力を実感しました。

助け合いの精神が根付いてます。躊躇がありません。

アメリカ人の中には、「悪魔の所業か?」と思うことをするような人が沢山いるのですが、一方「この人は神か!?」と思うようなことをする人も沢山いて、いつも善悪のふり幅の大きさに驚かされるのですよねぇ。


それはさておき・・・

仮住まいなので、エアコンがありません。
DSC00606
業務用扇風機が何台もフル稼働していましたが、

犬もボランティアさんも少々ぐったりしていました。
DSC00607
健康被害が出ないよう祈るばかりです。

ヒューストンは、今日になってもまだ水が引かない地域がいくつかあります。
21149334_1973296532951314_7493593530556743680_n

ですが、この雨で貯水池の水位があがり危険レベルに達したので放水が行われることになりました。

ヒューストン西部に自主避難勧告が出て、

「避難しない人は、今後10~15日電気無しで暮らせる準備をしろ」と・・・

水位は貯水池の放出が終わるまで下がりません。

この状態で残る人いるのでしょうか?

IMG_0754

影響を受ける地域は、アジア食品店が多いのですが、しばらくは行けそうにありませんねぇ。

DSC00196

雨やみました~~!!
DSC00603
長かった・・・

この五日間で、ヒューストンでは50インチ(約130センチ)の雨が、場所によっては150センチ近くも降ったそうです。

水没した地域はまだ水が引いていません。

ヒューストンの機能が回復するには、かなり長い時間がかかりそうです。


さっそくスーパーに行きましたが、
DSC00599

こんな感じでした。
DSC00600

ミルク、卵、パンはありません、と言う貼り紙が・・・
DSC00601

でも、人は結構来ていました。
DSC00602


この家、持ちこたえてくれました。

家のまわりもほとんど無事です。

実は家を買うとき、見に行った中でとても気に入った家があったのですが、そこは高くて買えず、この家を買いました。

その地域は水没して、避難勧告が出ました。まだ水が引いていません。

よく知らない土地で二頭を連れて避難する・・・考えただけで途方にくれます。

g


私たちは、単純に幸運だったのです。

あの被害状況を見て、自分の家や地域が被害にあわなかったから良かった、とはとても言えません。

私は、この幸運へのお返しがしたいです。



自分にできることを探してみます。

ご心配くださった皆さん、ありがとうございました!


ご心配いただきありがとうございます。

私たちは無事です。

今日で4日目になりました。

相変わらずの暴風雨で、窓から外が見えない時もありますが、うちの雨漏り被害は拡大していません。

DSC00577

家から15分ほどの隣町は水没して、避難勧告が出ました。

私の住む地域が、いまだに電気もネットも通じているのは奇跡的らしいです。

なんと、二日前から「夜間外出禁止令」が出ました。

生まれて初めての経験です・・・


いつもお散歩に行く、ワニのいるこの池がもうすぐ氾濫しそうです。
DSC00560
ワニどうしているだろう?


ヒューストンは文字通り壊滅状態です。

復旧には莫大な時間がかかるでしょう。

これからどうなるのか・・・

DIa9jB2VoAAJYnf

29difenbaughWeb-master768

この人たちテキサスに来ましたけど、何かの役に立つのでしょうか?
DIa-3ufUwAEZ8UF
ピンヒールって・・・


今の予報によると、雨脚は週末に向けて弱まるようですが、水が履けるのには時間がかかります。

伝染病や、蚊の大量発生が予想されていて、踏んだり蹴ったりですよ。

そして、次の低気圧がテキサスに近づいているとか・・・



二頭は元気です。

雨が大嫌いなタスも、「雨でもトイレはせねばらなぬ」と学習した感ありです。
DSC00475

DSC00463

我が家の雨漏りですが、どこに連絡してもまったく応答なしで、修理には時間がかかりそう。

どっちにしろ、雨が完全に止まないと修理できませんからねぇ・・・

あと数日、なんとかこの家で持ちこたえたいです!




ヒューストン、大変なことになっています。

以下、TV局のツイッターからお借りしました。

高速道路の画像です。
DIQz22XUwAAetbY
緑の板は、通常頭上高くにある道路標識です。

下の高速道路は完全に水没。
DIRBgzsUMAALF18




文字通り、街が水没しています。
houston

車高より上って、どれほどの雨量なんだ・・・
DIRAlZOXoAAybWe

救助が来るまで、老人ホームはこんな悲惨な状態だったそうです。
DIRAHeSUEAAJhDn
ひどすぎる・・・

病院や、TV局まで浸水しており、大混乱です。

予報によると木曜日までこの雨は続くそうで、被害はさらに拡大しそうです。

その上、竜巻も発生して警報がでました。

TVとスマホの警告がなり続けてうるさいです。

ヒューストン、これからどうなるのでしょう・・・?




おかげさまで私たちは皆、無事です。

凄い雨が続いて、
DSC00588

寝室は雨漏りしていますが、
DSC00582

近所で、家が浸水している友人・知人も多く、雨漏り程度ならラッキーな方です。

願わくば、雨漏り箇所が増えませんように!

そして、浸水や停電が起きないようにと祈るばかりです。


DSC00343

DSC00339


ヒューストンに大きなハリケーンが近づいていきました。

ハリケーン・ハーベイです。
DICLZIZXYAIX3eG
スペースステーションからの画像だそうです。

3586

2005年以来の、「生命の危機があるハリケーン」で、湾岸地域には避難勧告が出ました。

私の住む地域は避難勧告は出ていませんが、今日金曜日の午後到着する様です。

それから、このあたりに来週の水曜日まで居座り、25インチ(約630ミリ)の雨量が予想されています。

DSC00513

数日前から、「家の浸水、停電、断水に備えよ!」と、ニュース等でさかんに言っていたのですが、何しろ初めてのことでよくわからず、あまり真剣に聞いていませんでした。

でも、在ヒューストン日本領事館から数時間おきに注意メールが来るようになり、地元のお役所からも「洪水警報」の電話連絡が来て、これはもしかしたら大変なことかもしれないと、昨日あわてて準備を始めました。

DSC00511

とりえあず、お水、保存のきく食料、電池、ガスボンベ等を購入して、ガソリンを満タンにしました。

今日は、バスタブ、ポリタンク等に水をためて、通信機器の予備電源を充電しました。

停電時、冷凍庫のアイスパック代わりに、ペットボトルのお水を10本ほど凍らせました。

家の周りの吹き飛びそうなものは全て室内にいれました。

キャンドル、犬の食料は十分ストックがあるので、なんとかなりそう・・・

他に準備しておいた方がいいことあるでしょうか?

DSC00567

とにかく停電しないで欲しいですが、そうなる確率は高そうです。

この暑さでエアコン無しは、それこそ生死にかかわる・・・


今朝は大雨でしたが、今は止んでこんな感じ。

まさに、嵐の前の静けさ。
DSC00570

恐ろしいです。

あとね、洪水になると、虫とか蛇とかヒアリとか、果てはワニまで、家に上がってくるのですよね。

無事に乗り越えられることを祈るばかりです!



少し間があいてしまいましたが、皆元気にしています。

情けない顔してますね。
DSC00550

引き渡し3の続きです。

7時過ぎても、それらしき車は来ません。

タスも人間も疲れたし、お腹すいたし、問いあせたほうがいいだろうか?と思い始めた8時過ぎ、怪しげなトラックが駐車場に到着しました。

近くに行ってい見ると、降りてきたのは女子大生?と思うほど若い二人です。

長時間のドライブで疲れた風ではありますが、

「私たちのこと待ってた~?」

と、結構軽いノリです。

DSC00549

えぇえぇ、首を長くしてお待ちしていましたとも!

「疲れたでしょ?」と聞くと、

「今朝3時から運転してるの。あともう1ヵ所行くの。ここから3時間よ~。もうぐったり!」とのこと。

大変でしたねぇ。

でも、それってストームと、最後のお届けの子は、朝3時から車に乗せられてたって事ですよね?

まめに休憩はしているようですが、ちょっと可哀そうな気がしました。

DSC00055

そして、「じゃ、まずこれね。」と言って差し出されたのは、薄っぺらいA4サイズの封筒。

中には、ストームのワクチンとと狂犬病予防接種の証明書。

そして、「最初の日は、緊張しているからご飯食べなくても心配しないでね」のようなことが書いてあるペランとしたコピー用紙が入っていました。

「えっ、これだけ・・・??」

「私たちが渡されたのは、これだけよ。後はコーディーネーターに聞いてね。」と言いながら、ストームを車から降ろしてきました。

DSC00269
初めて見た感想は、「おぉ、本物だ・・・」と言う感じでしょうか。

大きいですが、予想していたよりは小さかったかな。

でも、やっぱりラブラドールよりはグレートデンに近いサイズだと思いました。


首輪とリードを取り替えると、彼女たちはストームの頭をなでて、

「幸せになるのだよ~」と言って、疾風のごとく去って行きました。

引き渡し手続き、ほんの10分ぐらいだったでしょうか?

IMG_0702

まぁとにかく、私たちも早く帰りたかったのですが、わざわざタスを連れてきたのには訳がありました。

最初の対面は、どちらのテリトリーでも無いニュートラルな場所で行いたかったのです。

そこで、タスを車から降ろして、ご対面となりました。

IMG_0863

ストームを初めて見たタスの反応はと言えば・・・

ご想像の通り?、目がハートマークになっていましたぁ。


と言うわけで、今日は時間切れなので、ここまでにいたします。

次回が最終回となります。


今年もやってきました、8月15日!

今日は私のバースデーです。



なのですが・・・

我が愛するマリアさんの命日でもあるのです。

2014年の8月15日、推定年齢17歳4ヶ月でマリアさんは天国に旅立って行きました。
2014_0803(025)
最後の数年は大変だったなぁ・・・

まともに寝た記憶がありません。

看病と介護は試行錯誤の連続でした。

日本にも3年帰れませんでした。

私はマリアさんのためだけに生きていたと言っても過言ではないと思います。

こんな場所に嵌っていたこともあったっけ。
2014_0803(018)
あの当時の事を今、少しは笑いながら話せるようになりました。

でも、マリアさんが逝ったあと1年4ヶ月でマットも元気もいなくなってしまうとは露ほども思っていなかった・・・

その連なりを思い出すと、やはり今でも心臓がバクバクします。


マリアさんは、綺麗で優雅で、そのうえ大変賢い犬でした。

一度教えた事どころか、教えなくてもできた事が沢山ありました。

彼女の後に4頭迎えたわけですが、マリアさんほど頭のいい子に巡り合えることはもうないのではと、正直思います。
2012_0512(002)

今はこんなになって、
IMG_1665

皆と一緒にいます。
DSC00541

絵もここにかけてます!
DSC00543

ところで・・・

昨日ベルちゃんが家に泊まりに来てくれて、
IMG_1632

やっぱり女の子いいわぁ、と思ったりして・・・DSC00532
でも、もう三頭は飼えないのですよねぇ。

ちなみにベルちゃんはストームと同じぐらいのサイズです。
IMG_1661

大きい子がワサワサ居るとホント楽しい!
DSC00530

そんな訳で、今日はストームの話はお休みです。


先日、ベルちゃんのおうちにお邪魔しました♪

IMG_1607
ヒューストンで唯一の犬友達です。

飼い主さんは日本の方ですが、ベルちゃんはベルギー生まれでラブとポインターのミックスの女の子。

ちょっとカメラシャイなのです。
IMG_1608
すごく可愛いお顔しているんですよ~。

日曜日にお泊りにきてくれます。
IMG_1610
アップ画像撮れるかな?

乞うご期待!


さて、ストームの話の続きを書こうと思います。

引き渡し2 の続きですが、昔過ぎて自分でもどこまで書いたのか忘れておりました。


引き渡し編の今までを要約すると、

引き渡し場所に指定されたペットサロンに行ってみると、そこのストームはおらず、オーナーがつてをたどって団体の代表に問い合わせをしてくれたのですが、代表もストームのことは全く知らなかった、

と言う感じです。


そんなわけで、到着したのが4時過ぎ、ペットサロンは5時に閉店です。居座るわけにもいきません。

外に出て、これからどうしたものかと思案していると、しばらくして代表から連絡が来ました。

「運搬さんと連絡ついたわ。5時半ごろBaybrook MallのOlive Gardenの駐車場に到着予定ですって!そこわかる?」

「はぃ???」

ですよ。そこは、家から10分足らずの場所です。

1時間かけてヒューストン縦断してきたのに、いったい何なんだよぉ

でも、もう5時前で文句を言っている場合ではありません。

車に飛び乗って折り返しました。

ちなみにOlive Gardenと言うのは、サイゼリアを100倍アップグレードした感じのイタリアンのチェーンレストランです。

IMG_1613

とにかくね・・・

そんなに家のそばまで来るのなら、どうして家まで連れてきてくれないのでしょう?

住所はちゃんと伝えています。

道すがら、私は文句たらたらでした。(笑)

IMG_1615

幸い渋滞にはまることなく、Olive Gardenには5時半過ぎには到着しました。

でもまだ着ている様子はないので、タスを下ろして周りを歩いたのですが、なにせ土曜日、人も車も出入りが激しくて落ち着きません。

当時のタスは大変な怖がりで、パニックになりやすかったので、イレギュラーな状況でのお散歩はタスにも私たちにもストレスです。

でも、車に乗せたままだと、破壊行動に走ります。リードやハーネスは秒殺。

なので、出したり乗せたりを繰り返す苦肉の策を取りました。。

DSC00059

だが・・・待てど暮らせどそれらしき車は来ません。

いったいどうなっているのか?と思い始めたこ頃、また代表から「渋滞にはまって7時過ぎになりそう。」と言う連絡が来ました。

しょうがない。もう、後は待つしかありません。

レストランに入っていく、楽しそうな家族連れを横目に見ながら、タスを出したり乗せたりをくりかえしました。

次回に続きます。

BlogPaint

前回、蚊が凄いという話を書きましたが、蚊は一種類ではなかった・・・

なんかすごいのに刺されました。それも、室内で。

どんどん腫れあがってきて
IMG_1573
すごく痒い!

腫れた部分がすごい熱を持っているので、虫刺されの薬を塗って、腕にアイスパックを巻き付けました。

これで、引くだろうと思ったのですよ・・・

でも、二日経っても良くなるどころか悪化する一方なので、薬局に相談に行ったのです。

そうしたら、薬剤師さんが

「あら~、うちの娘も小さいときよくなってたわぁ。アレルギー反応おこしてるのよ。2週間ステロイドつけて、それでも治らなければ、病院いってくださいね。」と。

ヒアリの時に、「抗ヒスタミン剤のおかげで痛くも痒くもない」みたいなことを書きましたけど、とんでもなかったです。

この蚊には全く効果なしです。

その上、このあと連続二日、足1か所、左腕3か所刺されて絶賛悪化中です。泣きたい・・・


二頭はいたって元気です。
DSC00408

痒がるそぶりも、ほとんど無いので二頭は刺されていないらしい・・・
DSC00401

元来、私は蚊に刺されやすい体質ではないのです。

足の裏を消毒すると、蚊に刺されなくなると言う話を信じて始めました。

だが今のところ効果が無い感じがする・・・

それとも、消毒していなければもっと刺されるということなのでしょうか?

ヒューストン生活、そんなに悪くないと思っていたのですが、
DSC00051
ちょっと嫌気がさしてきました。

虫刺されの痕がどんどん増えてゆく~~。

でも、二頭が元気ならそれでよし!と思うことにします。
S_6431817293191

二頭に癒してもらっています。
IMG_0903

今週末にストームの話の続きを書こうと思ったのですが、この痒みが収まるまで少々お待ちください。m(__)m

替わりに、二頭の画像を載せておきます。

いつもヘソ天、タス!
DSC01228

ずいぶん馴れました。
DSC01230

溶けてます。
DSC00135

馬面
DSC00115

頭の位置、そこでいいのか?
IMG_0697

尻尾がない!
DSC00152

あっという間に7月も終わりですね。

先日、外出しようとしたら、こんな事に・・・
IMG_1503
なんてこったい!

前日までネジが緩んでいる気配も何も全くなかったんですよ。

まるで、私が怪力のようだ・・・


さて、ヒアリに刺された後は、数日で膿の部分がどんどん膨らんで、それが突然体内へ吸収されたら、皮がむけて体液が出てきました。

それが乾いてきたのですが、まだなんか芯のような白っぽいのが見えるので、中は膿んでいるようです。

実に強力な毒の持ち主ですよ、ヒアリは!

こちらで刺されたことがある人に聞いたのですが、みんながみんな「掻いちゃだめだよ!」と言うのです。

でも、私は痛くもかゆくもありませんでした。

多分、私はダニアレルギーで一年中、抗ヒスタミン剤を服用しているからではないかと思います。


ところで、ヒアリもなのですが、今年の夏は蚊が凄いです。

去年より雨が多く、気温が低い分、蚊の活動が活発なのだか。

日中、二頭を庭に出すたびに噛まれるのです。

それも、噛まれた後、数週間痒いというたちの悪い蚊です。

最初、これを焚いていたのですが、
IMG_1419
全く効果なし!

で、武器を用意しました。
IMG_1418
虫よけスプレー、殺虫剤二種です。

庭に出るたびにスプレーです。

だが・・・



これでもダメだった!

ヒューストンの蚊は遺伝子操作でもしているのでしょうか?

しょうがないので、最終兵器を投入。
DSC00496
「一日一回以上使用しないでください。」と言う、恐ろしい但し書きがついている化学薬品です。

こんなの人にも動物にもいいわけがないですよねぇ。

でも、噛まれ続けているわけにもいかない・・・悩ましいです。


二頭は元気です。
IMG_0221
ストームの話の続き書かなければ!


ぐわぁ、また一週間経ってしまいました・・・

とりあえず近況報告。

二頭はいたって元気です。
IMG_1492

日本では「ヒアリ」が発生しているらしいですが、テキサスには「Fire ant」と言う凶暴なアリが居ます。

別名「殺人アリ」、人を襲うのです!





もしかして・・・

Fire = 火

Ant = アリ

同じ部類のアリでしょうか??



そして昨日、私はFire Antに刺されました。

お散歩中、「痛っ!」と思ってみたら、靴下からアリが這い出てきました。

靴から這い上って、靴下の中に入り、刺したのだと思います。

実に執念深い!

一日経って、こんな感じです。
IMG_1496
まぁ、ここではこれが日常茶飯事なのですが・・・

日本でヒアリが繁殖しないことを祈るばかりです!!!

先週末ですが、ペット用品店に行ったら、猫の譲渡会をやっていました。

DSC00480
猫ちゃんって本当におとなしいですね。

ところで、8月19日は米国全土で「Clear The Shelters(クリア・ザ・シェルターズ)」と言うイベントが行われるようです。

「動物シェルター(保護施設)の中を空にしよう!」と言う、アメリカのTV局NBCが企画しているプロジェクトで、昨年は全米700以上のシェルターが参加して50,000頭以上の動物が新しいおうちを見つけたそうです。

アメリカは大きいので規模が違いますけど、日本のTV局もこれぐらいのことやってくれたらいいのになぁ・・・


ストームも、保護団体の預かりさん宅に行くまではシェルターに居ました。
IMG_0976
兄弟と一緒に飼い主持ち込こまれたそうです。

「ボクは千葉の愛護センターいたよ。」
IMG_0977
そうだね。捕獲されるまでどんな暮らしをしていたのだろうか?


さて、今日7月21日でストームが家族になって半年経ちました。

まだ半年なんですよねぇ。

もっと長く一緒にいるような気がします・・・

シャキーン!
DSC00207

実は、体が長くてお座りできないのでありました。
DSC00483
君はダックスフントか・・・


人が大、大、大好きな甘えん坊で、大きな体に小さなハートのちょっと怖がりさん、タスに何をされても怒らない優しいお兄ちゃん、ちょっとどんくさいところもあるけれど・・・

ストーム、本当に良い子です!
IMG_1411

二頭でずっと仲良くね~。
IMG_1033

このページのトップヘ